転換期の介護事業


投稿日: 更新日:

 

介護という事業はこのままでいいのか?

一つは財務省が火をつけた形となった「介護事業は儲け過ぎ」論である。

今回の介護報酬改定にあたって、財務省はマイナス6%程度の改定を求めた。介護事業全体の平均収支差額は8%、かたや一般の中小企業の平均収支差額は2~3%というのが、その根拠だった。結局は2.27%のマイナス改定でおさまった。その改定幅が妥当なものだったかどうかはともかく、マイナス改定となったのは、特別養護老人ホームをはじめとする介護事業が数字上はそれなりに利益を上げているというのが、拠り所となったのは間違いない。

 

もう一つは、2000年に始まった公的介護保険が今回、これまでにない改革となることにより、介護事業のあり方に否応なく大きな転換が迫られていることによるものだ。

今回の改正の柱は、要支援1と要支援2と認定された高齢者へのサービスのうち、訪問介護と通所介護を市町村による「日常生活支援総合事業」へと移行させる。全国一律だった介護保険のサービスを市町村によるサービスに移すことによって、報酬設定も、サービスの内容も、担い手も柔軟に工夫できるようにした。例えば、介護専門職ではないスタッフも活用できる。NPOやボランティアの参加も積極的に進める。

 

市町村にとっても「地域」が生き残るか正念場である

団塊の世代が75歳を迎える2025年に向けた取り組みの成否は市町村にとっては地域の生き残りをかけた取り組みになる、と筆者は介護保険運営協議会の会長を務める東京都小平市や東村山市などの会議で言い続けてきた。

公的介護保険による規制は不自由な面もあった反面、事業所にとっては、その規制の枠内でやれば、なんとかビジネスとしては成り立つ。そんな面もあったのではないか。

これからは、介護事業所のマネイジメント力、コーディネート力もこれまで以上に問われることになろう。

 

どうすればいいのか。障害者支援に取り組む東京都小平市の社会福祉法人の理事長を3年前から務める筆者にとっても、それは他人ごとではない。本欄で、自らの問題としても考え、問題提起していきたい。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

地域包括ケアの難しさ―――ケアマネはやはり連携の要か

目次1 医療と介護が連携する場合、同じ市内の診療所医師のほうが進めやすい2 在宅医療の確保には限界があるのでは? 在宅医療をしない診療所医師の問題はどうなる3 地域包括ケアシステムにだれが責任をもって …

no image

介護・診療報酬間の調整を先読みするには?2018年医療・介護ダブル改定を読むー8

 前回の介護・診療報酬のダブル改定は2012年でした。その前年、やはり中医協と介護給付費分科会の間で「打ち合わせ会」が行われています。その時の論点を振り返ると、現状の介護・医療の連携課題にもつながるポ …

no image

訪問介護事業 成長のカギ・サービス提供責任者に求められる能力Vol.3

  目次1 想像力と発想力に対する評価2 介護職員の質を高める役割3 最後に サービス提供責任者を育てる 想像力と発想力に対する評価 ヘルパーの方々は、利用者ひとりひとりの環境や背景、能力や …

no image

株式会社若武者ケア(横浜市港南区)Vol.3 もはや介護事業は一般の業界と同じ。問われているのは経営者

若武者ケア代表取締役社長の佐藤雅樹さんは同社の歴史を、1.創業期(2007~08)2.試行錯誤期(~09)3.新卒採用による基盤構築期(~10)4.拡大期(~13)の4期に分けて整理する。これをベース …

no image

平成26年度 高齢者虐待防止法等の対応状況に関する調査結果について

今回は平成28年2月5日に厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室が発表している平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結 …