マイナンバー対策~何をどうする?~


投稿日: 更新日:

パート職員の給与支払いにもマイナンバーが必要に

しかし、事業主にとっては便利になってよかったと、喜んでばかりいられない一面もある。
たとえパート職員数人しかいない事業所であっても、給与支払いの際などにマイナンバーが必要となり、目的外利用の禁止や廃棄、番号漏洩に対する安全管理体制の構築など、その取扱いにはかなりの慎重さが求められるからだ。

そのため、実際に職員からマイナンバーを集める前に、さまざまな準備をしておかなければならない。

 

関連業務の洗い出しと収集・保管方法の確認が大切

では、具体的に事業所では、どんな準備が必要になるのだろうか。
1.関連業務の洗い出しおよび担当者の確認

「関連業務」というと漠然としてわかりづらいかもしれないが、以下のように「どんな場面で、どのような書類に記載するのか」を挙げていくことで、自ずとその範囲と担当者(担当部署)がはっきりしてくる。

・t雇用保険の加入と脱退(資格取得届、資格喪失届)、育児休業給付(育児休業給付受給資格確認票
・(初回)育児休業給付金支給申請書)など(平成28年1月1日以降に発生する手続きから)
・t社会保険の加入と扶養、脱退の手続き(資格取得届、被扶養者異動届、資格喪失届)など(平成29年以降)
・t税務関連:扶養控除申告書、給与や退職所得の源泉徴収票(税務署へ提出する分)など
(平成28年1月1日《一部は29年1月》以降に支払いなどするものから。)

ちなみに介護保険の分野では、今後保険給付や保険料の徴収といった事務にマイナンバーを活用することが決まっている。また、2021年以降、預金口座とマイナンバーの連携義務化も検討されており、補足給付の判定にもこれらを利用していくことになるであろう。

2.収集や保管など、取扱い方法の確認

しかし、事業主にとっては便利になってよかったと、喜んでばかりいられない一面もある。
マイナンバーを扱う業務の特定ができたら、次はマイナンバーをどのように集め、保管するのかを考えてほしい。

収集の方法としては、漏えいリスクを考えると、非常にアナログだが、専用封筒にマイナンバーを書いた紙を入れて封をしてもらい、それを直接事業所に持ってきてもらうか、郵送の場合は簡易書留等送受の記録が残る方法で送ってもらう、というのが一番確実ではないかと思う。

保管については、カギ付のキャビネットで保管する場合にはカギの管理者を決める、また、データとしてパソコン内に保管しておく場合にはアクセス制限をかけるなど、マイナンバーを扱う部署の責任者や事務担当者以外は直接触れられないよう、対策を施しておく必要がある。

 

管理するのはあくまでも人であり、組織であるという認識こそが大事

マイナンバー制度開始に合わせ、事業所のセキュリティ強化のための商品や、ITサービスなどの営業が激化している。「マイナンバーを漏らしたら、すぐに刑務所行きですよ」などと間違った情報で不安ばかりを煽り、高額なシステムの導入を迫る悪質な業者もいると聞く(故意・悪意なくうっかり漏らしてしまった場合であれば、すぐに実刑になるということはないのでご安心を)。
もちろん、インターネットやIT機器にセキュリティ対策を施すのは非常に大切なことだが、だからといってすべての漏えいリスクを排除できるわけではない。

いくら高額なシステムを入れても、そこに携わる人間が危機意識を持ってそれらを扱わなければ何の意味もない。書類でもデータでもそうだが、扱うのは人であり組織なのだ。

「うちでは誰が(どこが)、どんな手順で収集し保管するのか」「そこにどんな漏洩リスクがあるのか」をまずはしっかりと考えたうえで、足りない部分をITで補う、というのがマイナンバー対策の基本である。

「このシステムさえ導入すれば安心」などという業者の口車に乗せられることのないよう、ぜひ冷静に対応していただきたい。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

時間外労働と割増賃金ー正しい理解でトラブルを防ごう

年中無休かつ24時間対応が必要な介護施設では、人手不足ということもあり、限られた人員で多様な業務をこなさざるを得ない。そのため、おのずと残業も多くなりがちで、割増賃金についてのご相談も多い。しかし、間 …

no image

【寄稿】キャリアパス要件III取得時の就業規則変更について

平成29年(2017年)4月より新設された処遇改善加算I(月額37,000円相当)。新加算を算定する上で、多くの経営者様が悩まれているのは「キャリアパス要件3」の昇給の判定方法をどのように設定するかで …

no image

「フレイル」を介護の現場に広げよう

全国の介護予防の現場で、フレイル(虚弱)という考え方が急速に広がりつつある。これまでは介護予防といっても内容は千差万別で、介護予防による改善度を測るモノがなかったが「フレイル」の登場により、わかりやす …

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」 vol.3

目次1 利用者・地域ニーズを把握するために。他産業に学びたい経営のヒント2 現状・・制度優先!地域住民の暮らしをあまり意識していない傾向が・・3 これからは・・役割分担と責任を明確に! 利用者・地域ニ …

no image

つくり笑顔の介護士は嫌われる?

介護職員のつくり笑顔は見破られる。本当に信頼に足る人物なのか、利用者やその家族の目は思った以上に厳しいからだ。本物の笑顔で接することのできる信頼される介護士になるにはどうしたらよいのか? 介護職として …