人材定着とスタッフのモチベーション維持のために行っていること


投稿日: 更新日:

新入職員が1年目で離職する率が10%といわれています。せっかく入った仲間が離職しないためにできることって何があるのでしょうか? 今回はその手段を考えていきます。たいしたことではないかもしれませんが、私自身が実際に行っている3点ほどを紹介したいと思います。

職員が関わり合い、交わる場所を仕掛ける

1つ目は、職員が交流できる場所やきっかけづくり。

休憩室などに職員がおしゃべりするネタやきっかけを置いておきます。

たとえば、コーヒーや紅茶などを自由に飲めるように用意しておく。休憩しながら一緒に好きなものが飲める環境があると、会話は自然に生まれてきます。

さらにお菓子などつまめるものを、決まって置いておきます。女性が多い介護の職場でちょこっとつまめるものなどがあると、とっても喜んでくれます。また、お菓子や飲み物を通して、何が好きなのかなど知ることができます。

ここで大事なのが「仕事じゃない話をする」ことです。お互いの好きなものや共通点などを知るきっかけづくりなどができる環境があると、必然的にコミュニケーションが生まれ、仲間意識が強くなります。

食べものや飲み物の他にも雑誌など置いておいても会話のきっかけづくりになりますね。

大金がかからずにコミュニケーションを生み出す休憩室を作っていくことで、職場の居心地がとても良くなると思います。

飲みニケーションを定期的に行う

2つ目は、飲みニケーションについてです。

ただの飲み会好きと捉えられちゃうかもしれませんか、職場外、または利用者さんがいなくなった後の職場を使って、飲み会を2?3ヵ月おきに定期的に実施しています。

「お酒飲まないから……」なんて言わずに食事会でもいいので、仕事外で一緒に職員同士が楽しむ時間を作るのがとってもいいと思います。

飲み会こそが、仕事以外での相手を知る良い機会となります。

一緒に楽しい時間を過ごすことで、「意外とあの人って実はこんな人だったんだ」とか、「あまり喋ったことなかったけど、意外と話が合うな」なんてことがでてきます。

ケアプラン同様に相手のことを知るためのヒヤリングになったりするのです。

このとき、可能でしたら、職員の家族とかも呼んでしまうのです。一緒に働く職員もその家族も、仲間です。職員が働くことを支え、理解してくれる家族にも職場を知ってもらうことで、安心や信頼につながると思います。

提案を受け入れ即実行

3つ目は、職員の提案を受け入れてすぐに実行することです。

誰にでも気づきや思いつくことがあると思います。そんな小さな想いをまずは聞く。そして「なるほど」受け入れる。

絶対やっちゃ無駄目なのは「でも……」なんて口にすること。相談や気づきを共有してくれる環境をつくるには、この部分が絶対に大事です。

話してくれた相手はあなたを見ています。

「この人には話がしやすい」「話を聞いてくれる」と思ってもらわないと、いくら待っていても話しかけてくれたりなんて絶対にないですし、会話機会は減っていくでしょう。ちゃんと話を聞いてくれている、と思ってもらわないといけません。

そんなときに「でも……」なんて言ったらどうでしょうか? 相手は「この人は話を聞いてくれない」と本能的に感じると思います。部下を持っている方は注意しましょう。

そして、 話を聞いたらそれで終わりにしないことです。いいアイデアや実行可能なことはチャレンジする(=実行する)ことが重要です。

言ったことが実行された。という事実をしっかり残すこと。

上手くいくこともあるでしょうし、チャレンジなので失敗もあるでしょう。しかし、チャレンジがないと新しい気づきが生まれてきません。

チャレンジして評価していく。そして上手くいっても上手くいかなくてもその原因をしっかり見つめてみることが大事になります。

職員はやりたいことや気づき、想いを実行できると、仕事へのモチベーションややる気につながります。

これら3つは簡単なことばかりで、もうすでにされている方も多いかもしれません。まだやったことがないな、という点があればぜひ、チャレンジしてみてくださいね。



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

地域包括ケア・・わかりにくさの罪

目次1 地域包括ケア特有のわかりにくさに、市町村はどう対応するのか?2 利用者が望むニーズを見極めたサービスの展開が、事業者には問われる3 事業者はわかりやすさの実践で、経営の改善化に努めたい 地域包 …

no image

浮かびあがった2018年度からの第七期介護保険改正の課題

昨年12月初頭に、介護保険部会で2018年度改正に関する取りまとめに向けた意見書が明らかにされた。そのなかでも地域包括ケアの推進と深化は大きなテーマとして挙げられている。これに関して筆者は、昨年11月 …

no image

株式会社ヒューマンアフィニティー はすぬま訪問介護事業所vol.2難しいケースほどワクワクする

事業所としては、この地域で後発にあたる、「はすぬま訪問介護事業所」。困難事例を積極的に引き受けていくうちに、どんどんケアマネジャーから、案件が来るようになった。また、重い障害のある利用者も積極的に引き …

no image

在宅のご利用者の徘徊、危険運転リスクにどう対処すべき?ー2

前回、在宅のご利用者が認知症だった場合の事故リスクを取り上げました。運転をやめないご利用者Aさんが事故を起こし第三者に怪我を負わせた場合、担当ケアマネであるBさんが責任を負うかという問題について、別居 …

no image

「ご立派!ご立派!」天国から聴こえるお義父さんの声……~女流講談師・田辺鶴瑛さんが紡ぐ「介護講談」~

今回は「介護を語れる」きっかけの1つになる映画を紹介します。自主上映の形で今月から公開される女性講談師・田辺鶴瑛さんが実母、義母、そして義父の3人の介護体験を元に創作したオリジナル講談を収録したドキュ …