介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

コンピュータを活用して、業務を少し楽にしよう(前編)


投稿日:

更新日:

 

介護業界コンピュータ利活用の現状

介護業界のコンピュータの利活用は、他産業と比較すると充分に活用が進んでいない。

 

これは、事業の主であり殆どを締めるのが対人援助サービスであるという事で本質的な業務改善を目的としたITの活用が難しい点や、コンピュータ業界出身の人材がうまく介護業界に流入せず、コンピュータを利用するマインドが高くない点などあげられるが、ケアプランや実施記録も含めて、現在の事務作業の多くをコンピュータの利用無しには困難な状況である事は間違いない。

 

そのため、既にほとんどの介護事業者が「計画作成、記録、請求といった事務作業を目的」として当たり前の様にコンピュータを利用しているが、ケアの業務効率改善や、ケアの質を上げる目的でのコンピュータの利活用はまだまだ未熟である。

 

今回は、いわゆる介護業務向け事務作業用ソフトではない、汎用的なWEBサービスを介護業務に生かす視点について、例を交えわかりやすく解説したい。

 

変化するソフトウェアの提供形式

ここ数年一般的なソフトウェアの提供形式が、いわゆるインストール型からWEB型に変わってきている(言い換えると所有型から利用型)のは皆さんご存じだろうか?

 

分かりやすく例として、年賀状の作成のサービスを挙げてみよう。

 

数年前までは、ソフトの利用方法は例外なく住所録ソフトやハガキ作成ソフトを購入し、パソコンにインストールしていたと思う。

 

現在もその形式でのソフト利用はもちろんあるが、オンライン上でハガキをデザインし、同じくオンライン上の住所録を作成し、作成したデザインを住所録に登録された宛先へ投函まで行うサービス等がここ数年で登場している。

 

つまり、パソコンにソフトをインストールしなくても、インターネットにさえ繋がればそのサービスを利用できるのである。しかも、前述のハガキ作成サービスは無料で提供されている。

 

近年、この様にインターネット上のソフトウェアを利用するという形式のサービス(つまりWEBサービス)が多く誕生している。

 

汎用的なWEBサービスを利用する事

まず、汎用的なWEBサービスの定義を説明しよう。

 

汎用的なソフトとは、業務向けサービスの対角にあるものと考えて良い。

いわゆる介護記録ソフトや会計ソフト、給与計算ソフトといった特定業務向けソフトではなく、利用目的が定まらないソフトウェアの事を指す。

表計算ソフトやワープロソフト、データベースソフトがそれにあたる。

 

つまり、汎用的なWEBサービスとは、インターネット上にあり、いつでもインターネットさえあれば接続使用可能で、かつ、業務に直結しないサービスという事になる。

 

ここまでの説明でもまだまだわかり辛いので、介護業務における具体的な活用事例を次回紹介していきたいと思う。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

執筆者:

関連記事

どうする!?現場の人手不足問題2 ~外国人の活用を考える~

2018/02/28  

前号では、外国人雇用のルートとして留学生、EPAと技能実習制度を紹介しました。後二者についてより詳しくみていきましょう。 技能実習制度は、EPAに比べ間口が格段に広いという意味でEPAは「エリート」、 …

病院で手を取り合う二人

真の自立支援とは~生きる意味を見出す“精神の自立”を支えること

2018/02/20  

4月からの介護報酬の改定が「自立支援」に重点を置いたものになります。 安倍総理も「介護がいらない状態までの回復を目指す」と明言し、介護報酬を自立支援の効果を反映したものに転換するように指示を出しました …

外国人

どうする!?現場の人手不足問題 ~外国人の活用を考える~

2018/01/31  

ここ数年、どの施設へ行っても「現場の人が足りない。これでは施設を回せない」という悲鳴に近い悩みの声が聞かれます。実際に、特養の一部のフロアを閉鎖せざるを得ない施設も存在します。 都心は人が集まるものの …

携帯電話

身近なITを活用したケアマネジャーとの連携方法

2017/11/17  

目次1 ケアマネジャーとの連携はスムーズにおこなえているでしょうか?2 連絡手段にはメールを活用 ケアマネジャーとの連携はスムーズにおこなえているでしょうか? 介護サービス事業所にとってケアマネとの連 …

個人情報

個人情報保護対策 ~事故発生後の対処法・前編~

2017/11/15  

前号では、個人情報漏えいによる裁判事例をご紹介し、たとえヘルパーが業務時間外に行ったブログへの書き込みであっても、雇用主である法人が個人情報保護に関する教育をしなければ、法人も連帯して賠償責任を負うと …