訪問介護事業 成長のカギ・サービス提供責任者に求められる能力Vol.2


投稿日: 更新日:

 

リスクマネジメント能力

訪問介護サービスには、サービス提供中の事故はもとより通勤中も含め様々なトラブルが起きる危険性があります。

 

サービス提供責任者は、物品の破損、通院介助中の骨折、鍵の紛失、感染、といった起こりうる様々なリスクを具体的に想定し、対応や対案を講じておく必要があります。

例えば、掃除機が破損したという状況で、それがヘルパーの使い方のせいなのか掃除機の老朽化であったのかわからない場合にはトラブルの元になってしまいます。ヘルパーが利用者宅で使用する家具や掃除用具などについては、あらかじめ消耗状況や耐久性をサービス提供責任者と利用者、両者の目で確認しヘルパーに伝えておくことが大切です。

 

また、訪問時に利用者が不在の場合、意識がなくなっている場合、大きな災害発生時など、利用者の生命安否に関わる状況の時には予想される状況を踏まえ、利用者の家族以外の関係者や利用者と関係のある各機関の連絡先を把握しておくこともリスクを減らす方法の一つです。

「ヘルパーが訪問した時に不在であったためヘルパーを帰して、その数日後に中で利用者が倒れているのが確認された」ということになれば重大な事態に発展しかねません。利用者の安否を確認する術を事前に講じておきましょう。

 

 

 

医療的知識の必要性

介護技術は利用者の身体に触れる職員全てに必要なものですが、サービス提供責任者には医療の知識も必須です。

 

例えば利用者の下痢が続いている場合、原因が心因性のものかノロウイルスなどによる食中毒や感染性胃腸炎かなどの判断により初動が変わっていきます。他にも、過敏性腸症候群、内臓機能低下、体の冷えなどあらゆる可能性を考えられる知識を持っておくことで、いち早く利用者の体調の変化に気づくことができるでしょう。

その気づきは、ケアマネだけでなく、医師にとっても重要な情報源になるでしょう。

 

最近では看取りまで在宅で行う方向性になってきています。訪問介護事業者と訪問看護や医師との連携はとても重要なものになってきました。サービス担当者会議で医療従事者の発言を理解し咀嚼できるだけの知識を持っていることで、利用者の生活から考察した意見を医療従事者に述べることが出来るともいえます。ケアマネや医師に症状を伝える際も円滑に話ができ、サービス提供責任者自身への信頼へともつながっていくでしょう。

 

医師から信頼される事業所は、安心して利用者を任せられると評判になっていく可能性が高いのです。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

松尾愛美さん(ひまわり訪問看護ステーション代表)働きながら子育てできる環境もつくるvol.2

小さいころから、店舗と住まいがいっしょでおじいちゃん・おばあちゃん、こどものいる環境で育った松尾さん。やがてデイや居宅介護支援、訪問介護も併設し、働きながら子育てもできるように、託児スペースも設けて、 …

no image

ケアマネへの営業活動について―2 日ごろから顔の見える関係を築き、コミュニケーションを円滑に!

ケアマネジャーさんとの関わりを、前回に引き続き書きます。今回は、関係性ができた後のことについて触れてみましょう。電話での対応、利用者さんの見学希望への対応のしかた、そしてどういった情報が喜んでもらえる …

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」 vol.4

目次1 地域住民の安心・安全な医療・介護サービスの提供のために。勇気ある連携・協働・統合を!2 改善策について 地域住民の安心・安全な医療・介護サービスの提供のために。勇気ある連携・協働・統合を! 医 …

個人情報

個人情報保護対策 ~事故発生後の対処法・前編~

前号では、個人情報漏えいによる裁判事例をご紹介し、たとえヘルパーが業務時間外に行ったブログへの書き込みであっても、雇用主である法人が個人情報保護に関する教育をしなければ、法人も連帯して賠償責任を負うと …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とはー4

 今回も、問題職員の解雇の方法です。退職勧奨をしても全く応じる気配が無い場合、やむを得ず解雇を言い渡す場面をみていきましょう。  前前号で解説した普通解雇と懲戒解雇の違いを、覚えていますでしょうか。「 …