介護事業所の人財育成―1


投稿日: 更新日:

介護業界の「人財育成」とは?

そもそも介護業界における「人財育成」とは、職員に何を教え、何を育むことなのだろうか?

多くの事業所では能力開発のために、スキルアップ研修等を行っている。しかし、いくら介護の技術が優れていても、それだけで果たして「良い介護」と言えるのだろうか?

もっと大切なものがあるのではないだろうか。

 

ある事業所に、AさんとBさんという、介護職としての経験もスキルレベルも、まったく同じ二人の職員がいたとしよう。

この二人が、ご利用者に同じ介助サービスを提供している。

 

まずAさん・・・

ご利用者の横に寄り添い、手を握る等のスキンシップを図りながら、目線の高さを相手に合わせ、にっこり笑って

○○さん、昨夜はゆっくり眠れましたか?朝ご飯は美味しかったですか?どこか痛いところはないですか?」など、優しい言葉がけをしながら介助をしている。

 

そしてBさん・・・

Aさんと、全く同じ介助をしているのだが、無表情、無言で「何やってんのよ、早くやってよ。私だって忙しいんだからさぁ」という思いでご利用者に接している。

 

さて、ご利用者の受けているサービスの質は同じだろうか?満足度はどうだろう?

まったく違うはずである。

では、この違いはいったいどこから生じるのだろう?

それは、職員の「表情や言葉、態度」の違いなのである。

 

表情や言葉も立派な「スキル」

サービスを提供する際の職員の表情や使用する言葉というのは、そのサービスの質を左右する重要な技術だと、私は考えている。それはまさに、職員とご利用者の「こころ」と「こころ」を結ぶ、大切なスキルである。

 

介護や福祉のお世話になっている方々というのは、一人で自立して生活することが難しい。人様の支援を受けなければならない方たちは、他人や世間に、ちょっとした引け目を感じながら生きている。

 

施設に入所されているご利用者に「どこか行きたい所はないですか?」と聞いても、ほとんどの方は「いつもこんなにお世話になっているんだから、これで十分です。行きたい所なんてありませんよ」と答えると思う。

それは本心だろうか?

「昔よく遊びに行ったあの場所へ、もう一度だけ行ってみたい」

「ひ孫の運動会を見に行きたい」

実はそう思っていても、口に出さない方が多いのではないか。

 

なぜなら、自分が希望を言うことで、周りの人に負担や迷惑がかかる、日ごろ世話になっているのに、これ以上贅沢を言ったら罰が当たると遠慮し、周囲の人に気を遣っているからだ。それゆえに、なおさら相手の言葉や表情から、敏感にその人の心を読み取ってしまうのである。一般の人よりも心がデリケートになっているのだ。

 

だからこそ、対人援助の職にある者には、以下の二つのスキルを「教え」「育む」ことが重要なのだと私は思っている。

1.技術力や専門知識などのスキル=ご利用者の体のケアのため

2.真心や思いやりを、正しい表情や言葉で伝えるスキル=ご利用者の心のケアのため

 

大切なのは「心のケア」ができること

先に、「お金をいただいて介護の仕事をするのがプロ」だと書いた。

プロである以上は、どちらも欠かすことのできない大事なスキルだと思う。

 

でも、あえて問いたい。

この二つのうち、より大切なのはどちらなのか?

 

こう質問すると、99.9%の方が、後者と答え、同時にこうもおっしゃる。

「ご利用者の心のケアができる、そんな立派な職員がいてくれたら苦労しないよ。問題は、そういう職員が育たないことなんだよ」

そう、皆さんわかっているのだ。介護の技術よりも何よりも、ご利用者の気持ちに寄り添い、真心を込めてお世話することのほうが何倍も大切だということを。

でも、どうしたらそんな職員を育てることができるのか、その方法がわからなくて困っている。

 

多くの事業所が悩み、苦しんでいるこの課題に、社会保険労務士として人財育成に関わるなかで、私が得た一つの答えがある。

 

その答えについては、次回書き記したい。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

「食」は家族が心を尽くせるケアの一つ~大切なのは手は抜いても想いを込めること~-1

先日、母の介護の中で「食」を中心とした経験をお話しする機会がありました。私が介護に直面した25年前と比べると、今は介護食や補助食品の種類も豊富になり、コンビニ、お惣菜、宅配なども本当に便利になりました …

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」

  目次1 地域を支援する介護施設と在宅で365日24時間支援体制のできる居宅サービスが生き残る時代に2 医療と介護へ大改革のメスが入る2018年同時改定を踏まえた事業経営を 地域を支援する …

no image

コーディネーターの役割とは―在宅ケアに誰が責任を持つのか

目次1 終末期の迎え方の難しさを実感する出来事2 その人の生活全体を見るイギリスのかかりつけ医GPの存在実3 日本においても家庭医養成と制度確立が課題 終末期の迎え方の難しさを実感する出来事 100歳 …

no image

NPO法人シニアライフセラピー研究所 Vol.1 ボランティアを積極的に育成し、“おたがいさま”の風土をつくる

神奈川県藤沢市鵠沼地区に9年前、小さなNPO法人が産声を上げた。職員は立ち上げた鈴木しげさんただ一人。地域のニーズに応えていくうちに、気がつけば事業数は今や65にも及ぶ。シニアの人生(シニアライフ)を …

no image

人材定着とスタッフのモチベーション維持のために行っていること

新入職員が1年目で離職する率が10%といわれています。せっかく入った仲間が離職しないためにできることって何があるのでしょうか? 今回はその手段を考えていきます。たいしたことではないかもしれませんが、私 …