介護現場で感じたこと~介護ラボしゅうの誕生きっかけ~


投稿日: 更新日:

介護事業者ネットワーク「介護ラボしゅう」。この会を立ち上げるきっかけは、現場での経験にありました。第一回目の今回は、中浜はどんなやつなのか。そして私が介護現場に入り、感じたことはどんなことだったのか、お伝えしていきたいと思います。

Who I am

「介護を文化へ」これが私のライフワークです。

「文化って?おおげさな」と思う方もいらっしゃるでしょう。もう少し簡単にお伝えすると、介護が誰にとっても身近なものであること。また、介護職がより魅力的になることを目標にしています。

 

私が、介護の現場に入って今年で11年目を迎えています。当初は、まさかこんなに続けるとは思ってもいませんでした。もともとひどい人見知りで、親にも「お前が人と関わる仕事につくとは…」と驚かれたほどですし、18歳くらいまで女の子と話すのも得意ではなかったからです。

 

そんな私がなぜ介護の仕事に就いたのか。それは18歳の時、デイサービスでの一日体験がきっかけでした。

人と話をするのが苦手な私でしたが、おじいちゃん・おばあちゃんとの時間は、とても楽しく感じられました。今思うと、私の「おしゃべり」がうまくいったというよりも、珍しい若造の訪問におじいちゃん・おばあちゃん達から質問攻めが起こり、それに私がただ答えていただけ。何を話したかなんて全く覚えていないのですが、とにかくおしゃべりがとても楽しかったのです。何もしてないけど喜んでくれているのがとにかく嬉しかった。

 

その後しばらくは、洋服屋の店員や中学校のサッカーコーチをしたりして過ごしていましたが、20歳のときに自分の将来を改めて考えたとき、デイサービスでの体験の楽しさを思い出し「介護を仕事にしよう」と思い立ちました。それからヘルパー2級の資格を取得し、実習先であった特養でアルバイトで勤務させていただいたことが介護の仕事の始まりです。

 

そういえば、ヘルパー2級の授業で今でも忘れられないことが一つあります。それはある先生がおっしゃった「介護は優しさだけでは出来ないのよ」という一言。「介護は優しさ」と思っていた私は、はっとさせられました。今となっては、とても重要なことだと感じていますので、自分が後輩や学校の生徒の方々には同様にお伝えしています。

 

介護の現場に足を踏み入れる

最初の介護現場は施設(特養)介護でした。施設に初めて入った私はカルチャーショックに近いものを受けました。見るもの全てが新鮮で、出てくるのは疑問ばかり・・・。

 

「なんで廊下が円を描いているんだろう?」

「外との入口に電子錠がかかってるのはなぜ?」

「スタッフに女性が多いな」

「とにかく忙しそうだな」

 

そんな風に始まった介護の仕事でしたが、先輩から考え方や技術を学ぶ日々でもありました。

多くの方を対応させてもらえること、先輩の技を見られること、介護職だけでなく専門職がいること。施設介護の経験は、介護を始めたばかりの私には良いものだったと思います。

 

余談ですが、施設介護経験者としては、これから介護を仕事にしようと考えている人、介護技術・知識の向上を目指す人には、施設経験はオススメしたい。

施設介護は、非常に忙しく、流れ作業と捉えられることが多いと思います。多数の利用者さんの生活を守るために、そういう部分があることは否めません。ですが、施設での生活の中で利用者さんの生きる喜びを実現していくのが施設介護職の責務ですので、大げさなことはできなくても、毎回の食事や入浴などをいかに楽しい時間にするのかを考えて実践していくことが、とても重要であると思います。

 

最初から施設に住みたいと思っていらっしゃる利用者さんは、ほとんどいないと思いますが、最期を迎える時に「施設に来ても悪くなかったな」なんて思ってもらえるようにケアをしていくことができれば、施設介護も楽しいことが多くなる。こんなに長い間利用者さんと時間を共有できるというのは施設介護特有だと思います。

※介護ラボしゅうでのひとこま

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

株式会社アイビー(東京都葛飾区)Vol.1 「利用者さんの生きがいをサポートできる介護士に!」という想い一つで学生起業!

2009年、映画『寅さんシリーズ』の舞台として有名な柴又にも近い、東京都葛飾区に居宅支援・訪問介護事業所を設立した株式会社アイビー。代表取締役の真鍋圭彰さんは会社設立当時26歳で、介護福祉士を目ざす専 …

no image

東日本大震災から考える介護施設の防災対策Vol.1

  目次1 東日本大震災では多くの介護施設に被害が2 災害発生時だけではないケアが必要な時期とは3 在宅にいる自立した高齢者こそ孤立する4 事業所でできること、地域で行なうことを明確に 東日 …

no image

地域包括ケア時代に、医療と介護は何を求められるか?―2.「ケアの質と倫理」

よりよい在宅医療のプラットフォームを作るために、医療や介護など、多職種がともに学び合う定期研修会・在宅医療カレッジ。その特別企画『地域包括ケア時代に求められる医療と介護の役割』で交わされたディスカッシ …

no image

平成26年度 高齢者虐待防止法等の対応状況に関する調査結果について

今回は平成28年2月5日に厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室が発表している平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結 …

no image

菅原健介さん(ぐるんとびー代表取締役)「つながるケア」で地域をそのまま介護施設にVol.2

被災地からもどってきた菅原健介さんは、「キャンナス」で訪問リハビリテーションを始めたものの、自分が求めている理想のケアのかたちと、だんだんズレが生じていくのを感じていました。自分が今、本当にしたいこと …