介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

過酷な現場で増え続ける“介護士の腰痛” 解消にピッタリの施術『緩消法』

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

介護士からも絶賛の声 整体院【ボディーキュアじゅらく】

石川県かほく市の紹介率No.1整体院【ボディーキュアじゅらく】では、昨今急増しているという「介護現場の腰痛」に対して警鐘を鳴らすとともに、同院で行われている『緩消法』を中心とした治療法を紹介し、自然治癒力だけに頼らない治療法の有用性を発信している。

「通わす整体」になることを防ぐため、痛みの原因箇所に直接アプローチする独自の方法によって多くの患者を治療している同院へは、仕事柄休みたくても休めず、日々腰痛に悩まされている介護士の利用者からも「何回も通わず仕事に復帰できるのは助かる」などといった喜びの声が聞かれているという。

増え続ける“介護士の腰痛”の解決に希望

厚生労働省の取りまとめたデータによると、全国の社会福祉施設で腰痛による休業が必要だと認められる介護士の数は、ここ10年間で2.7倍まで膨れあがってきており、介護労働者の数自体が増えた現状を考慮しても、それを上回るペースで深刻な腰痛をもつ介護従事者が増えているという。

【ボディーキュアじゅらく】が行っている『緩消法』は、2007年に筋肉構造研究者の坂戸 孝志氏が考案した治療法で、筋肉に直接アプローチする施術により、重症以外の患者に対しては最短で痛みを取り除くことができる治療法として立証されているものだ。

当院では、痛みを取り除く”緩消法”を使った施術だけではなく、自宅でできる腰痛や肩こり、ヒザ痛の予防策を指導するなど予防の啓蒙活動にも努めて参ります。
(プレスリリースより)

(画像はHPより)

▼外部リンク

ボディーキュアじゅらく プレスリリース(アットプレス)
http://www.atpress.ne.jp/view/57960

ボディーキュアじゅらく
http://www.jura9.com/

関連記事

no image

SBIファーマ、アラブの医薬品会社と糖尿病治療薬のライセンス締結

糖尿病およびマラリアの治療薬に関する契約 SBIファーマ株式会社は、アラブ首長国連邦(UAE)の医薬品製造販売会社であるNeopharma LLC(以下「ネオファーマ社」)と、糖尿病およびマラリアの治 …

no image

高齢化社会を受けたインフラ整備計画 国交省が発表

多様な課題に直面するインフラ構築 国土交通省は24日に、2020年までの社会資本整備に関する「第4次社会資本整備重点計画」の原案(以下 原案)を公表し、少子高齢化の波の中で円滑な生活機能を維持するイン …

no image

低所得高齢者向け給付金 実施の概要と注意点

早ければ3月から受け付けを開始 低所得の高齢者向けに1人あたり3万円が支給される「年金生活者等支援臨時福祉給付金」については、補正予算の成立とともに実施の方向で進められることが確実となった。 今夏の参 …

no image

「共生型サービス」のカタチ 厚労省が方針を表明

環境整備に向けて前進 19日~20日にかけて開かれた厚生労働省の「平成28年度全国厚生労働関係部局長会議」では、介護保険サービスと障害福祉サービスのどちらかで指定を受けている事業所なら、もう片方を提供 …

no image

DPC分科会で持参薬などの使用可否方針が決定される

退院時転機に関わる新基準も提示 厚生労働省が14日に開いた「診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会」では、退院時転帰の「治癒・軽快」の基準や持参薬の取り扱いに関する議論が深められ、持参薬等薬剤の原則禁 …