大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」vol.2


投稿日: 更新日:

地域づくりのための大切なポイント

「医療・介護・予防・住まい・生活支援」の5つの機能による「各地域における地域包括ケアシステム」への対応と2025年問題を見据えた改革。それは「地域づくり」の第一歩となります。

今回は地域づくりのための大切なポイントを挙げてみました。

 

I 国民(住民)の自覚と覚悟、理解と協力=意識改革

 

・生涯現役(死ぬまで役割はある)で、できることはしていただく

・地域で看取る・・・病院死から介護施設・在宅死(自宅・賃貸等)への移行

 

II 予防と住民主体の身近な「生活支援サービス」の確保=「地域づくり」

 

1 身近な支援体制の範囲

・隣近所(向こう三軒両隣、隣組、自治会での賛同者)

・仲間(賛同者)

 

2 組織体制

・任意団体

・NPO法人

・株式会社

・生活協同組合

 

3 継続性のある活動・・・活動と参加(ボランテイア活動から有償ボランテイアへ)

※有償ボランテイア活動※コミュニテイビジネス活動

・生活支援(配食・見守り・声かけ・ゴミ出し・雪かき・近くへの移送・買い物等)

・居場所づくり:サロン・カフェ(予防通所・家事援助等地域支援事業含む)

・地域の文化・産業継承・産業創出

 

III 住まい系(サ高住・住宅型有料・特定・特養等)

 

1 機能(役割)を明確に

・特養

・特定施設

・グループホーム

・介護付き有料老人ホーム

・サ高住

・住宅型有料等

 

2 重度者・医療的支援者対応の住まい(入居費8万円未満)

 

3 低所得者等対応の住まい(入居費8万円未満)

 

4 住まい+身近な生活支援サービスが求められます。

 

IV 「在宅医療と在宅介護」は地域支援型病院・介護施設との連携・協働で、365日24時間切れ目のない(シームレスケア)対応(自社完結又は地域連携による完結)が求められます。

 

1 在宅医療は、「365日24時間の診療・訪問診療」を確保するにあたり、3ヵ所以上の医療機関との連携・協働が必要不可欠です。

 

2「地域包括ケアステーション」機能体制の整備

・機能強化型訪問看護ステーション(駐在型訪問看護含む)の整備

・定期巡回・随時対応型訪問介護・看護体制の強化

 

3 365日24時間切れ目のない介護サービス体制

・医療的支援型・・・看護小規模多機能型居宅介護

・認知症・中重度者対応・・・小規模多機能型居宅介護

・多機能な通所・訪問・お泊り機能+訪問医療体制

 

V 「病院と介護施設」では地域における「役割と機能」を明確にしましょう。

 

1 病院

・三次医療:高度・一般急性期病院

・二次医療:地域支援病院

 

2 介護施設

・介護療養型病床:医療的支援の必要な入院のみに限定

・介護老健保健施設:在宅復帰・在宅支援施設で平均在所日数90日を目ざす

(2018年までには180日)

 

2025年問題に向けて地域包括ケアシステムを構築するには、以上のような要素・機能が必要とされ、求められます。しかし、現状においては、全国各地で地域格差(意識・ニーズ・資源等)があり、今後ますます拡大していくことでしょう。

そのようななかで医療・介護事業者は、事業を展開する地域をしっかりアセスメントしていきましょう。

次回は、上記I~Vまでの機能に関して、市区町村・地域包括支援センター(中学校区・日常生活圏域)エリアで、法人としてどのように関わる(役割分担と目ざす姿)のか? 法人経営者及び幹部の視点でから考えてみます。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

個人情報

個人情報漏えいワースト5!現場のうっかりを防ぐアイディア

 前号に続き、ご利用者の個人情報保護がテーマです。個人情報はどのようなときに外部に漏えいするのか。現場で起きやすい、けれども起きては困る事例ワースト5と、その予防策を見ていきましょう。 第一位 利用者 …

no image

貧しくても幸せな国から学びたい―――キューバ調査を終えて

この夏、キューバの医療・介護事情を視察した筆者は、アメリカと歴史的和解をしながらも、今もなお続く経済危機のなかで、人々が毎日の暮らしを楽しみ、誇りを持って生きている姿に接し、感銘を受ける。そんな状況下 …

no image

第9回日本の福祉現場力を高める研究大会~KAIGO NO MIRAI未来の社会は「介護現場」から創るvol.1 介護の新たな可能性と問題解決力に焦点

今年で9回目を迎え、年を追うごとに注目度が上がる「日本の福祉現場力を高める研究大会」。いまや福祉業界の代表的なイベントとなっている。 2月19日の日比谷公会堂は、2階まで入場者であふれていた。学生、介 …

no image

コーディネーターの役割とは―在宅ケアに誰が責任を持つのか

目次1 終末期の迎え方の難しさを実感する出来事2 その人の生活全体を見るイギリスのかかりつけ医GPの存在実3 日本においても家庭医養成と制度確立が課題 終末期の迎え方の難しさを実感する出来事 100歳 …

no image

石井英寿さん(宅老所・デイサービス/いしいさん家 代表)お年寄りも子どもも、いろんな人が、みんな一緒に「ありのまま」でいられる居場所vol.1

「人間はみんな一緒。どんな人も断らず受け入れる」「ありのままに過ごす」「今を楽しむ」、それが「いしいさん家」のスタイルだ。ドキュメンタリー映画でも紹介され、メディアで「スーパー介護士」として取り上げら …