介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

高齢者のニーズに対応したユニットバス

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

セルフィーユ

パナソニックエイジフリーライフテック株式会社は、高齢者施設向けユニットバス アクアハートJシリーズより「セルフィーユ」を2月2日に新発売した。自立支援型のユニットバス。

「セルフィーユ」は、利用者が持っている能力を生かすため、自然な入浴動作がしやすいように設計。介助者への負担の軽減も考慮した作りになっている。

「セルフィーユ」の特徴

「セルフィーユ」は「生活リハビリテーション」を重視。「生活リハビリテーション」は、日常生活を継続することが、リハビリになるという考え方だ。

また、利用者・介助者の負担を減らすため、浴槽の深さは50センチ。浴槽内での立ち座りを浮力でサポートする。さらに、開口部は広く、「3枚引き戸」。脱衣場・浴室間の移動を助ける。出入り口の段差はわずか3mm。

開発背景

年々、増え続ける要介護高齢者。介護度も重度化している。そんな中増えているのが、「一般的な浴槽に一人で入りたい」という要望。しかしながら、浴介助は負担度が大きいため、ニーズに応えることが難しいのが現状だ。

「セルフィーユ」は浴介助を前提とした設計で、利用者が持っている能力を生かしつつ、介助者の負担も軽減。ニーズに応える浴室空間となっている。

(画像はホームページより)

▼外部リンク

高齢者の個浴ニーズに対応したユニットバス、アクアハートJシリーズ「セルフィーユ」を発売
http://www.news2u.net/releases/134055

関連記事

no image

注目浴びた新発想の電動車いす 「国際モダンホスピタルショウ2016」

車いす作業の負担軽減に大きな期待 今月13日~15日の間に催された、医療・介護・福祉分野の最新テクノロジーが集う「国際モダンホスピタルショウ2016」では、株式会社アイザックが開発し、同展で展示された …

no image

富士通とパナソニックが共同で見守りサービスの実験開始

見守りサービスの共同実証実験 パナソニック株式会社と富士通株式会社は、高齢者の安心安全な住空間の提供と介護職員の業務負担軽減を目指し、高齢者住宅向け見守りサービスの共同実証実験を実施する。 サービス開 …

no image

「おむつ講習会とおむつ検定」を開始

知っておきたいおむつの基本を学ぶ 「おむつ」と一口に言っても、種類も形も様々、実際に使うことになると、どれをどう選ぶか、迷うことが多いとのことだ。そこで、おむつについて知っておきたい基礎知識をまとめた …

no image

対人関係の基本!介護福祉士向け、コミュニケーション研修開催【東京】

プロフェッショナルになるために 東京都介護福祉士会では、介護福祉士向けのコミュニケーション研修を実施する。日時は、平成28年4月17日(日)10:00~16:00(受付は9:30)場所は、北とぴあ7階 …

no image

車いす用段差解消リフトがモデルチェンジ。10分で設置可能

車いす用リフトがモデルチェンジして発売開始 東京都の花岡車輌株式会社が、車いす用段差解消リフト「スマートリフトS-120」をモデルチェンジ。「スマートリフトS-120A」として8月1日より発売をスター …