介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護施設の夜勤は16時間以上の長時間勤務

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

介護施設夜勤実態調査

日本医療労働組合連合会(日本医労連)は、日本医労連に加盟する介護施設(特養、老健、グループホーム、小規模多機能施設、複合型サービス施設、短期入所施設)に対して「2014年介護施設夜勤実態調査」を実施した。

夜勤勤務実態調査は今回で2回目の実施となっており、実施時期は昨年の6月から11月までおこない、119施設より回答を得たという。

長時間労働の夜勤実態

介護施設での夜勤の実態は、3交代を実施している職場は12%に止まっており、9割近くが日勤と夜勤の2交代制の職場となっている。また、2交代制職場の7割が、勤務時間16時間以上になっている。小規模多機能施設や複合型サービスでは、グループホームでも2交代制夜勤が9割をこえている。

介護施設では非正規職員の割合も多く、グループホームや小規模多機能施設、複合型サービス施設では、約5割の非正規職員が夜勤についており、非正規職員に頼らざるを得ない状況となっている。

勤務シフトについては、1日のシフトに早番、日勤、遅番、夜勤などがあり、平均で4.9通りのシフトを使っており、最大で10本以上のシフトを使う施設もあった。

介護施設の特徴であるが、シフトは利用者の生活リズムに合わせている施設もあり、介護施設で働く職員に大きな負担がかかっていることがわかった。

調査結果より医労連は

「厚生労働省に対し、介護職員の人手不足を解消する対策により多くの資源を投じ、労働環境を改善していくべきだ」(介護包括ケアサイト情報サイトより引用)

と意見している。

(画像は医労連ホームページより)

▼外部リンク

医労連(日本医療労働組合連合会)ホームページ
http://irouren.or.jp/

関連記事

no image

オリジン、足首の関節をサポートする超小型軽量の歩行補助装置を開発!

共同で開発 愛知県豊橋市の株式会社オリジンでは、早稲田大学理工学術院・広島大学大学院医歯薬保健学研究院・株式会社スペース・バイオ・ラボラトリーズらと共に歩行支援ロボットを開発。密着型歩行補助装置「RE …

no image

「2015年度版 介護サービスコード表」の予約受け付けを開始

介護報酬改定を受けて 株式会社タニシ企画印刷は、2015年4月からの介護報酬改定に対応した「2015年度版 介護サービスコード表」の予約受け付けを2015年3月2日から開始した。 平成27年度介護報酬 …

no image

メディカル・フィットネス協会認定の「介護予防」を学ぼう!

介護予防運動トレーナー養成講習会 徳島市立体育館にて、介護予防運動トレーナー養成講習会が開催される。日程は、2月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)の4日間。 介護予防運動トレーナー …

no image

ネスレとマルコメが共同開発「とろみつきみそ汁【とろみ生活 料亭の味】」

とろみがついて飲みやすいみそ汁 ネスレ日本株式会社(ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー)とマルコメ株式会社が、共同開発した「とろみつきみそ汁【とろみ生活 料亭の味】」を2016年11月30日に新発売 …

no image

介護職員向けiPad『ケア記録アプリ』新登場

神戸デジタル・ラボ 株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)は介護事業分野へ参入。4月1日よりiPadで利用する「KDL『介護サプリ』」の提供を開始する。 2025年には、国民の3分の1が65歳以上になる …