介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護施設の夜勤は16時間以上の長時間勤務

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

介護施設夜勤実態調査

日本医療労働組合連合会(日本医労連)は、日本医労連に加盟する介護施設(特養、老健、グループホーム、小規模多機能施設、複合型サービス施設、短期入所施設)に対して「2014年介護施設夜勤実態調査」を実施した。

夜勤勤務実態調査は今回で2回目の実施となっており、実施時期は昨年の6月から11月までおこない、119施設より回答を得たという。

長時間労働の夜勤実態

介護施設での夜勤の実態は、3交代を実施している職場は12%に止まっており、9割近くが日勤と夜勤の2交代制の職場となっている。また、2交代制職場の7割が、勤務時間16時間以上になっている。小規模多機能施設や複合型サービスでは、グループホームでも2交代制夜勤が9割をこえている。

介護施設では非正規職員の割合も多く、グループホームや小規模多機能施設、複合型サービス施設では、約5割の非正規職員が夜勤についており、非正規職員に頼らざるを得ない状況となっている。

勤務シフトについては、1日のシフトに早番、日勤、遅番、夜勤などがあり、平均で4.9通りのシフトを使っており、最大で10本以上のシフトを使う施設もあった。

介護施設の特徴であるが、シフトは利用者の生活リズムに合わせている施設もあり、介護施設で働く職員に大きな負担がかかっていることがわかった。

調査結果より医労連は

「厚生労働省に対し、介護職員の人手不足を解消する対策により多くの資源を投じ、労働環境を改善していくべきだ」(介護包括ケアサイト情報サイトより引用)

と意見している。

(画像は医労連ホームページより)

▼外部リンク

医労連(日本医療労働組合連合会)ホームページ
http://irouren.or.jp/

関連記事

no image

海外での人材育成に関する話が聞ける!「国際介護・看護人材とのトークセッション」

外国人人材の確保 京都に本社を置くアジアヒューマンリソース合同会社では、この度、海外における人材育成に関する「2016第一回国際介護・看護人材とのトークセッション」を開催する。 日時は、2016年5月 …

no image

ワタミの介護として2棟目のリハビリ強化型ホーム【レストヴィラ若葉台】

施設の設営環境 “高齢者ケアの三原則”を重視した介護サービスを展開しているワタミの介護株式会社(以下 ワタミ)は、神奈川県川崎市麻生区に介護付有料老人ホーム「レストヴィラ若葉台」を今年5月から開設予定 …

no image

Apple銀座にて、カイポケトークイベントを開催~テクノロジーが介護現場に起こす革命についてディスカッション~ 【2月16日(木)15 00~16 00】

Apple×介護のトークイベント 介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場)は、2月16日(木)Apple銀座にて、「テクノロジーが変える介護 …

no image

9月より「やさしい手在宅医療事務講座」が開講

事業者からのニーズに対応して開講 在宅介護サービスをおこなっている株式会社やさしい手は、訪問介護などをおこなう事業所のニーズがあることから、在宅医療事務従事者を育成する「やさしい手在宅医療事務講座」を …

no image

東京都にて、「リフト・フェア2015」開催

JASPAリフト関連企業連絡会 JASPAリフト関連企業連絡会では、リフト・フェアを開催、介護現場における、リフトの普及・安全な使用についての啓発をおこなう。 「第13回 リフト・フェア2015」日時 …