介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護施設の夜勤は16時間以上の長時間勤務

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

介護施設夜勤実態調査

日本医療労働組合連合会(日本医労連)は、日本医労連に加盟する介護施設(特養、老健、グループホーム、小規模多機能施設、複合型サービス施設、短期入所施設)に対して「2014年介護施設夜勤実態調査」を実施した。

夜勤勤務実態調査は今回で2回目の実施となっており、実施時期は昨年の6月から11月までおこない、119施設より回答を得たという。

長時間労働の夜勤実態

介護施設での夜勤の実態は、3交代を実施している職場は12%に止まっており、9割近くが日勤と夜勤の2交代制の職場となっている。また、2交代制職場の7割が、勤務時間16時間以上になっている。小規模多機能施設や複合型サービスでは、グループホームでも2交代制夜勤が9割をこえている。

介護施設では非正規職員の割合も多く、グループホームや小規模多機能施設、複合型サービス施設では、約5割の非正規職員が夜勤についており、非正規職員に頼らざるを得ない状況となっている。

勤務シフトについては、1日のシフトに早番、日勤、遅番、夜勤などがあり、平均で4.9通りのシフトを使っており、最大で10本以上のシフトを使う施設もあった。

介護施設の特徴であるが、シフトは利用者の生活リズムに合わせている施設もあり、介護施設で働く職員に大きな負担がかかっていることがわかった。

調査結果より医労連は

「厚生労働省に対し、介護職員の人手不足を解消する対策により多くの資源を投じ、労働環境を改善していくべきだ」(介護包括ケアサイト情報サイトより引用)

と意見している。

(画像は医労連ホームページより)

▼外部リンク

医労連(日本医療労働組合連合会)ホームページ
http://irouren.or.jp/

関連記事

no image

半日タイプのリハビリ特化型デイサービス、大阪野田地区で2店舗目をオープン

阪神電気鉄道株式会社 阪神電気鉄道株式会社では、2015年11月2日に、「はんしんいきいきデイサービス」の大阪野田地区の2店舗目(6号店)を出店する。「はんしんいきいきデイサービス」は、半日タイプのリ …

no image

ファンケルが認知症予防も期待出来る香り成分を発見!

香り成分「テルピネオール」 株式会社ファンケルは、2014年6月より「記憶力」に関連した脳機能を研究中だ。この度、研究の成果として「記憶力」に関わる香り成分「テルピネオール」を発見したことを発表した。 …

no image

在宅医療の身近な冊子・第3弾「在宅訪問医療ガイド2016」横浜市で発行

利用したい事業所が見つかる 株式会社エス・エム・エスは、身近で在宅訪問対応が可能な医療関連事業所がすぐに見つけることができる冊子「在宅訪問医療ガイド2016」の第3弾を発行し、無料配布を開始した。今回 …

no image

ケアマネ対象に、排泄介護ロボットの導入に関するアンケート調査を実施

『ドリーマー』を展開している企業が実施 株式会社えがおは、ケアマネージャーを対象として排泄介護ロボットの導入に関するアンケート調査を実施し、その調査結果を1月16日に発表した。 同社は、自動排泄支援ロ …

no image

WHILLの電動車いすがグッドデザイン大賞を受賞

WHILL株式会社 2015年度グッドデザイン大賞において、神奈川県のWHILL株式会社株式会社が「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)」に選ばれた。 グッドデザイン賞は、日本で唯一の総合的なデザイン …