算定基礎調査について


投稿日: 更新日:

調査の目的は非正規職員の適正加入

ここ何年か、皆様の事業所宛に算定基礎届とは別に「算定基礎調査のお知らせ」という文書が来ていると思う。

年金事務所から賃金台帳や労働者名簿などいくつかの資料を指定され、それを持って記載の日時に来所するよう要請する内容で、私の関与先にも届いている。

突然の年金事務所からの呼び出しに「うちの事業所、何か問題があるのか?」と不安になる方も多いようだが、不正をしたからこの手紙が来るわけではない。

 

日本年金機構は、社会保険の適正な加入を促すため、社会保険に加入している全ての事業所に対し、4~5年ごとに1回必ず調査をするとしており、この手紙はそのためのものなのだ。従って、これまで呼び出しがなかった事業所でも、来年以降ほぼ間違いなくこのお知らせが来るだろう。

 

調査の一番の目的は、パートやアルバイトなどの非正規職員を、きちんと社保に加入させているかを確認することである。

たとえパートの職員であっても、次の2つの条件をいずれも満たし、かつ継続して雇用する見込みがあるときには社会保険に加入させなければならない。

 

①1日または1週間の労働時間が正職員の3/4以上

②1ヶ月の労働日数が正職員の3/4以上

 

しかし、高額の保険料負担を嫌い、加入基準を満たすパート職員がいても、あえて加入させない事業者が多いのも現状だ。

 

(ちなみに、この条件を満たさない職員は社保に加入したくてもできないので、社会保険料の負担を減らしたい場合には、上記よりも短い時間で働いてもらえばいいわけだ。また、1日ごとや2ヵ月以内の雇用契約で働く人など、一定の条件で働く者も同様に加入はできない。したがって、いわゆる「登録ヘルパー」と言われる方々のなかでは、強制加入者というのはあまりいないのではないかと思う。)

 

呼び出しにはきちんと応じて

「こんな調査、行かなくても大丈夫」と無視する事業所もあるが、それはあまりお勧めできない。

 

呼び出しに応じない場合、年金事務所から別の日時を指定されたり、直接の訪問調査が行われることもある。「やましいことがあるから来なかったのではないか」と、さらに細かく調べられる可能性もあるのだ。

書面に記載された期日にどうしても都合がつかないときは相談に応じてもらえるし、また、職員数が何百人もいてすべての資料を持っていくのが難しいときには、事前に電話などで申し出れば一定期間分のみの持参でよし、となる場合もあるので、怖がらずに問い合わせてみてほしい。

 

万が一、加入基準を満たしているのに未加入の職員がいた場合、2年間遡って当該未加入期間分の社会保険料を徴収されることもある。このとき、本来職員が負担する分も事業主に請求されるため、数百万円という金額を請求されて困り果てている事業所もある。

 

結局は適正加入が一番

年々、社会保険未加入者に対する調査及び処分は厳しくなっている。保険料が高いからといって加入逃れを続けていると、それが事業経営にダメージを与えることにもなりかねない。

日ごろから適正な社保加入を心がけていただくことが、結果として一番安く済む方法なのかもしれない。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その6.なるべくコストをかけない打ち手

目次1 福祉系の専門学校に、土日祝日のアルバイトとして募集し、正式雇用につなげる2 急がば回れ! ボランティアも積極的に受け入れ、採用に・・3 福祉系高校の実習先として名乗りを上げ、採用に結びつける手 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その5.ほかによい「打ち手」はないのか?

目次1 どれだけ手間がかけられるか、「打ち手」があるかが勝負に2 「若者応援宣言企業」になって、自法人を無料でアピール!3 「求人セット型訓練」で、ハローワークに登録した人を自動的に採用につなげる4 …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とはー4

 今回も、問題職員の解雇の方法です。退職勧奨をしても全く応じる気配が無い場合、やむを得ず解雇を言い渡す場面をみていきましょう。  前前号で解説した普通解雇と懲戒解雇の違いを、覚えていますでしょうか。「 …

no image

平成26年度 高齢者虐待防止法等の対応状況に関する調査結果について

今回は平成28年2月5日に厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室が発表している平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結 …

情報の管理、どこまで徹底?最近の現場事情から

 高度情報化時代。一人が一台携帯電話を持つようになり、今はスマホが当たり前になりました。連絡や情報検索は便利になりましたが、簡単に他人同士が繋がり、SNSで不特定多数に拡散できるようになると、その分個 …