介護を公益事業にした先駆者に学ぶ


投稿日: 更新日:

こぶし園の小山さんの先駆的取り組みから学んだ地域包括ケアシステム

 

筆者はシンポジウムで何度がご一緒させていただいた程度で、そんなに深い付き合いがあったわけではない。小山さんの取り組みを知るにつれ、まさにいま進められつつある地域包括ケアシステムの先進的な取り組みの一つではないか、と改めて気づかされた。

 

30年以上前の1982年、在宅で生活する高齢者を受け入れるショートステイを特別養護老人ホーム内に80床も作ったのを皮切りに、特別養護老人ホームのサテライトで24時間体制で供給できる介護、看護サービスを徐々に整備、毎日3食の配食も始めた。

グループホームや小規模多機能居宅介護も設立、2002年からは、サポートセンターという拠点づくりを開始、これまでに15カ所のサポートセンターを作り、18万人の長岡市をカバーするエリアを決め、24時間安心して暮らせるサービス提供システムを作り上げた。2014年には、山の上にあった100床の特別養護老人ホームを廃止、それを見届けるかのように自らの人生を終えた。

 

高齢者が望む在宅での生活を支えるということ

 

数々の名言を残した。

「登山者(利用者)のニーズは山頂に登ること(暮らしの継続)で、 山小屋(施設)に入ることではない。登山道 の復旧(在宅サービスの拡充)が求められている」という言葉もその一つである

特養は一部の高齢者しか利用できず、しかもほとんどがその利用を望んだものではない。高齢者が望む在宅での生活(暮らしの継続)を支えることが、小山さんがめざした取り組みだった。それを登山に例えて説明した。

 

ご一緒させて頂いたシンポジウムで、自身の取り組みについて「簡単なことなんですよ」とこともなげに言いきった。見方によっては不遜とも受け取れる言葉ではあったが、在宅で暮らし続けたいという利用者の思いを受け止め、それに対応できるようサービスを創設、拡充してきた改革は、小山さんにとって自然の成り行きだったのだろう。2011年3月11日の東日本大震災直後、現地に乗り込んだ小山さんは体育館でユニットに仕切られ、「やむなく一時避難してきた」被災者状況と施設での高齢者生活と類似していることを見抜いた。

 

時代とニーズをとらえる感性と行動力を持つ事業者に

介護事業に関わる人々にとって、小山さんの取り組みをどう受け止めるべきだろうか。

2000年に介護保険が始まってから、まだ満14年しかたっていない介護事業は繰り返される法改正の中で、ビジネスモデルが確立したわけではない。

 

2015年度から本格的に市町村で始まる地域包括ケア体制。その構築が始まったいま、事業者にとって介護保険始まって以来の正念場を迎えている。

 

一つは介護という専門性のあり方が問い直されていることである。

2015年度介護報酬改定は介護事業者にとっては厳しい2.27%のマイナス改定とはなったが、在宅医療・介護の推進という立場から、認知症対応の通所介護や重度者対応の短期入所、さらに高齢者リハ見直し加算をした。在宅サービスでの認知症対応や中重度者への対応ができる専門性を持つ事業所にとっては、不利にならない改定であろう。

その意味では、認知症ケアや中重度者への対応についてより専門性を持つ事業者が地域で評価される方向が加速されよう。

 

要支援1と2へのサービスのうち市町村に移行する訪問介護、通所介護も含めた日常生活支援総合事業は、介護予防や認知症ケアの専門性を持つ事業と、専門職の配置を緩和したサービスや専門職ではない人々による生活支援もできるサービスの導入も認める。

事業者にとっては、地域に密着した柔軟なサービスを専門資格を持たないスタッフを活用して展開できるのかというマネイジメントも問われることになる。

 

目先の動きや利益にとらわれず、ビジネスと公益性を両立すること

 

何より大事なことは、目先の動きや利益にとらわれず、地域や利用者が何を求めているのか、それをとらえるアンテナを持ち、それを具体化する行動力であろう。

 

ビジネスと公益性とを両立させることが介護という事業の信頼性を高め、経営の安定にもつながる。それを実現した小山さんの取り組みは、これからの介護事業の確かな方向性を示してくれているように思われる。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」 vol.4

目次1 地域住民の安心・安全な医療・介護サービスの提供のために。勇気ある連携・協働・統合を!2 改善策について 地域住民の安心・安全な医療・介護サービスの提供のために。勇気ある連携・協働・統合を! 医 …

no image

飯島惠子さん(NPO法人ゆいの里 代表)地域の“もったいない力”を活かして。互いにささえ合うまちに Vol.1「デイホームホットスペースゆい」

地域の人たちが、互いにゆるやかにささえ合う「場」をどうやってつくるのか? 栃木県那須塩原市にある、NPO法人ゆいの里代表の飯島惠子さんは、この問いに対し、平成8年よりソーシャルワークを積み重ねてきた。 …

no image

平成26年度 高齢者虐待防止法等の対応状況に関する調査結果について

今回は平成28年2月5日に厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室が発表している平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結 …

no image

在宅のご利用者の徘徊、危険運転リスクにどう対処すべき?ー2

前回、在宅のご利用者が認知症だった場合の事故リスクを取り上げました。運転をやめないご利用者Aさんが事故を起こし第三者に怪我を負わせた場合、担当ケアマネであるBさんが責任を負うかという問題について、別居 …

no image

報酬改定の影響は如何ほど?今年と昨年4月の介護給付費等実態調査月報の比較

目次1 介護給付費等実態調査月報とは2 介護サービス受給者1人当たり費用額,要介護状態区分・サービス種類別の昨対比3 介護サービス単位数,要介護状態区分・サービス種類内容別の昨対比4 介護サービス受給 …