死を正面から見据える「看取りの医療」とは? 人生の最期の時を悔いなく生きるために-1


投稿日: 更新日:

かつて末期がんなどの終末期医療が「敗北の医療」と言われていたことを皆さんはご存じでしょうか? 何十年も前の話ではありません。2000年の中頃まで「もう治療法がない」「なす術がない」という理由で、本当に沢山の患者さんが医師や医療から見放されていたのです。ですが、時代は変わり「死」を正面から見据え、最期の時まで生きるための「看取りの医療」が行われるようになってきました。この看取りの医療について2回にわたってお話ししたいと思います。

患者自らが治療を選択する時代に……

「看取りの医療」のお話をする前に「おまかせの医療」の歴史について触れておきたいと思います。がんの告知やインフォームドコンセントがまだ普及していない時代は、本当の病名を知っているのは家族と医師だけで、本人には病名を隠して治療が行われていました。胃がんを胃潰瘍と偽ることは当たり前、病名を告知しないで治療を進めるということは医師が患者さんに嘘をつくということになります。余命幾ばくもない患者さんに「大丈夫です。必ず治りますから頑張りましょう」と……。

 

長年、がん医療の取材をしてきましたが、実は本音で話が出来ず辛かったと話してくれる先生もいました。本人が病名を知らない以上「先生におまかせする」のは仕方がないことで、治療の選択の責任は全て先生の肩にかかっていたことになります。

 

しかし現在は、がん医療を始め医師と患者は病気に関する情報を共有しながら治療方針を決められるようになりました。告知が進むことで「選択権」が医師から患者の手に移ることになったのです。このように医療の進歩だけではなく患者さん自らが正しい病状を把握し、自分で治療法を決めていくという意識の改革も時代と共に進んできました。

 

“大きな決断”……納得して臨んだ人工肛門の手術

前回のコラムでも書きましたが在宅では家族の「決断」が求められます。しかも、全てが命に関わる選択になります。ただ医療の専門家ではない家族は果たして自分達の決断が正しいのかと悩んだり、状況によって気持ちが揺らぎ選択肢が変わる場合もあります。

※まだ元気な頃の母と住み馴れた我が家で

末期の子宮頸がんで闘病している母の治療に関して、一番大きな決断を迫られたのは人工肛門の手術でした。母の身体を蝕むがんが腸を巻き込むように大きくなっていたため排便がほとんどできず、寝たきりの状態になっていた母は毎日のようにベッドの上でうなっていました。下剤を飲んでも全く効かず、このままだと腸閉塞を起こして死んでしまう危険性もありました。その時に先生が提示してくれた選択肢が人工肛門だったのです。

 

全身状態は決して万全ではなく、末期がんの身体にメスをいれるのでがんを刺激してしまうということなどあらゆるリスクを聞いた上で、母にもきちんと説明し納得してもらって手術に臨むことを決めました。手術は無事成功し最期の数か月は排便の苦しみから母は解放されることになりました。勇気ある決断をしてくれた先生には今でも感謝しています。

 

「おまかせの医療」は過去のものに……

幸運にも母の手術は成功しましたが、自分達の選択が正しかったのかどうかと悔いを残している家族は少なからずいます。どんなに手を尽くしても後悔は残ります。だからこそ大切なのは“納得して”選択したかどうかなのです。例えばがんの治療法にしても昔に比べて治療法ははるかに増えていますし、生活の中で本人が何を優先するかによっても選択肢は変わってきます。

 

正解が一つではない中で、在宅を選択するのならば「おまかせの医療」という言葉は過去のものにしなければならないと私は考えています。つまり、先生がなんとかしてくれるのではなく、自分達はどうしたいのかという“意思表示”をきちんとすることが在宅では最も重要になってくるということです。

※友人が生まれたばかりの赤ちゃんを連れてお見舞いに……



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

医療と介護の一体的な改革が加速 2018年医療・介護ダブル改定を読むー2

2018年度は、介護・診療報酬のダブル改定のみならず、介護と医療が足並みを揃える点でもう一つの動きがスタートします。それは、都道府県が策定する医療計画と介護保険事業支援計画(市町村の介護保険事業計画を …

no image

マイナス改定を乗り越える創意と工夫

目次1 今回の改定では、介護職の専門性と事業所のあり方が問われてくる2 賃金改善以外の処遇改善の取り組みとして注目したい事例-老健施設における夜勤体制の検討例-3 職員アンケートをもとに。実情に即した …

病院で手を取り合う二人

真の自立支援とは~生きる意味を見出す“精神の自立”を支えること

4月からの介護報酬の改定が「自立支援」に重点を置いたものになります。 安倍総理も「介護がいらない状態までの回復を目指す」と明言し、介護報酬を自立支援の効果を反映したものに転換するように指示を出しました …

no image

起業のために必要なポイント―10.開業後の光と影

 準備も整い、いよいよ開業。期待に胸を膨らませていたが、利用者は増えず、経費だけがかさんでいく結果に…。始めるのは簡単でも、続けるのは大変な介護事業。最終回となる今回は、実体験を踏まえて開業後の心構え …

no image

いよいよ開始!!地域密着型通所介護について解説!!

目次1 地域密着型通所介護の設立経緯とは?2 移行の手続きは?利用定員の考え方は?3 他市の利用者の受け入れ、H28年4月1日以降の定員変更、新規申請について4 運営推進会議の設置について 地域密着型 …