大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」 vol.3


投稿日: 更新日:

利用者・地域ニーズを把握するために。他産業に学びたい経営のヒント

医療・介護業界は、規制・制度で守られ(価格保証等)、ビジネスとしての経営感覚は、他産業と比較してまだまだであるのが現状です。これまではお客様・地域ニーズ(患者・利用者・家族・地域住民の暮らし)を把握しきれず、どちらかというと制度に目を向けて経営してきました。他産業では考えられないような経営体質の事業所もいまだに多く、そこが課題ともいえるでしょう。

 

現状・・制度優先!地域住民の暮らしをあまり意識していない傾向が・・

アセスメントできていない以下の例をご覧ください。

 

1.住まいのこと

最近、私が危惧している「住まいの確保と住まい方」です。特にサービス付き高齢者向け住宅等では月額10~18万円の入居費(家賃・食費・管理費)が大半です。しかし中重度者は医療費・介護費の一部負担及び自費分を加え4~8万円で月額(総額)14~26万円の負担になっています。行き場のない人たちですから無理して家族が工面している訳ですが、総額8~15万円以下というのが、多くの場合の地域ニーズです。

これに関しては、入院・入居者(病院・老健施設)からのニーズではなく、経営者側の勝手な解釈によるものであることが問題です。

2.介護のこと

介護保険制度では、利用者等の心身機能・生活実態をアセスメントして介護計画(以下プラン)が立てられ、プランに基づく介護サービスの提供が求められています。しかし、「プランがなくサービスが提供されている」「プランとサービスがつながらない(途切れている)」のが実態です。

 

これからは・・役割分担と責任を明確に!

患者・利用者・家族・地域のニーズに応えるための医療・介護・福祉サービスを実現するためには、下記のようなポイントが重要です。

 

■経営者は?

1.現場や地域を把握する(アセスメントする)

2.2025年に向けた中・長期的なビジョンを示す(現場や地域に向けて)

3.職務基準の作成・実践と職務権限を移譲できるか

 

■幹部は?

1.今回報酬改定を検証し、次期2018年医療・介護の同時改定への対策を描く!

2.地域をマネージメントする(軍師官兵衛役:地域の調整役)

 

■事業所管理者(エリア長)は?

1.周辺地域(日常生活圏域)のニーズを把握し、地域連携(事業所・住民・行政・包括・社協等)を積極的に進める。(現場の業務を主任・リーダー等に任せる:権限移譲)

2.法令の遵守に基づく運営

 

■主任・リーダーは?

1.患者・利用者・家族そして現場(医療・介護・自宅)をアセスメントし、適切な支援計画(原案)を立てる。

2.法令の遵守に基づく支援

 

■一般職員は?

1.患者・利用者・家族をアセスメントし、適切な個別サービス計画を立て、サービスを提供する。(プランなし・見ないでサービスを提供しない)

2.法令の遵守に基づくサービス

 

以上のように、「役割分担と責任」を明確にすることが、利用者や家族・地域ニーズを把握し、それに応えるサービスを考えることにつながります。

 

次回は、地域において365日24時間切れ目のない医療・介護等サービスを提供するにあたっての、地域連携・協働・統合に向けた取り組みを考えていきましょう。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その9 主婦層をターゲットにした戦略的な職員採用法

主婦層の心にヒットする人材確保の方法について、一歩踏み込み考えてみる。また、地域で仕事を探している女性を掘り起こし採用したり、かつて介護職だったが、復職を果たせていない人たちにアピールする方法について …

no image

本当の「かかりつけ医」ができるのか

今春行われた診療報酬改定の大きな目玉は、地域包括ケアの要となる在宅医療を担う「かかりつけ医」の普及にあった。しかしながら、プライマリケアの確立に日本は30年遅れた、と筆者は言う。ゲートオープナーとして …

no image

最終回……高齢期における「食」と「生きがい」

昨年、経産省は全国の買物弱者を推定800万人と発表、この5年間で100万人が増加すると言われている。超高齢社会に突入し、国の買物弱者対策にも貢献しているわんまいる。創業28年の御用聞き宅配事業の経験知 …

no image

アルファ碁の勝利が示す『介護』の生き残り策

先日、人工知能「アルファ碁」が、プロ棋士に勝利したニュースが話題となった。無理だと思われてきた直観力を備えることが可能となったからだ。介護の現場でも、人手不足の折、ロボットの活用が推進されて久しい。た …

no image

地域包括ケア時代に、医療と介護は何を求められるか?―2.「ケアの質と倫理」

よりよい在宅医療のプラットフォームを作るために、医療や介護など、多職種がともに学び合う定期研修会・在宅医療カレッジ。その特別企画『地域包括ケア時代に求められる医療と介護の役割』で交わされたディスカッシ …