介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

「第6回高齢者集合住宅研究大会」参加者募集中

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

自宅に近い生活を実現するために

一般財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会の主催、後援が国土交通省、厚生労働省による「第6回高齢者集合住宅研究大会」が開催される。

開催日時は、2015年5月20日(水)10時から17時まで、会場は品川グランドホール、定員は440名となっており先着順となっている。参加費は、同協会会員で場合1人無料、2人目以降1人につき6,000円、一般は1人10,000円、2人目以降1人につき5,000円となる。申し込み、問い合わせは同協会まで。

テーマと研修内容

今回のテーマは、サービス付き高齢者向け住宅での住まいとケアの分離についてとなっている。午前中には国土交通省住宅局安心居住推進課、厚生労働省老健局高齢者支援課、同協会会長橋本俊明氏より講演がある。

株式会社リクルート住まいカンパニーよるランチョンセミナーの後、午後から事例発表「住まいとケアの分離についてサービス付き住宅に関する内容」、シンポジウム「住宅の住まいとケアの分離について」がおこなわれる。

サービス付き高齢者向け住宅協会とは

同協会は、サービス付き高齢者向け住宅利用者の権利を守ること、サービスの向上など目的に平成22年3月に設立された。サービス付き高齢者向け住宅の普及や認知活動をおこない、行政への提言活動、研究や研修、経営実態調査の実施をおこなっている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

一般財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会
http://kosenchin.jp/

第6回高齢者集合住宅研究大会 FAX参加申込パンフ
http://kosenchin.jp/kosenchinDefault/2_2015_02_12/6%20web.pdf

関連記事

no image

神奈川県にて「介護事業所の人材定着向上セミナー」

ユアブライト株式会社 ユアブライト株式会社では、2015年10月23日に、「介護事業所の人材定着率向上セミナー」を開催する。開催場所は、シアル(横浜市中区花咲町2-82)だ。無料セミナーで、20名限定 …

no image

はぐれた時にスマートフォンで検知できるツールが登場

認知症のひとり歩き防止に 認知症などを患った高齢者が一定の距離を離れると、スマートフォンに知らせてくれる。そういう機能を持ったボタン型のウェアラブルツールが、世界最大のクラウドファンディングサイトであ …

no image

「情報収集(モニタリング)と介護計画書作成」について学ぶ

必要な情報を聞き出すためのテクニック 福岡シティ福祉サービスの主催により「情報収集(モニタリング)と介護計画書作成」について学ぶ研修会が福岡県で開催する。介護計画書を作る時に欠かせない利用者からのモニ …

no image

NCCU 介護職の賃金上昇率と政府説明との乖離を指摘

実際の上昇幅は政府が示した半額程度 介護業界の職業別労働組合である「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は16日、組合員の処遇実態を把握するために実施している「処遇改善調査」の結果につい …

no image

クラブツーリズムが都内6ヶ所目の高齢者施設【まごころ倶楽部 三鷹】

クラブツーリズムの介護への考え ライフケアサービスを展開する株式会社クラブツーリズム・ライフケアサービスは、4月1日から東京都三鷹市に通所介護施設(デイサービス)【まごころ倶楽部 三鷹】をオープンさせ …