介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

原則ボーナスカット禁止-処遇改善加算新ルール

投稿日:2015年3月24日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

介護保険最新情報Vol.431

厚生労働省は「処遇改善加算」の算定にかかる新たなルールを『介護保険最新情報Vol.431 「介護職員処遇改善加算に関する取扱い」』に示し、都道府県等の保険者に通知した。

ボーナスカットは原則禁止

処遇改善加算算定に必要な計画書、実績報告書の作成の際、加算を取得する前後の賃金を、ボーナス等を含めた総額を記載するようになる。

赤字が続き経営状態が苦しくなっている事業者には例外を認めたが、原則としてボーナスカットを認めない新ルールとした。

今回の介護報酬改定では全体でマイナス改定のため、収支が苦しくなりボーナスカットをする事業所も出てくると予想される。

厚生労働省は過去に処遇改善加算について「業績に連動して支払額が変動する部分(ボーナス)は、変動を妨げない」との見方を示していたため、今回の加算見直しでも、月収は上がっても年収は上がらないのではないか、という意見もあった。

そのため、確実に加算によって介護職員の処遇に改善が図られるように、厚生労働省が先手を打ったかたちだ。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

介護保険最新情報Vol.431 「介護職員処遇改善加算に関する取扱い」
http://www.wam.go.jp/

関連記事

no image

厚生労働省老人保健健康増進等事業による無料セミナー

「生活支援体制整備事業の早期取り組みに向けたセミナー」 厚生労働省では、生活支援体制整備事業を活用した協議体の設置や、生活支援コーディネーター選出促進のため、無料セミナーを開催する。実施は三菱UFJリ …

no image

「介護離職ゼロ」の実現を目指すアベノミクス 首相が会見

「新三本の矢」は介護を救うか 先日24日自民党本部で行われた記者会見の場において、安倍晋三首相は自信が提唱する経済政策“アベノミクス”の今後一層の飛躍を期した新政策を、「新三本の矢」と名づけた取り組み …

no image

政府 社会保障改革での基本姿勢を発表

一体改革の中、社会保障分野にもメス 政府が30日に発表した「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」では、「軽度者」と認定される要介護者への給付金縮小についての他、「経済・財政一体改革」の考え方に …

no image

厚生労働省、「いきいき働く医療機関サポートWeb」(いきサポ)を開設

医療従事者の勤務環境改善に関する情報を提供 厚生労働省は「いきいき働く医療機関サポートWeb」(いきサポ)を3月27日より開設している。同サイトは、医療従事者の勤務環境改善に関する情報を提供している。 …

no image

2035年に向けて、保健医療に関する提言書

厚生労働省 厚生労働省では、2035年に向けた保健医療に関する提言書「保健医療2035提言書」を発表した。これは、「20年後、子どもからお年寄りまで、さらに患者や住民、医療従事者など、全ての人が安心し …