大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」


投稿日: 更新日:

 

地域を支援する介護施設と在宅で365日24時間支援体制のできる居宅サービスが生き残る時代に

2013年8月社会保障制度改革国民会議が示したメッセージは「病院・施設完結型(収容)」から「地域完結型(地域支援・移行)」の医療と介護です。必要な医療(治す医療と支える医療)と必要な介護(回復・改善・維持させる介護)を支援するメッセージです。

したがって、悪化させる医療と介護は病床・介護居室及び医療介護サービス等の転換・削減されていくことになります。

 

つまり、①治す医療(高度急性期病院)と支える医療「地域を支援する病院と在宅医療(365日24時間支援体制)②地域を支援する介護施設と在宅で365日24時間支援体制のできる居宅サービスが生き残る時代に大きく変わります。

 

医療と介護へ大改革のメスが入る2018年同時改定を踏まえた事業経営を

そこで、これまでの制度で守られ、規制で守られてきた医療・介護現場は意識改革と組織再編が重要となります。次期2018年の医療・介護の同時改定は大改革のメスが入る制度改正と報酬改定が想定されます。

 

これからは、2014年診療報酬改定・2015年介護報酬改定を検証し、

 

  1. 「経営者」は2025年を見据えた、目指すべき姿を現場に、地域に示す。
  2. 「法人幹部」は次期2018年を予測し、これから3年間「現場は何をすべきか・そして地域で何をすべきか」を示す。
  3. 「現場管理者・監督職」は事業を展開する地域をアセスメントし、地域ニーズの把握と地域連携(事業者・住民:シームレスケア)を進めていかなければなりません。
  4. 「現場主任・リーダー」は、患者・利用者・家族をアセスメントして、プラン(支援計画)とサービスがつながる仕組みを構築する。
  5. 「現場スタッフ」は、多職種協働による適切な支援計画に基づくサービスを提供する(勝手な支援をしない)。

 

以上のことを皆さんと一緒に考えていきましょう。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

有給休暇付与の条件と運用のポイントについて~その2~

前回は、有給休暇の付与条件や正しい運用の仕方についてお伝えした。基本的な知識を確認したところで、今回はそのポイントや注意点等について述べてみたい。 目次1 時間単位の付与など、ニーズに合わせた制度で取 …

no image

時間外労働と割増賃金ー正しい理解でトラブルを防ごう

年中無休かつ24時間対応が必要な介護施設では、人手不足ということもあり、限られた人員で多様な業務をこなさざるを得ない。そのため、おのずと残業も多くなりがちで、割増賃金についてのご相談も多い。しかし、間 …

no image

内宮洋一郎さん(在宅歯科カレッジ 代表) 歯科医が行う多職種連携

多職種連携が一層重要になっている現状において、介護・医療の双方の従事者の方々がどう連携していくかは常に議論されているところである。今回は訪問歯科の現場で働きながらも多職種連携を推進する歯科医の内宮先生 …

no image

7月から始まった有料老人ホーム設置基準改定のポイントについて

目次1 有料老人ホームの定義2 有料老人ホームの種類3 改定のポイント 有料老人ホームの定義 平成27年3月30日に厚生労働省より有料老人ホーム標準指導指針の改正通知が各自治体に発出された。適用始期は …

no image

高齢期における「豊かな食事」「美味しい食事」とは何か?-わんまいるの想い

  目次1 「初物を食べると長生きをする」と祖母は教えてくれた2 旬の食材には通常の3倍以上の栄養価が含まれている3 蔵元回りで学んだ商品づくりへのこだわり4 地域特産の食材をいかし、名物と …