株式会社カラーズ(東京都大田区)Vol.1 理念の浸透は、採用時から始めることが大切


投稿日: 更新日:

 

「有資格者であれば採用し、すぐに現場へ」、これでホントにいいの?

カラーズの理念は実にわかりやすい。「身内や大事な人に紹介したい会社であること」。

この理念には、田尻さんが初めて介護業界に入ったときの経験が大きく影響している。

 

田尻さんは、母親の病気・死をきっかけにIT企業から訪問介護の大手企業に転職。そこで任された仕事は採用担当だった。

 

「会社の方針は、とにかく資格さえあれば誰でもいいから採れというものでした。研修もそこそこに即現場に出していました。当然ながら採用された人は戸惑います。結局、大半の人がすぐに辞めてしまい、そしてまた穴を埋めるために新しい人を採用する・・・この繰り返しでした」

 

こういった現実は、田尻さんにとって大きなショックだった。田尻さんが想像していた『介護業界は人にやさしい業界』というイメージから、あまりにもかけ離れていたからだ。採用当初、職員は皆、介護という仕事を通して、高齢者や病気をもっている方に少しでも役立ちたいと、目をキラキラさせている。そうした人が、しばらくすると介護業界に失望して、他の業界へ移っていく。

 

このままでホントにいいのだろうかーー

 

2012年、田尻さんは志を同じにするメンバーとともに、自分たちが理想とする介護事業所を立ち上げた。社名はカラーズ。利用者一人ひとりの個別性(カラーズ)を大切に、最適な介護を提供したいという思いを込めた。

あなたは、自分の事業所を身内や大事な人に紹介したいですか?

田尻さんが描いた理想とする介護事業とは、「質の高いサービスを提供する」というものだった。しかし、サービスの質は数値で測れるものではない。では、どうやって「質が高い・低い」を判断すればよいのか。

 

そこで、田尻さんは質の基準を「身内や大事な人に紹介したいかどうか」に置き、これを事業所の理念とした。理念は掲げるだけでは意味がない。その理念をサービスとして実践できてこそ、はじめて生きた理念となる。

「それには、スタッフが理念を理解し、体に浸透させる必要があります。そのために、当社では開設当初より、研修に力を入れています」という。

 

しかも、その研修は採用後ではなく、採用の面接時から始まっているというのだ。

 

「面接時から当社の理念をしっかり伝えます。理念から外れると思われるような髪の色や化粧だったら、入社したら変えてもらいたい、とはっきり言います」

 

面接では、資格の有無や技術の高さなどよりも、自分たちの理念に合うかどうか、人間性を重視する。採用という入口の段階で厳しく人材を厳選しておけば、入社後、会社側あるいは採用された人が「こんなはずではなかった」というミスマッチが起こりにくくなる。実際、カラーズに入社した人は、よほどの理由がない限り辞めることはなく、定着率は90%以上を誇っている。

 

入社後も、事あるごとに田尻さんは理念を口に出す。そして、こう付け加える。「ヘルパーはとても専門性の高い、在宅のプロフェッショナルです」。

 

そしてカラーズのスタッフは、文字通りプライドをもって仕事に臨んでいる。

 

今回の取材先:株式会社カラーズ

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

介護・診療報酬間の調整を先読みするには?2018年医療・介護ダブル改定を読むー8

 前回の介護・診療報酬のダブル改定は2012年でした。その前年、やはり中医協と介護給付費分科会の間で「打ち合わせ会」が行われています。その時の論点を振り返ると、現状の介護・医療の連携課題にもつながるポ …

no image

総合事業の取組状況等について

目次1 平成27年度中の開始保険者数は2022 都道府県別の実施数3 早期着手に動く保険者が増えている!!都道府県が後押し4 介護事業者としてはどのように考えるか? 平成27年度中の開始保険者数は20 …

no image

介護事業所の人財育成-3

目次1 理念と直結した行動基準をつくる重要性2 裏付けとなる行動をもとに、具体的なレベルに落とし込む3 職員を褒めて育て上げ、キャリアパス要件にも応用する 理念と直結した行動基準をつくる重要性 弊所が …

no image

閉じた介護現場を外に開き、広い視野を得ることが介護の未来につながる―未来をつくるKaigoカフェVol.3

目次1 外部との接点が少なく、息の詰まりやすい介護の職場2 カフェでの対話を通じ、自らの問題的に気づき解決の糸口を見出してほしい3 自分たちの常識がすべてでないことを知り、広い視野を得る。介護現場を外 …

no image

浮かびあがった2018年度からの第七期介護保険改正の課題

昨年12月初頭に、介護保険部会で2018年度改正に関する取りまとめに向けた意見書が明らかにされた。そのなかでも地域包括ケアの推進と深化は大きなテーマとして挙げられている。これに関して筆者は、昨年11月 …