採用面接時の作法~面接で聞いていいこと、いけないこと~


投稿日: 更新日:

新規職員の募集をかけ雇用する際、皆様はどんな面接を行っていますでしょうか? 実は応募者に聞いていいこと、いけないことがあり、また「これは聞いておいた方がよい」という効果的な質問項目もあります。知らず知らずのうちに誤った方法で面接をしていたということもあるかもしれません。本コラムを参考に面接技術をブラッシュアップして頂ければと思います。

面接で聞いてはいけないこと

厚生労働省は、採用選考について「応募者の基本的人権を尊重すること、応募者の適性・能力のみを基準として行うことの2点を基本的な考え方として実施することが大切です」とアナウンスしています(厚労省ホームページ「公正な採用選考の基本」)。

面接はコミュニケーションですから中には判断が微妙なケースも出てくるかと思いますが、迷ったときは上記観点を意識して臨めば間違いないでしょう。要するに、応募者の人生観や考え方、生まれながらの個性に着目して選別すると、好き嫌いで選ぶことや不当な差別につながりかねないため、飽くまで「仕事をする仲間を迎え入れるためのチェック」という本来の目的を忘れず行ってください、という意味です。

厚労省が具体的に「就職差別につながるおそれがある」とする質問項目は、下記囲みのとおりです。

「尊敬する人物」も聞いてはいけないというのは、ユニークですがうっかり尋ねてしまいそうですね。実際の場面では、応募者をリラックスさせるために世間話のつもりで口にしてしまいそうな事柄が多い様です。他意が無くとも、相手がどう受け止めるかは分かりません。不用意な質問をしないように注意しましょう。そのためにも、面接時の質問リストを整備しそれに沿って尋ねるようにすることは必須といえます。

うつ病などの精神病の既往症は?

それでは、「うつ病をはじめとする精神病の既往歴」を尋ねることはどうでしょうか。一見プライバシーに関することなのでNGと思われますが……。

実は「質問してよい」のです。厚労省が明文でお墨付きを出した訳ではないのですが、基本的な考え方として「業務の目的達成に必要な範囲内」の質問、つまりこれから就こうとする仕事に関係する内容であれば尋ねても問題は無いとされています。

介護の仕事は特にメンタル面が重要であり、うつ病等にり患すると明らかに業務の遂行に支障が出るため、採用時の面接で精神疾患を含めた過去の病歴を確認することは、原則認められています(ただしHIV、B型・C型肝炎等については尋ねてはいけません)。ただし、飽くまで必要な範囲に限られるという前提があるため、例えば「回答はあくまで任意であって、答えたくなければ答えなくてもよい」と前置きする等、何らかの配慮は必要です。

また、事前に、なぜこの質問をするのかを次の様に説明するとなお理解を得やすいでしょう。

「介護の仕事は、感情労働であるといわれます。感情労働とは、「感情の抑制や鈍麻、緊張、忍耐などが必須とされる職業」のことを言います。コールセンターや銀行の案内係などのサービス業が多く当てはまりますね。勿論肉体労働、頭脳労働の側面もあるのですが、生身の人間であるご利用者と日々向き合う仕事であり、中には認知症であり普段のコミュニケーションが通用しない方等もおられ、慣れないうちは精神的な負担やストレスも相応にあるかと思います。ですから介護職は、まず心身共に健康であることが求められる仕事といえます。そのため、○○さんにうちで働いて頂くことになった後もストレスに負けずに長く続けて頂くためにお尋ねしたいのですが、過去2年間において、うつ病と診断されたり、そのために通院されたことはありますか? もちろん、無理にお答え頂く必要はありませんし、守秘義務がありますのでお伺いしたことは絶対に口外することはありません」

ものの本では、採用に際しアンケートを採るという建前で書面に記入させる方法も紹介されてはいますが、そこまではせずとも良いかと考えます。上記の様に口頭でさらりと尋ねてみるのが無難でしょう。

なお、採用後の誓約書に、誓約事項として「職務の妨げとなるようなうつ病等の精神疾患の既往歴がなく、現在もないこと」等と挙げることは勿論問題ありません。また当たり前の話ですが、うつ病だからといって採用してはいけないということもありませんので、適材適所で入ってもらえるポストがあれば、人手不足のご時世ですからむしろ積極的に雇用しても良いでしょう。いずれにせよ、各人個別の兆候をできるだけ早く察知する工夫を考えらえると、より効率的な人材登用に繋がっていくのです。



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

NPO法人シニアライフセラピー研究所 Vol.2 ボランティアを積極的に育成し、“おたがいさま”の風土をつくる高齢者から“子育ち”の親たち、さらに障害者支援へ。「夢をかたちに」事業を拡大

傾聴ボランティア養成講座を始めた2007年、鈴木さんは左目を障害するという大きな事故に見舞われる。いつ仕事ができなくなるかわからないと悟った鈴木さんは、『使命感』をもって新たな事業に取り組みはじめた。 …

no image

軽度者への支援のあり方について

今回は平成28年7月20日行われた第60回社会保障審議会介護保険部会資料より「軽度者への支援のあり方」について内容を解説していきたいと思います。昨年の4月27日に開催された財政制度分科会にて財務省が要 …

no image

在宅のご利用者の徘徊、危険運転リスクにどう対処すべき?ー2

前回、在宅のご利用者が認知症だった場合の事故リスクを取り上げました。運転をやめないご利用者Aさんが事故を起こし第三者に怪我を負わせた場合、担当ケアマネであるBさんが責任を負うかという問題について、別居 …

no image

保険者等による地域分析と対応

今回は平成28年4月22日に行われた第57回社会保障審議会介護保険部会の資料より保険者等(市町村)による地域分析と対応について解説したいと思います。介護費用が増加の一歩を辿る中、保険者ごとに抱える問題 …

no image

柏市の取り組みを追うVol.1 柏北部地域包括支援センター 地域の課題に向きあいネットワークを広げていく

目次1 柏北部地域包括支援センター設立の経緯は?2 シニア男性の孤立を予防しています3 地域の介護従事者と共に介護ロスに対する取り組みを始めます4 まずは顔を合わせて、多職種が繋がることが大切5 住民 …