「介護しながら仕事続けてる!」今こそ声を上げよう……ー2

投稿日:2016年6月17日 更新日:

夢は未来を照らす“光”に……

介護保険制度の無い中で「どうして介護と仕事が両立できたのか?」と質問されることがあります。もちろん家族のサポートがあったから実現できたことでしたが、もう一つ大きな理由があります。アナウンサーになることは子供の頃からの夢でした。そのアナウンサーになれたことが私の精神的な支えとなったからです。

 

自分の睡眠時間を削りながら母や家族のために多くの時間を費やさなければなりませんでしたが、体力的に辛い時でも困難を乗り越えるだけの精神的なバランスや心の強さを持つことができました。育児と違い介護には終わりが見えないと言われますが、それでもやはり必ず終わりが来ます。しかも、介護は大切な家族が居なくなるという形で。

 

もし仕事を辞めていて経済的にも親の年金を頼りに生活していたら……介護が終わった後に、自分の手の中に何も残っていない状況を想像してみて下さい。だからこそ、介護に直面している時から“介護、その後”を考えて、介護サービスを上手に利用しながら自分の人生も大切にして欲しいと思います。人は夢を食べて生きていくことはできないと言いますが、“夢”や“希望”を持ち続けることは、先の見えない道を歩く人間にとって未来を照らす光になると信じています。

 

両立の鍵は「柔軟な働き方」

確かにアナウンサーは勤務時間が不規則な仕事で大変な面もありました。ですが20年前にすでに「フレックスタイム」の働き方を出来たという点で介護との両立に向いていたと言えます。それぞれ担当する番組によって出勤時間や退社時間が違ってきます。例えば私が早朝番組を担当していた時は、夜中2時前にタクシーが家に迎えに来ましたが、その代り遅くとも夕方には帰宅でき、それから買い物や家族のご飯を作ることが出来ました。母が寝ている間に仕事をこなすことで、日中は母と過ごす時間をつくることが出来たのです。

 

また全員が同じ時間に働いていないので「私だけが介護を理由に早く帰っている」という申し訳ない思いや罪悪感を持たなくて済んだことも大きかったと思います。これからは全ての人が介護に直面するのだから申し訳ないと思う必要はありません。介護と仕事の両立を実現するためにはどうしたらいいのか、その答えは明白です。一日も早くその人のライフスタイルに合った“柔軟な働き方”を導入することなのです。

 

ですが現実に目を向けてみると介護休業を取得している人はわずか3.2%(2012年度)です。93日という短さに加え、要介護になった家族1人に1回しか取れないという使い勝手の悪さが影響しているのは間違いありません。また介護のために転職した人の中で、正社員として働けている人は男性で3人に1人、女性で5人に1人という調査結果もあり、多くの人の収入は半分になっています。

 

そんな中、「介護離職ゼロ」を目指し大企業を中心に柔軟な働き方を導入する動きが出てきています。93日しかない介護休暇を365日に拡大したり、分割して休みを取れるようにするなど。介護離職している年代は40代から50代が多く中間管理職にあたる人材です。介護離職は個人の問題ではなく、会社にとって“人材流出”という大きな損失であるという自覚が広がっているのです。

 

99%の男性の意識改革を!

一度、手離したキャリアを取り戻すことは容易ではありません。国の制度が変わるのを待っていては離職者を減らすことは出来ません。今こうしている間にも苦汁の選択を迫られている人がいるのです。そして、未だに介護離職している人の多くが女性であるということも忘れてはなりません。

 

個人の努力には限界があり柔軟な働き方を実現するためには会社のトップや職場の管理職の意識を変える必要があります。全国の女性社長の割合は確かに増えていて、2014年には1割を超えたそうです。ですが上場企業の中で女性が社長なのはわずか1%にも満たない現状を見ると、日本では男性がリーダーシップを握っているということになります。国は2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%以上という目標を掲げていますが、これも絵に描いた餅になるのは想像に難くありません。「99%」の男性が意識改革をすることが出来るかどうか……。

 

こうしてこの原稿を書いている間にも、男性だけに介護や育児と仕事の両立の問題を任せてはおけないという認識を新たにしています。これまでも、そして現在も多くの女性が制度や意識の壁と闘ってきています。何も全ての女性が社長にならなくてもいいと思います。自分の人生を大切にしながら育児や介護を両立している人を1人でも増やしていきたいと思います。

 

私も道なき道を歩いた1人ですが、細いながらもすでに道は出来ていると思います。その道を行く人が増えれば必ず大きな道になり、後から続く人が生き易い世の中に繋がるはずです。当事者の声ほど大きな力を持つものはありません。「介護しながら仕事続けてる!」今こそ声を上げましょう。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

医療と介護の一体的な改革が加速 2018年医療・介護ダブル改定を読むー2

介護保険制度見直しの源流はどこにあるか? 上記の医療計画・介護保険事業支援計画のサイクル一致に向け、都道府県としては、介護と医療の連携強化が大きな課題となります。その準備を加速するために、介護保険法や …

no image

介護にまつわる身近なテーマをもとに集い、自由な対話を楽しむ―未来をつくるKaigoカフェVol.1

私たち介護職がもっと自分らしくいきいきと働くために なぜ私がkaigoカフェを始めようと思ったかというと、自身が介護現場で長く働き、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーと資格を取得し従事するなかで …

no image

介護事業所で女性に活き活きと働いてもらう方法ー1

まずは育児・介護に関する諸制度を理解することから・・ 女性が長く働くうえで避けて通れないのが、妊娠、出産と育児である。また、家族の介護においても、まだまだ女性の負担が大きいのが現状であろう。これらと仕 …

no image

貧しくても幸せな国から学びたい―――キューバ調査を終えて

貧しいキューバで世界に冠たるものが医療であり、プライマリ・ケア 7月末から8月にかけての一週間、キューバの医療・介護事情の調査をした。その最終日、首都・ハバナ市のホテルでのライブで聞いた、80歳にもな …

no image

入院医療とこれからの介護ビジョン 2016年度診療報酬改定を読む(1)

これからの医療ビジョンと2016年度改定 団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向け、新たな医療の仕組みが模索されています。その中核とされているのが、療養の場の主体を、医療機関から自宅や居住系施設な …