自分の専門性に疑問を感じ、介護職としての未来に夢をもてない人に、モチベーションを抱いてもらうにはどうしたらよいか?


投稿日: 更新日:

介護職として就職しても、現場の業務に追われ、仕事を振り返ることもままならず、未来に夢を抱けない人が多い。そしてそれが離職の大きな原因ともなっている。介護の仕事に対してモチベーションをもつためにはどうしたらよいのか? 多様な人材をマネージメントできる核となるリーダーを育て、一緒に考えていける土壌をつくることが大切だ。

介護系の資格は一度取ったからそれで終わり、というものではない

介護福祉士や、社会福祉士など介護系の資格は一度取ったからそれで終わりということではなく、日々の気づきを深めるための土台として機能して初めて、その価値が活きてくるのではないかと感じます。

 

介護現場では、毎日のやらなくてはならない業務に追われ、日々の振り返りもままならない現状があります。常に同じ利用者の方や限られた職員同士の関わりの中で、新たな気づきを生み出すことや工夫ができず、毎日がルーティンワークの繰り返しになりがちです。よくエビデンスに基づいた介護を、ということが言われますが、時間に追われる業務の中で確実に評価、検証ができる現場は実際にはどれだけあるでしょうか?

 

専門学校や大学を卒業し、資格を取り、介護現場へ就職した新人にとって、そのような現場の実情を真のあたりにし、自分たちが学び、思い描いてきた介護とはあまりにもかけ離れている現状から理想と現実のギャップに夢やぶれて、離職してしまう、ということもあるかもしれません。ただ介護福祉士や社会福祉士の資格はあくまでも専門性の入り口の部分の知識であって、そこから先はやはり個人がどれだけ現場での実践を自分のものにしていけるか、というところにかかっているといえるかもしれません。土台を持った新人や若者がモチベーションを維持して、いきいきと働き続けられるような現場がもっと増えていくにはどうしたらよいのでしょうか?

 

多様な人材をマネージメントできる、核となる人材を育てることが大切

介護の現場で働く職員には、中途採用で別の業界から入ってきた転職組や、家から近いなどの理由で働く非常勤の女性、介護現場でしか働いたことがない、働けないなどの消極的な理由で介護の仕事を選択している人など、年齢層はもちろん、さまざまな背景とモチベーションの職員がいます。

 

そんな中で、どのように介護の理想を追求していくことができるでしょうか?

 

やはり本来であれば、体系的に介護を学んできた人が組織の核となり、みんなを引っ張っていくリーダーとしてマネージメントの能力を身につけていくことが求められます。

 

すべての職員がそのような能力を身につける必要はないと思いますし、実際にも困難なことでしょう。

 

ただし、多様な人材をマネージメントできる、核となる人材にはさまざまな教育が必要です。一般的に言われる介護の技術や知識などの実務面だけではなく、交渉力やプレゼン力、コミュニケーション全般の能力などについて学ぶことが大切です。そのような教育の機会をどうつくっていけるのか? 小規模な一事業所で難しければ、地域の中の介護事業所同士が連携し合って学びの場をつくる、ということがあってもよいかもしれません。

 

また大手の事業所であれば、リーダー同士が情報交換し、お互いの工夫を共有し合える場をつくるのもよいでしょう。

 

よい現場のリーダーが増えることで、職員のモチベーションが上がり、離職防止につながる

現場ではどうしても、安きに流れやすい現状があるので、常に提供側本位のケアになっていないか、を検証していく目を持つことや、実際に行われている業務の流れをどうしたら今よりももっと運用しやすいものにしていけるのか、本来優先すべき利用者の方と向き合うための時間をどうしたら生み出せるのか、など、さまざまな工夫を現場に落とし込むための行動力も必要です。そのような実践的アイディアなどを、他事業所や他団体から学ぶという視点も必要ですし、同じ目線を持った仲間が得られることで大きな勇気になり、実現につながることもあるかもしれません。

 

思いを行動へつなげていける存在が、現場のリーダーであるべきだと思いますし、そのようなリーダーのいる現場が増えていくことで、職員のモチベーションを維持向上でき、結果的に離職も防ぐことにもつながります。

 

自分の専門性に疑問を感じ、これから先の介護職としての未来に夢を持てない人たちが介護離職しないためにはどうしたらよいか? これからも課題意識を持って考えていきたいと思っています。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

財務省 要介護1、2の生活援助を原則自己負担にすべきと示唆!!

  目次1 平成27年4月27日、財政制度分科会が開催2 作為的な見方をされた「介護保険における軽度者に対する生活援助サービス等の在り方」3 軽度者に対する訪問介護、福祉用具は全額自己負担、 …

no image

ダブル改定で目指される大きな流れ 2018年医療・介護ダブル改定を読むー1

2018年度には再び介護報酬の改定が予定されています。しかも、この年度では2年ごとの診療報酬改定と重なる「ダブル改定」となります。2015年度改正の軸となった医療と介護の一体改革の流れが加速する中、両 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その5.ほかによい「打ち手」はないのか?

目次1 どれだけ手間がかけられるか、「打ち手」があるかが勝負に2 「若者応援宣言企業」になって、自法人を無料でアピール!3 「求人セット型訓練」で、ハローワークに登録した人を自動的に採用につなげる4 …

no image

利益よりも夢ー夢のみずうみ村の取り組み

目次1 人生の現役養成道場2 ネーミングの妙と工夫3 制度の矛盾をどう克服するか 人生の現役養成道場 「夢のみずうみ村 新樹苑」には、連休明けの5月晴れの日に訪れた。静かな住宅街の世田谷・八幡山の一角 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その10 「若者雇用促進法」など、国が力を入れている若者向けの就職支援にも注目したい

少子高齢化に伴い、若者が生き生きと働ける雇用環境をつくりだすことが、国にも求められている。そのなかのひとつが、「若者雇用促進法」だ。段階的に施行されているこの法律のなかで、「若者の雇用管理の状況が優良 …