1ヵ月の変形労働時間制~正しく理解し上手に活用しよう


投稿日: 更新日:

前回は、未払い残業代などのトラブルを未然に防ぐためにも、介護事業所は、その勤務実態に合った労働時間制を取る必要がある、とお伝えした。今回は、その一つである、多くの介護事業所で導入されている「1ヵ月単位の変形労働時間制」の内容とポイントについて、あらためて確認してみたい。

柔軟な労働時間設定で残業代を削減

訪問介護事業所などでは、ご利用者の都合によって仕事の時間が左右されるため、どうしても日々の労働時間に長短が出てくる。従って、法定労働時間を用いた労働時間管理では多くの時間外労働が発生することになり、残業代も多くなってしまう。

 

そこで、1ヵ月の中で忙しい日には法定の8時間を超えて、そうでもない日は8時間未満、というふうにあらかじめ業務の繁閑に合わせて各日の労働時間を決めておき、その平均が法定労働時間40時間(特例適用の場合は週44時間)に収まるようにする。これが「1ヵ月単位の変形労働時間制」と言われるもので、上手に活用することで、合法的に残業代の削減が可能になる(逆に、労働時間を週40時間に収められないほど多忙な事業所の場合には、この制度を導入するメリットはないと言える)。

 

この制度を導入するには、就業規則にその旨を記載するか、労使協定での定めが必要だ(労使協定を締結する場合、有効期間を定め、事業所を管轄する労働基準監督署に提出しなければならない)。

 

就業規則または労使協定に定める内容

1.対象となる職員の範囲
その範囲に制限はないが、具体的に決める必要あり。部署ごとに範囲を定めることもできる。

2.対象期間(1ヵ月以内)とその起算日
給与の計算期間と合わせるとわかりやすい。
例:毎月1日を起算日とし、1ヵ月を平均して1週間当たり40時間以内とする

3.対象期間における各日、各週の労働時間
対象期間を平均して、週当たりの労働時間が法定を超えないようにする必要がある。

4.労使協定の有効期間
2の対象期間よりも長くなければならない(3年以内が望ましいとされている)。

 

時間外労働は「日で見て、週で見て、月で見る」

では、実際にはどのように労働時間を決めていけばいいのだろうか。

 

対象期間を平均して、1週あたりの労働時間が40時間を超えないようにするためには、まず、当該対象期間における総労働時間の上限を次のように定める必要がある。

そして、この上限を超えないように「この日は忙しいから10時間、ここはそうでもないから5時間」と、業務の繁閑に合わせて「必ず対象期間に入る前に」、日々の労働時間を決めておくのだ。ここで決めた内容は、後から任意に変更することはできないので、注意してほしい。介護事業所では、1ヵ月のマンスリープランを組んで月単位の勤務シフトを作っている所も多いので、そのタイミングで決定するのが現実的であろう。

 

よく聞かれるのが「時間外労働時間の算出方法」だが、これは次のような順番で行う。

 

1. 日で見る……【1日の労働時間が8時間を超えているか】

 

所定労働時間を8時間超で設定している場合には、その超えた時間が時間外労働になる。8時間を超えない所定労働時間の日は、8時間を超えたところからが時間外となる。

 

2. 週で見る……【週の労働時間が40時間を超えているか】

 

週の所定労働時間を40時間(もしくは44時間)超で設定している場合は、その時間を超える部分が時間外労働となる。40時間未満の週は、40時間(もしくは44時間)を超えたところから時間外となる(ただし、1ですでに時間外労働として計上した時間を除く)

 

3. 月で見る……【月の総労働時間の上限を超えていないか】

 

1及び2ですでに時間外労働として計上した部分を除き、対象期間の総労働時間の上限を超える部分の労働時間が、時間外となる。

 

具体的には次ページの図のとおりだが、「1ヵ月の総労働時間の範囲を超えなければ残業代が発生しない」というわけではないことは、理解しておいていただきたい。

 

また、毎月これを行うとなると、事務担当者には結構な負担がかかるが、「月の総労働時間の上限と所定労働時間との差をできるだけ少なくする」のが、一番合理的で上手な運用方法ではないかと思う。

 

メリット・デメリットを知って上手に活用を

1ヵ月単位の変形労働時間制は、残業代削減という効果が期待できるものの、職員にとっては法定労働時間を越えて働く日が出てくるなど、心身に対する負担が大きい制度でもある。そのため、満18歳未満の年少者や、妊娠中または出産後1年を経過しない女性など、一部の職員には適用できなかったり、育児や介護をしている職員については、その時間を確保できるよう配慮する必要がある。

これらメリット、デメリットを十分に勘案した上で、上手に活用していただければと思う。

-

執筆者:

関連記事

no image

病院で死ぬ時代は終わった~医療介護難民にならないために

 増え続ける医療費や介護費の抑制のために「在宅」に向けて国は大きく舵を切った。社会的入院を解消するために病院のベッド数が削減されることは決まっており、2030年までに行き場を失う高齢者の数は約47万人 …

no image

安価(無料)で便利なソフト&サービス「情報共有ツール編」

目次1 情報共有に役立つサービス2 ソフトのインストールが不要なビデオ会議ツール 情報共有に役立つサービス 介護業務を円滑に進めるために、蜜なコミュニケーションは重要だ。   特養や有料老人 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その1.採用・求人票の書き方

  目次1 「人」で成り立つ介護事業だが、人手不足は深刻な実情2 求職者は給与の額だけを見ているのではない3 細かく具体的に仕事内容が記載されているか?4 イキイキと働け、利用者にも喜ばれる …

no image

本当の「かかりつけ医」ができるのか

今春行われた診療報酬改定の大きな目玉は、地域包括ケアの要となる在宅医療を担う「かかりつけ医」の普及にあった。しかしながら、プライマリケアの確立に日本は30年遅れた、と筆者は言う。ゲートオープナーとして …

no image

NPO法人シニアライフセラピー研究所 Vol.2 ボランティアを積極的に育成し、“おたがいさま”の風土をつくる高齢者から“子育ち”の親たち、さらに障害者支援へ。「夢をかたちに」事業を拡大

傾聴ボランティア養成講座を始めた2007年、鈴木さんは左目を障害するという大きな事故に見舞われる。いつ仕事ができなくなるかわからないと悟った鈴木さんは、『使命感』をもって新たな事業に取り組みはじめた。 …