職場でのコミュニケーション―管理者・経営者の立場から―


投稿日: 更新日:

介護職の離職の原因のひとつに挙げられるのが、職場での人間関係だとよくいわれます。職員間のコミュニケーションがうまくいかないと、よい職場環境は生まれません。管理者・経営者の立場から、具体的にどういうことに気をつければ、よいのか考えてみました。

「自分の思うままに部下に動いてもらいたい」はNG……

現場の管理者として取り組んでいる、職員間のコミュニケーション。

 

管理職である私たちが業務上してはいけないことは、職員の仕事の管理と思考の管理だと思います。

 

管理者が、「自分の思うままに部下に動いてもらいたい」などと意識しながら、職員と関わることによって引き起こされるのが、仕事に対する意義の喪失と離職です。

 

むしろ、現場の上司やトップが行わなければならないのは、職員のモチベーションの管理と自己実現だと考えています。

 

だからこそ、大事なのがコミュニケーションですね。

 

大事なのは、「なぜ?」をしっかり聞くこと

コミュニケーションで大事にしているのが、「なぜ?」をしっかり聞くことです。

 

「なぜそう思うのか?」「なぜそう考えるのか?」など、根拠となる部分をしっかり聞くことです。

 

行動や行為の根本にある部分をしっかり把握することを大事にします。

 

見ただけや、聞いただけで根拠を確認しないでいると、誤解が生じてきます。また、根拠を聞くことでその人の考え方や思考傾向を知ることができます。

 

その他にも、意識していることがいくつもあります。例えば、

  • 最後までしっかり聞くこと
  • 途中で自分の意見をはさまないこと
  • 「でも?」って言わない
  • 「はいはい?」って「はい」を二回言わない

上記に挙げたものは、どれも話し手の話す気を失わせる行動になります。しっかり聞く、受け入れているという姿勢を忘れないようにしています。

 

部下との間に距離をつくらない、我を出さない、押しつけがましくしない

こんなことを言う上司の方いませんか?

 

「なんでも相談してくれ……」と。でも、相談しにくい。

 

「部下は自分に相談しない奴ばかりだわ……」と言ってしまって、自分から距離感をつくり、それを縮めようとしない。

 

両者ともに、本人は受け入れる姿勢でいても、部下にそれが伝わらないのです。

 

部下からすると相談できないし、「しない」という流れができ上がってしまって、コミュニケーションが取れない。そんな現場だ、という認識になっています。

 

もし心当たりがある方は、お気をつけください。

 

日々のコミュニケーションをとる上では、以上のようなことを特に意識しながら会話を楽しみ、職員と関わっています。

 

さらにもう一つ、大事にしているのは自分の我を出さない、やり方を押しつけないということです。職員のやる気、モチベーションを維持したり、高めるためには、職員のやり方に任せる。その上で行動責任を持ってもらう、ということを重視しています(もちろん最終責任は、管理者である自分が取りますが)。

 

何を目ざし、日々の行動を通してどんな未来を描いているのか、ビジョンを明確にする

日々のコミュニケーション以外に、組織の一員として動いていく上で大事なことは、明確なビジョンを伝えること。これもコミュニケーションのひとつと言えるでしょう。

 

どんなことを目ざしているのか、日々の行動や仕事を通してどんな未来を描いているのかを言語化して伝えます。しっかり相手に伝わる言葉で話すことが、当たり前ですが大事なことです。

 

また、個々人に期待していることについても、明確に伝えます。一人ひとりの能力を把握して、強みや興味を理解した上で、その人にどんなことを求めているのか。どんな点で輝いてほしいのかを伝えています。

 

明確な行動目標やレールがあると、人は歩きやすいのだと思います。

職員が集まるときに、個々の素敵なところについて伝える

また、職員が集まるようなときには、個々の職員の素敵なところを伝えたりもしています。

 

「Aさんは、利用者さんへの声かけのしかたがとても素敵だね」
「Bさんの細かい利用さんへの気配り、勉強になりますね」

 

なんて、一人ひとりの素敵なところを本人に伝えながら、周りのフタッフにも同僚の評価できるところを共有し、あわよくば真似してほしいというような流れを作っています。

 

職員は、一人ひとり違った個性の持ち主ですから、そこを理解し、個性が強みになるようにコミュニケーションを使って、意識づくりや環境づくりをしていくと、とても居心地の良い職場になっていくのではないでしょうか。

 

言葉って、時に人を傷つけることができる武器にもなります。

 

しかし、人を喜ばせる力にもなりますよね。

 

使い方によってまったく効果が変わってきてしまいます。受け取る側がどんな気持ちになるのか、という配慮を元に、言葉を選び、しっかり思いを伝えていくことが重要な鍵となると思います。

 

あなたの言葉で多くの方が力をもらい、喜ばれるような環境をつくっていってくださいね!

 

-

執筆者:

関連記事

no image

総合事業の取組状況等について

目次1 平成27年度中の開始保険者数は2022 都道府県別の実施数3 早期着手に動く保険者が増えている!!都道府県が後押し4 介護事業者としてはどのように考えるか? 平成27年度中の開始保険者数は20 …

no image

東日本大震災から考える介護施設の防災対策Vol.1

  目次1 東日本大震災では多くの介護施設に被害が2 災害発生時だけではないケアが必要な時期とは3 在宅にいる自立した高齢者こそ孤立する4 事業所でできること、地域で行なうことを明確に 東日 …

no image

介護事業者は、行政との協働で地方への移住を回避しよう

目次1 どうする?高齢化のピークを迎える2025年。介護施設や高齢者住宅不足が深刻化2 高齢者の「地方移住」の前になすべきことは住み慣れた地域での受け皿づくり3 事業者との連携・協働作業抜きには語れな …

no image

地域の問題を解決する人は地域から輩出される

  目次1 社会保障分野では、介護だけでなく子育てにもニーズがたくさん2 介護事業者も視野を広げれば問題解決で事業が拡大できる3 予防事業とのつながりや介護とも連携した地域サービスの展開 社 …

no image

「一億総活躍社会」の構想で介護業界はどのように変わるか?

平成27年9月24日の総裁記者会見において安倍首相が、次のような宣言をしました。   目指すは「一億総活躍」社会。少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も、人口1億人を維持する。その国家としての …