「フレイル」を介護の現場に広げよう


投稿日: 更新日:

全国の介護予防の現場で、フレイル(虚弱)という考え方が急速に広がりつつある。これまでは介護予防といっても内容は千差万別で、介護予防による改善度を測るモノがなかったが「フレイル」の登場により、わかりやすい物差しができたようにも見える。介護事業者としても、このフレイルを取り入れた事業を展開できないだろうか。

フレイルとは要介護の一歩手前で、筋力や活動が低下する状態

日本老年医学会の定義によると、フレイルとは要介護の一歩手前で、筋力や活動が低下する状態をさす。高齢者になればなるほど筋力が衰える。その状態を「サルコペニア」というが、さらに生活機能全般が低下する状態になることを「フレイル」と呼ぶ。

高齢者はこの状態に陥りやすいが、フレイルの段階で気づき、なんらかの手を打てば、回復できるという。

それを明らかにしたのが、千葉県柏市で地域包括ケアのモデルづくりに取り組む東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢准教授らの調査・研究である。

2012年から柏市の高齢者を対象にフレイルの大規模な研究、調査を実施した結果、フレイルから要介護状態に陥りやすい高齢者の傾向を明らかにし、フレイルの簡易チェック表も作成し、さらにフレイル状態から回復するための処方箋も示せるまでの成果を得た。

11項目にわたる簡易チェックリストと筋肉量の目安となる「指輪っかテスト」でフレイルを判断

この調査・研究によると、フレイルの前段階のサルコペニア状態を招く要因は三つある。

栄養(食と口腔)と運動、社会参加である。

飯島准教授らはそれらを三位一体と呼ぶ。

この三つの中でも、とりわけ重要なのが社会参加をするという意味での「社会性」である。

高齢者の食事調査によると、同居者がいても3度とも食事を一人でする高齢者は、1日1回でも誰かと食事をとる高齢者に比べて、うつ傾向になる確率が4.1倍にもなるという。

家にとじこもりがちな高齢者と外に出かけることが多い高齢者を比べると、外出せずに人とのつながりも乏しい高齢者は、歩行障がいや認知症のリスクも高いこともわかった。

そうした調査結果から同機構は食事の習慣や口腔ケア、運動、社会参加など11項目にわたる簡易チェックリストを作成、さらに両手の親指と人さし指で輪を作り、足のふくろはぎの一番太い部分をつかめるかどうかで調べる「指輪っかテスト」も考案した。その指輪に隙間ができると、筋肉量が少なくなっているという目安になるという。

この簡易チェックで「要注意」となれば、食事と口腔ケア、低栄養に気をつけ、また、地域の人々と会食するようにしたり、地域のグループにも加わり、運動にも心がける、といった対策も打てる。

介護予防のチェックと対策をはじめてわかりやすく示した画期的な成果

これまでの介護予防における取り組みからすると、この調査・研究は画期的なものと評価できるのではないか。

振り返ると、2000年に介護保険がスタートしてから、最大の改正となったのは、介護予防を柱とした2006年からの改正である。

自立支援を介護保険法の目的に掲げながら、自立になかなかつながらず、介護保険のサービスを受けても状態の維持にとどまらず、むしろ介護度が悪化する高齢者が増えた反省からだ。

保険者である全国の市町村や介護事業所はこぞって筋力リハのための高額な機器を導入したり、さまざまな介護予防の教室や○○体操に取り組んだが、成果はなかなか上がらなかった。上がっているかどうか、それを図る物差し(エビデンス)がないために、いわば暗中模索で介護予防に取り組んで来た市町村が多かったように思える。

東大の飯島グループの研究成果は、介護予防のチェックと対策をはじめてわかりやすく示してくれたという意味で、ひと筋の光明にも見える。

この「柏モデル」の簡易チェック表は神奈川県のいくつかの市町村をはじめ、全国の自治体で採用されつつある。フレイルの統一的な判断基準づくりは、これからさらに精査していく必要はあるだろうが、それぞれの地域や介護事業者が、この研究成果をもとに地域の実情に応じて工夫し、まちづくりとして住民参加型の取り組みを広げていくことを心から期待したい。



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その12 マザーズハローワークと都立職業能力開発センターの活用

女性のワーク・ライフ・バランスに留意した、働きやすい職場をアピールすることは、事業所アピールには欠かせない。マザーズハローワークを通じた求人募集はそういった意味で子育て中の母親たちを労働力として確保す …

情報の管理、どこまで徹底?最近の現場事情から

 高度情報化時代。一人が一台携帯電話を持つようになり、今はスマホが当たり前になりました。連絡や情報検索は便利になりましたが、簡単に他人同士が繋がり、SNSで不特定多数に拡散できるようになると、その分個 …

no image

NPO法人シニアライフセラピー研究所 Vol.1 ボランティアを積極的に育成し、“おたがいさま”の風土をつくる

神奈川県藤沢市鵠沼地区に9年前、小さなNPO法人が産声を上げた。職員は立ち上げた鈴木しげさんただ一人。地域のニーズに応えていくうちに、気がつけば事業数は今や65にも及ぶ。シニアの人生(シニアライフ)を …

no image

地域づくりで一歩先を行く武蔵野市 総合事業担当者の吉田さんにインタビュー 総合事業の介護への影響とは?

目次1 武蔵野市ではどのように総合事業を考えているのか2 なぜ総合事業が実施されるのか3 介護事業者の方は今後、専門職として中重度者・認知症の方への対応にシフトしていくことが必要になる4 「通所型サー …

no image

地域包括ケア時代に、医療と介護は何を求められるか?―2.「ケアの質と倫理」

よりよい在宅医療のプラットフォームを作るために、医療や介護など、多職種がともに学び合う定期研修会・在宅医療カレッジ。その特別企画『地域包括ケア時代に求められる医療と介護の役割』で交わされたディスカッシ …