「介護ラボしゅう」の介護活動を知ってもらうために行ったこと


投稿日: 更新日:

どのような情報発信を行ったか

参加者の方々に会の存在を知っていただくために行ったことを、行った順番でお伝えしていきたいと思います。
段階としては、誰に届けるかで、4つほどのフェーズになるかと思います
(1)職場にしか知り合いがいない
(2)職場外に少し知り合いがいる
(3)外部(自分の知らない人)にも参加してもらいたい
(4)さらに多くの人に情報を届けたい

 

フェーズ(1)職場にしか知り合いがいない

職場にしか知り合いがいないのであれば、身近な人の中から、想いに共感してくれる人や関心を持ってくれる人に情報を届けましょう。少人数でも構いません。大切なのは、まずスタートすること。第1回目は有志の作戦会議でも良いと思います。

同じ気持ちの方と一緒になってどんな方向性で進めていくのか、どんなゴール設定をするのかなど話していくと、より行動する意欲が湧き出てきますよ。職場の上司に話すことも大きな力を得る機会になるかもしれません。上司の方であれば自分とは違った繋がりを持っていたり、「事」を起こす際のサポートをしてくださるかもしれません。

フェーズ(2)職場外に少し知り合いがいる

職場外に少しでも知り合いがいるのであれば、ぜひその方をお誘いしましょう。お誘いする際に、その知り合いの方の仲間に会に興味を持ってくれそうな人はいるか。または誰か一緒に来てくれないか聞いてみることを、ぜひお勧めします。自分のつながりではないところにも同じ思いを持っている人がいることがあります。

 

また、会のことを宣伝し声かけしてもらえないかお願いすることで、自分と直接つながりがない人たちに情報を届けてもらうことです。

 

自分で伝えるより、他人が伝える「噂」となるとより関心が湧きやすいものです。例えば、自分が作ったカレーライスを「美味しい」と自ら言うよりも、第三者が「中浜が作ったカレーライスはうまいよ」って言ってもらう方が、話を聞いた時の信憑度は高くなり、関心が湧きやすいものです。ネットでよくある口コミの効果と同じだと思います。自分の仲間→自分の知り合い→仲間の知り合い→知り合いの知り合いという流れで情報が伝わっていくと自分では想像もつかなかったところまで情報が届くようになると思います。

 

フェーズ(3) 外部(自分の知らない人)にも参加してもらいたい

外部(自分の知らない人)にも参加してもらいたい場合は、しっかり宣伝していく必要があります。

 

宣伝の仕方には二つあります。
一つ目は、『直接情報を届けること』です。
様々な集まりや勉強会に参加し、そこで出会った方々に活動の情報を伝える。その際、チラシ(パンフレット)と名刺があると、より良いでしょう。自分がどんな想いを持って活動しているのか。自分がどんな人間なのかというのは、直接会って話すからこそ、より伝えることができると思います。知らない人との出会いを楽しみながら、どんどん知り合いを増やしていきましょう。

 

二つ目は、インターネットを使った宣伝です。以前にもご紹介いたしましたが、ホームページやブログを持つと良いでしょう。情報拡散力という点ではFacebookの使用がオススメです。かなり多くの方とのつながりを作ることができますし、相互にコミュニケーションを取りながら情報を届けることができます。Facebookページを作り、イベントページの作成することで告知から集客までを一気に進めることができます。「介護ラボしゅう」でも、現在では、参加者の80%以上はFacebookで情報を取得していただき、参加してくださっている方です。

SNSは取り入れることが必須であると思います。

フェーズ(4) さらに多くの人に情報を届けたい

さらに多くの人に情報を届けたい場合は、他の会とコラボレーションしたり、他の会のお手伝いをするなどして、自分だけのつながりでは届けられない層にまで、どんどん情報を伝えることです。私も様々な会のお手伝いをすることで、勉強させていただきつつ、自分の会の情報発信もさせてもらいました。

 

また、イベントを他の会と合同で開催することでこれまでにはなかったつながりができ、コンテンツや参加者の幅が拡がっていきました。

 

あと、継続した結果でありラッキーなことなのかもしれませんが、雑誌やサイトなどに取材で取り上げてもらうと、やはり認知拡大量はすごいものになります。取材を受けることがゴールではないので、目標とすべきことではないのかもしれませんが、何かのきっかけで取材をしていただけると嬉しいことですし、とても強い宣伝効果も得ることができます。

 

次回はフェーズ(4)の部分にあるような他の会とのコラボレーションが実現できたスマイルサミットをご紹介いたします。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その8 発想の転換で新しいかたちの採用法が編み出される

従来の採用のしかたにとらわれていては、人材不足の解消には追いつかないのは自明の理。ここで発想の転換を行い、自由な考え方で、介護人材の雇用について考えてみてはどうか? 今回は、そのヒントとなる事例を3つ …

no image

井上信太郎さん(こころのひろば代表取締役)Vol.2 挫折体験を最大限に活かした介護事業への道

地域の人が本当に必要な支援とは何か、自分に何ができるのか…と模索し続けた井上信太郎さんの想いを実現するための第一歩は、訪問介護。妻と母、友人と一緒に4人で始めた小さな事業所でしたが、赤字経営を乗り切り …

no image

報酬改定後、迫る最初の給付費入金!資金不足時にすぐ効く知識!

  目次1 報酬改定のインパクト2 資金繰り4つの方法 報酬改定のインパクト 今月末は、報酬改定後、初の国保連からの給付費入金となります。都道府県によっては、5月請求(4月サービス提供分)の …

no image

第9回日本の福祉現場力を高める研究大会~KAIGO NO MIRAI未来の社会は「介護現場」から創るvol.1 介護の新たな可能性と問題解決力に焦点

今年で9回目を迎え、年を追うごとに注目度が上がる「日本の福祉現場力を高める研究大会」。いまや福祉業界の代表的なイベントとなっている。 2月19日の日比谷公会堂は、2階まで入場者であふれていた。学生、介 …

no image

コーディネーターの役割とは―在宅ケアに誰が責任を持つのか

目次1 終末期の迎え方の難しさを実感する出来事2 その人の生活全体を見るイギリスのかかりつけ医GPの存在実3 日本においても家庭医養成と制度確立が課題 終末期の迎え方の難しさを実感する出来事 100歳 …