家庭内虐待を発見、そのとき事業所は?

投稿日:2016年7月20日 更新日:

親一人、子一人の家庭で起きた虐待被疑事件

ご利用者Aさん(87歳女性、要介護度4、認知症)は、Aさんの長男Bさん(62歳、独身、パート職)と実家で二人暮らし。ご主人が4年前に亡くなるまでは夫婦で暮らしていましたが、一人になってから認知症が急に進み、Bさんが見かねて実家に戻り、在宅介護をしながら共同生活する様になりました。

 

今は訪問介護を週4回、デイサービスを週2回利用しています。たまにショートステイを使うこともあります。

 

Bさんが戻ってきた当初、介護事業所との関係は概ね良好でした。Bさんは介護に熱心で、転倒骨折して体力の落ちたAさんを「自分が回復させてあげる」と意気込んでいました。ところが、AさんとしてはそんなBさんの情熱を受け止めきれず、また高齢なのでこれ以上トレーニングに励んでも回復するとは思えず、「しんどいので放っておいてほしい」と漏らすようになりました。

 

ある日訪問介護に入ったヘルパーのCさんは、Bさんの外出中、Aさんの左目のまわりに大きな青黒い痣があることに気づきました。「どうしたの」と驚いて尋ねたところ、Aさんは「息子にやられた」と答えました。Aさんはデイのときも服装が乱れていたり、替えのおむつをBさんから貰えなかったりと不自然なことが起き、周りも心配していた様です。「これは、いわゆる虐待なのかしら?」Cさんは悩みました。

 

この場合、Cさんはどうすべきでしょうか? まずは直属の上司にあたるサ責等、事業所に報告することが無難であり、実際に多くの方がそうするでしょう。ではその後事業所としてはどう対応すればよいのでしょうか。

 

知らなかったことにすることは流石にまずそうですが、一方で行政や地域包括に通報し大ごとにしてしまうと、後から調査して万一虐待ではなかった場合、長男のBさんから責められ関係性も悪化するであろうことは明白であり、悩ましいところです。

 

虐待に関する法律の定め

まず本件が「虐待」に該当するかについては、身体的虐待に当たる可能性があるところ、法律上次のように定義されています。

 

「高齢者の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること」(高齢者虐待防止法2条4項1号イ)

 

そして、虐待を受けたと思われる高齢者を発見した者は、「速やかに、これを市町村に通報しなければならない」とされています(法7条、通報義務)。

 

すると、Aさんが「息子にやられた」とはっきり言っている以上、「虐待を受けたと思われる」ことは明らかなので、やはり行政に通報しなければならないといえそうです。まさか張本人のBさんに「あなたはお母様を虐待したのですか?」等と尋ねる訳にもいきませんから、裏を取ることも難しく、そうこうしている内にエスカレートして取り返しのつかない危害に及んでしまうかもしれない……。

 

虐待認定は慎重に!

ですが、ここで一度落ち着いて立ち止まってください。まずAさんは認知症です。また、虐待を受けたという事実は最低限、「いつ、どこで、どのような方法によりなされたか」がある程度特定できる必要があります。もしかするとAさんは、自分でバランスを崩して転倒し、その拍子に顔面をぶつけてしまったのかもしれません。

 

刑事事件の手続では、「疑わしきは被告人の利益に」という大原則があります。被告人、すなわち容疑をかけられている者は、自ら身の潔白を立証する必要はなく、責任を追及する側が証明しなければならないというものです。

 

高齢者虐待防止法に定められる「身体的虐待」については、罰則が無い以上刑罰には当たらないのですが、養護者である家族が「虐待者」のレッテルを貼られることは本人にしてみれば耐え難い屈辱ですし、実質的なペナルティと言い得る「措置」が虐待認定の後に控えている以上、周囲はできる限り情報を収集し慎重に判断しなければなりません。少なくとも、事例のように一回だけ虐待が疑われる事態に遭遇しただけで即断することは時期尚早といえるでしょう。

 

「そうはいっても、いざ最悪の事態が生じたとき、看過したと責められるのは周りの事業所ではないの? 一体どうすればいいんですか」という声が聞こえてきそうです。長くなりましたので、具体的な対処法は次号で詳しく解説します。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

松尾愛美さん(ひまわり訪問看護ステーション代表)人材が育って時期が整ったら事業拡大もvol.3

事業を順調に拡大し、収益を確実にのばしてきた松尾さんだが、さらに事業を広げるには、人材の成長がさらに必要だという。質のよい看護や介護を提供するためには、スタッフが育ち、ツブがそろうことで、初めて新しい …

no image

「ご立派!ご立派!」天国から聴こえるお義父さんの声……~女流講談師・田辺鶴瑛さんが紡ぐ「介護講談」~

介護の伝え手として出来ること 後を絶たない介護や看護疲れによる介護殺人。埼玉県小川町では77歳の妻を殺害した83歳の夫が逮捕後に食事を拒否し病院で死亡するという事件がありました。   警察庁 …

no image

起業のために必要なポイント―10.開業後の光と影

順風満帆にはいかないのがあたりまえ 今まで、開業に向けてのステップを、順を追って話してきました。   いよいよ最終回となりますが、伝えておきたいことがあります。   それは、「開業 …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とはー2

懲戒解雇よりハードルの低い「普通解雇」 就業規則を見直したことのある方は、こんな疑問を持たれたかもしれません。「解雇と懲戒解雇って、どう違うのだろう? 規定の仕方が被っている様な気がするが……」 &n …

no image

介護現場で感じたこと~介護ラボしゅうの誕生きっかけ~

介護事業者ネットワーク「介護ラボしゅう」。この会を立ち上げるきっかけは、現場での経験にありました。第一回目の今回は、中浜はどんなやつなのか。そして私が介護現場に入り、感じたことはどんなことだったのか、 …