介護業界

「地域包括ケアシステム」高齢者の4人に1人知らない


投稿日:
4人に一人

「地域包括ケアシステム」という言葉を高齢者では4人に1人しか知らないことが、日本理学療法士協会の調査で浮き彫りになった。

調査内容

調査は2014年12月に行われた。65歳から84歳までの高齢者3700人から調査し、1169人から回答を得ている。

その中で、「地域包括ケアシステム」という言葉を「知っている」と回答したのは全体の23.8%だった。市町村で行っている「介護予防事業」を「知っている」と回答したのは32.6%となった。

「地域包括ケアシステム」と「介護予防事業」の認知度はまだまだ低く、日本理学療法士協会は高齢者が理解を深めるために必要な取り組みを検討すべきだ。と提言をまとめている。

地域包括ケアシステムとは

「地域包括ケアシステム」とは、介護が必要になっても、住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるように、「医療・介護・介護予防・生活支援・住まい」の5つのサービスを、一体的に受けられる支援体制を指す。厚生労働省では2035年を目処に地域包括ケアシステムの構築を目指すとしている。

介護予防事業とは

介護予防事業とは65歳以上の人が介護が必要になる前から、地域で健康な暮らしができるように市町村が主体となって、高齢者が介護が必要な状態になることを予防する取り組みのことだ。

地域によって差はあるが、介護予防の教室を開いたり、相談センターをもうけたりする。また、栄養教室や口腔ケアの指導などを栄養士、保健師、歯科衛生士などのプロが訪問指導したり個別相談に応じたりする機会もある。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

日本理学療法士協会
http://www.japanpt.or.jp/

-介護業界

執筆者:

関連記事

no image

「食べることをとおしてのリハビリテーションと多職種協働研修会」開催

昨年の内容から、更にパワーアップして開催 公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)主催による「食べることをとおしてのリハビリテーションと多職種協働研修会」が7月に開催される。昨年は1日実施したが、好 …

no image

デイサービスセンターテレサ 視察研修ツアーを開催

岡山県倉敷市で視察研修 保健・医療・福祉サービス研究会の主催により、デイサービスセンターテレサ視察研修ツアーが開催される。見学先はデイサービスセンターテレサとなっており、岡山県倉敷市で大評判の施設だ。 …

no image

介護職向け、拘縮予防・改善の姿勢ケアセミナー

日本通所ケア研究会主催 日本通所ケア研究会では、介護職向けのセミナーを開催する。 テーマは「介護職が学ぶ拘縮予防・改善の姿勢ケアセミナー~ご利用者の生活動作を広げる姿勢づくりと介助のコツ~」。開催日は …

no image

高齢社会に関する意識調査高齢者の定義は「70歳以上」と回答

高齢化社会についてどう考えているのか 厚生労働省は「高齢社会に関する意識調査」の結果を発表した。調査は、平成28年2月24日(水)~2月29日(月)40歳以上の男女3000人を対象に実施、回答を得た。 …

no image

作業療法士向け「地域包括ケアシステムの中での看取り介護」について

「生きる」を支える 大阪府作業療法士会では、研修会『“生きる”を支える看取り介護 ~地域包括ケアシステムの中での専門職の役割~ 』を開催する。 日時は、6月12日(日)10:00~13:00(受付9: …