起業のために必要な10のポイント―5.保険


投稿日: 更新日:

だれだって、事故は起こしたくない。事業を担う経営者であればなおのこと、リスクは回避したい。でも、どんなに気をつけていても、事故は起こってしまうこともある。特に賠償責任は必ず入らなければならない保険だ。賠償対象となる事故事例も含めて紹介したい。

絶対起こさないと思っても起きてしまう事故。事業を行う際にはリスクを常に考えておく必要がある

介護サービスを行ううえで常に考えなければいけないことがあります。

それは、事故です。

事故は、起こそうと思って起こす人はいません。また、絶対に起こさないと思っていても、起きてしまうのが事故です。事業を行うにあたり、常にリスクを考えて経営を行っていきましょう。

私自身も、15年間介護現場に携わってきたなかで、さまざまな事故に遭遇しました。

前職のときには、スタッフの介助中に利用者が転倒し、足を骨折する事故がありました。すぐに看護師に見てもらい、救急車の手配をし、同時に家族、ケアマネージャーに報告を入れました。

利用者は大腿骨頚部骨折で、そのまま入院となりました。ご家族は最初、とても立腹されました。

事業所として、ご家族に説明と対応を真摯に行い続け、何度も話し合い、和解することができましたが、このような一つの事故によって、本人、ご家族、また事故に関わったスタッフ、多くの方々が傷つきます。

賠償金が高額になることもあるので、必ず賠償保険に加入する

また、賠償金が高額になることもありますので、利用者やご家族、スタッフや会社、みんなを守るためにも、必ず賠償保険に加入して、事故の場合はどう対応するのかを、さまざまなケースで想定し、理解しておくことが、経営者に求められてきます。

以下は、簡単な説明になりますので、実際に、保険に加入する際には、保険屋さんから詳しい説明を受けてください。

保険加入について

賠償責任保険は、指定申請の時点で必ず入っていなくてはなりません。

賠償責任保険とは、介護業務を行う事業者の皆さまが業務中に他人の身体を傷つけたり、他人の物を壊したり、または、ケアプランの作成ミスにより利用者に過剰な経済的負担をかけ、法律上の損害賠償責任を負担しなければならないような場合に、その賠償金等を補償します。

賠償の対象となる事故事例を簡単に紹介しましょう。

・管理財物の事故

利用者の介護ベッドを操作ミスで壊すといった、利用者の所有物の管理中に起因する事故です。

・業務遂行中の事故

高齢者を介助中にケガを負わせてしまう事故です。

・施設での事故

施設の設備が壊れていて利用者にケガを負わせてしまう事故です。

・業務の結果による事故

食中毒等の事故です。

・経済的損失

ケアプランの作成ミスによって、本来受けられるサービスが受けられなくなり、経済的損失を受けること等です。

・人格権侵害

利用者のプライバシーを侵害してしまうことです。

介護事業者向けの賠償保険とは?

保険屋さんに介護事業者の入る保険といえば、すぐにわかるくらいメジャーなものです。ですから、知り合いの保険屋さんがいたら相談してください。

ただ、保険料は年間で数十万円かかります。

また、新設の事業者を対象にした1年間無料のサービスなどもあるようなので、多方面に、まずは相談してみるのも一つの手ですね。



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

地域包括ケア・・わかりにくさの罪

目次1 地域包括ケア特有のわかりにくさに、市町村はどう対応するのか?2 利用者が望むニーズを見極めたサービスの展開が、事業者には問われる3 事業者はわかりやすさの実践で、経営の改善化に努めたい 地域包 …

no image

認知症ケアの第一人者、福島富和先生に聞く、認知症スタッフ研修と地域包括ケアシステム

  医療法人社団 明正会グループ 日本認知症ケア研究所所長 福島 富和(ふくしま とみかず)先生 日本認知症ケア学会代議員(各種委員等) NPO法人あかり(認知症ケア・市民後見人)理事長 ( …

no image

介護にまつわる身近なテーマをもとに集い、自由な対話を楽しむ―未来をつくるKaigoカフェVol.1

目次1 私たち介護職がもっと自分らしくいきいきと働くために2 カフェは、勉強会や研修会ではなく自由な対話形式で進めていくのが特長3 肩書や役職を外して語り合うことで生まれる情報発信力やチーム力4 コミ …

no image

井上信太郎さん(こころのひろば代表取締役)Vol.3 挫折体験を最大限に活かした介護事業への道

地域の人が本当に必要な支援とは何か、自分に何ができるのか…と模索し続けた井上信太郎さんの想いを実現するための第一歩は、訪問介護。妻と母、友人と一緒に4人で始めた小さな事業所でしたが、赤字経営を乗り切り …

no image

訪問介護事業 成長のカギ・サービス提供責任者に求められる能力Vol.3

  目次1 想像力と発想力に対する評価2 介護職員の質を高める役割3 最後に サービス提供責任者を育てる 想像力と発想力に対する評価 ヘルパーの方々は、利用者ひとりひとりの環境や背景、能力や …