起業のために必要なポイント―9.黒字化に向けて


投稿日: 更新日:

新規でデイサービスを立ち上げた場合、早期黒字化をめざすのには何が必要か?
いくつかのポイントを解説したい。

まずは、エリア内のケアマネに自事業所のコンセプトや特色を知ってもらおう

大前提として、売上を上げて経費を抑えないと、黒字にはなりません。

売上が上がるということは、利用者の確保をしないといけないということです。

新規事業立ち上げ時は、まず事業所の存在をケアマネジャーの皆さんに知っていただくところから始まります。

ケアマネジャーも、利用者にデイサービスを提案する際に、まったく知らないところを提案するわけにはいきません。

前回お伝えしたように、営業ツールを用意して、自社のコンセプトや特色をケアマネジャーに伝え、理解してもらえることをおすすめします。

私自身、立ち上げの際には、月に2?3回、居宅介護支援事業所まで営業に行っていました。

現在は、インターネットで自分の営業範囲の居宅介護事業所一覧や、ケアマネジャーの人数、受け持っている利用者の人数や介護度など情報が公開されていますので、それらを整理して、戦略的にまわるのがよいと思います。また、営業に行った際の記録を残し、いつ誰に何の話をしたのかを情報管理し、チェックしながら活動していきましょう。

ケアマネから連絡があったら、迅速にかつスムーズな対応を心がける

私自身、以前ケアマネジャーとして業務を行っていた時期がありました。

当時は、利用者のニーズをヒヤリングし、それに対して専門職の立場から提案し、できれば3ヵ所くらい利用者に事業所を見学していただき、通う事業所を決めてもらっていました。もちろん、利用者の自己決定があくまでも大前提ではありますが……。

そうした際に、迅速に対応してもらえると、ケアマネジャーにも、利用者にも、喜ばれます。新規利用者の打診をしても、担当者不在で折り返しの連絡が二日後だったりすると、やきもきしてしまうことがよくありました。

事業所の中で、しっかりミーティングして、職員間の情報の共有や受け入れ状況の可能な登録枠の状況、自社で受け入れられる利用者の状態や送迎範囲等のガイドラインを決めておくと、問い合わせがあったときにスムーズに対応できます。

ケアマネジャーも人間です。

感情もあります。

同じサービスを提供していて、似たようなタイプのデイサービスを比較するなら、窓口で対応してくれる人が感じの良いほうにお願いしたくなるでしょう。

なぜなら、その対応がそのまま、利用者や家族への対応につながると想像できるからです。

外へ向けての営業と目の前の利用者に向けたサービスの質向上 両輪があってこそ、初めて選ばれる事業所になれる

以上の点を踏まえて、大切にしていただきたいことは、事業所の窓口となる職員だけでなく、スタッフ全員が事業所の看板を背負っているという自覚をもつこと。そして、自分の対応がそのまま、事業所の信頼や信用につながるという意識を持てるように、社内研修に最初に力を入れることです。それが後々、事業所のブランディングにもつながっていきます。

職員の対応が良いと、利用者の満足度は上がります。

黒字に向けて、新規利用者獲得のための営業に力を入れるのは当然ですが、通所する利用者が気に入ってくださると、口コミでお友だちを紹介してくれることがあります。ですから、外へ向けての営業と、目の前にいる利用者に向けたサービスの質の向上、両面に力を入れることが大切です。

以前は質の高いサービスや良いサービスをしていれば利用者は増える、という経営者がよくいましたが、今はサービス事業所の数がとても多いので、待っているだけでは難しい時代になっています。良いサービスを実施しているのであれば、その事実をしっかりと外部に発信することが早期の黒字化に向かうポイントです。

そして、発信の際は、居宅介護支援事業所へ営業にまわるだけでなく、逆にケアマネジャーの皆さんに、自事業所へ足を運んでもらうこともポイントです。

内覧会の開催はもちろんですが、行事やイベントのときにも見に来てもらえるように、声掛けや、何にもないときでも気楽に見学に来てもらえるくらいオープンな雰囲気づくりを、事業所内で心がけていくようにおすすめします。

最後に、しつこいようですが、ただ単に黒字化するのではなく、なるべく早期に黒字化することが重要です。



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

介護施設の防災対策Vol2. ~火災編~

目次1 介護施設で起きた火災事故2 設備の見直しから火災拡大を防ぐ3 チェックリストで火災に備える4 火災は職員の対応で拡大が防げる 介護施設で起きた火災事故 平成十八年に長崎県大村市で起きた、認知症 …

no image

介護施設の防災対策Vol4. ~いま見直される防災計画(1)~

目次1 施設に応じた防災計画の作成2 災害後から変わった対策3 地域のネットワークづくり4 連絡網の整備 施設に応じた防災計画の作成 前回までは、火災と震災の事例から防災意識について述べました。しかし …

情報の管理、どこまで徹底?最近の現場事情から

 高度情報化時代。一人が一台携帯電話を持つようになり、今はスマホが当たり前になりました。連絡や情報検索は便利になりましたが、簡単に他人同士が繋がり、SNSで不特定多数に拡散できるようになると、その分個 …

no image

平成29年1月からの法改正等について

平成29年1月から、労務管理上重要な法改正等がある。今回は、当該法改正等の内容について確認するとともに、そのポイントについてお伝えしたい。 目次1 65歳以上の職員への雇用保険適用が拡大に2 65歳以 …

no image

地域包括ケア時代に、医療と介護は何を求められるか?―3.「持続可能性」

在宅医療をけん引する悠翔会の理事長であり医師の佐々木淳さんが主催する在宅医療カレッジ。医療や介護など、多職種がともに学び、よりよい在宅医療を目指す定期研修会だ。その特別企画として12月10日に開催され …