ダブル報酬改定の中医協議論本格スタート 2018年医療・介護ダブル改定を読むー7


投稿日: 更新日:

 昨年末から、中央社会保険医療協議会(以下、中医協)において、2018年度診療報酬改定に向けた議論が本格化しています。スケジュールとしては、今年夏頃までに主な論点を明らかにし、年末までには基本方針を踏まえた対応を行なう予定です。その間、介護報酬とのダブル改定をにらみつつ、介護給付費分科会委員との意見交換も行われることになります。

中医協で提示された医・介連携の検討項目

 昨年12月14日に開催された中医協の総会では、「平成30年度(2018年度)の診療報酬改定に向けた現状と課題」が示されました。その中の診療報酬改定の検討に向けた考え方として、医療と介護の連携に関する主な検討項目が大きく3点示されています。

 第1に「療養病床・施設系サービスにおける医療」について。具体的には、以下の2点です。(1)介護療養病床の見直し(通常国会に提出された法案にある「新施設体系」)を踏まえた、外付け医療サービスの給付調整のあり方について。(2)療養病棟の入院患者の患者像を踏まえた適切な評価のあり方についてです。

 第2に「居宅における医療(訪問診療・看護、歯科訪問診療、薬剤師の業務等)」について。具体的には、以下の3点となります。(1)介護報酬における居宅療養管理指導による評価と、診療報酬における訪問指導管理の評価もあり方について。(2)医療と介護の訪問看護サービスのあり方について。(3)居宅等における看取り支援のあり方について。

 第3が、診療報酬における算定日数が厳しくなっている「維持期のリハビリテーション」についてです。こちらは、(1)外来や通所におけるリハビリテーションのあり方について。そして、(2)地域(居宅等)におけるリハビリテーションにあり方についてとなっています。

診療・介護報酬の住み分け整理がまず焦点に

 1-(1)における「外付け医療サービスの給付調整」については、「患者の居住スペース」として介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)が想定されています。当面は、従来の介護療養病床からの移行が中心となるわけですが、その場合の経過措置も含めて診療・介護報酬上の住み分けをどう整理していくかといった点がポイントとなりそうです。

 また、2-(3)における「居宅等における看取り支援のあり方」などは、たとえば定期巡回随時対応型サービスにおけるターミナルケア加算などに対し、その算定要件に多職種連携をどう絡めるのか、医療保険との訪問看護の住み分けについて何らかの見直しを行なうのか(このあたりは、2-(2)などの課題とも関連します)などが焦点となるでしょう。

 いずれにしても、従来より「診療報酬と介護報酬の住み分けをどうするのか」が論点となりやすかった部分について、改めて両者の整理が重点的に進められることになるわけです。と同時に、介護事業者としては、重度者ケアにかかる加算などを取得する場合の「医療との連携」にかかる要件がどのように見直されるのかも気になる点だと思われます。

医・介連携の全体像をチェックするために

 ただし、ここで掲げられている論点だけでは、医療・介護連携の全体像がまだよく見えません。たとえば、介護保険を使っている利用者が急性期病棟に入院するという段階から、介護と医療の情報共有は始まることになります。担当ケアマネとしては、そこで入院時情報連携加算が発生し、医療機関側は地域連携診療計画管理料が発生します。こうした部分がどのように見直されるのかという点も、介護事業者としては気になるポイントでしょう。

 こうした部分の調整を行なう「中医協と介護給付費分科会の意見交換」は、今回予定されているものが初めてではありません。同時改定は2012年にも行われており、その前年に「意見交換」は実施されています。これからの医療・介護連携を先読みするうえで、この時の議論に次回はスポットを当ててみます。



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その14 「辞めない人材」を採用する

職員採用のための実践的ノウハウを伝えてきたが、翻って、そもそも「辞めない人材」を雇用し、離職率を下げ、職員が定着するようになるには、どうすればよいか? 人手不足だから、とだれでも雇用するのではなく、採 …

no image

起業のために必要な10のポイント―5.保険

だれだって、事故は起こしたくない。事業を担う経営者であればなおのこと、リスクは回避したい。でも、どんなに気をつけていても、事故は起こってしまうこともある。特に賠償責任は必ず入らなければならない保険だ。 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その10 「若者雇用促進法」など、国が力を入れている若者向けの就職支援にも注目したい

少子高齢化に伴い、若者が生き生きと働ける雇用環境をつくりだすことが、国にも求められている。そのなかのひとつが、「若者雇用促進法」だ。段階的に施行されているこの法律のなかで、「若者の雇用管理の状況が優良 …

no image

平成29年度予算編成から見る次期介護保険改定について

今回は11月17日に財務省の「財政制度等審議会」が麻生財務相へ提出した意見書である、『平成29年度予算の編成等に関する建議』より財政健全化に向けた基本的考え方とそれを受けて次期介護保険改定に影響する事 …

no image

科学技術は人間を幸せにする〜人とテクノロジーが支え合う社会の実現をー2

進行性の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者さんや家族と出逢ってから17年経ちますが取材をきっかけにして、今でもみなさんのイベントのお手伝いをさせていただいています。先月も都内で「新しい難病治療」に …