何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに


投稿日: 更新日:

入居型の施設などにおいては、発言力の強い看護師などの発言に、現場が左右される傾向が強いが、そもそも本意でないケアのやり方に無理やり従うより、日ごろより看護師をはじめ、管理者、現場のリーダーたちが、何のために介護をしているのか、理念や方向性を共有しておくことが重要だ。「軸」がぶれてしまっては、利用者にも困難が生じ、居やすい「場」は提供しにくくなる。

入居型の施設では、看護師の考え方に現場が左右されやすい傾向が……

介護現場の中でも入居型の施設では、特に看護師の考え方に現場が左右されることが大きいように思います。

 

たしかに看護師は、とても重要な立場にあると感じます。

 

介護と医療の架け橋となる立場として、フラットで柔軟な考え方を持っていてほしいですし、ファシリテーターのような立場になってもらうのが理想ではないかと思います。

 

リスクに対する考え方や、生活を支えるという観点からいうと、施設看護師に求められることは、わかりやすいビジョンをいつでも事業所内で共有できるようにすることが、欠かせないように思います。

 

ともすれば、リハビリや地域との接点をつくる際にも、動かすことでリスクにつながるなら、歩けないままでいたほうがいいとか、風邪がはやっている時期だから外部との接触は避けようなど、提供する側の視点で、できるかぎりリスクにつながりそうなことを避ける傾向があるのは事実ではないでしょうか。

 

その考え方を看護師が強く持っていたとすれば、現場の司令塔のような存在であるその看護師次第で、介護現場は大きく方向性を左右されてしまうという現実があると考えます。そのような発想の看護師が中心にいるような介護現場では、介護職のモチベーションの向上はもちろん、自立支援や地域に開かれた事業所づくりからはさらに遠くなっていくことが明らかです。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

介護に対する負のイメージの払しょくには、小学校での教育が重要―未来をつくるKaigoカフェVol.2

目次1 小学校での出張カフェの取り組み2 介護のイメージをよくするためには、子どものころからの教育が大事3 介護の仕事の真実を楽しさも交え、発信していきたい 小学校での出張カフェの取り組み カフェでは …

no image

介護にまつわる身近なテーマをもとに集い、自由な対話を楽しむ―未来をつくるKaigoカフェVol.1

目次1 私たち介護職がもっと自分らしくいきいきと働くために2 カフェは、勉強会や研修会ではなく自由な対話形式で進めていくのが特長3 肩書や役職を外して語り合うことで生まれる情報発信力やチーム力4 コミ …

no image

介護業界における事業展開について―わんまいるの想い

目次1 長年培った経験から「高齢化社会におけるフードデザート問題」で食に関する取材を受ける2 農業に詳しくなった結果、農家と作付けや栽培方法について語り合えるように・・3 食材の生産から加工、調理、冷 …

no image

訪問介護の窃盗疑惑対策 ~「ヘルパーが盗んだ!」と言われたら~

 訪問介護では、ご利用者のお金や貴重品等が紛失し、担当ヘルパーが疑われる等「盗った、盗られた」の問題が起きがちです。認知症のご利用者であれば、実は物盗られ妄想による濡れ衣事件ということもあり、慎重な判 …

no image

在宅に求められる「覚悟」“ありのまま”を受け入れるために・・・

目次1 ナースコールの無い状況に耐えられるか・・・2 「やっぱり我が家が良い」と本音が言える環境を・・・3 「何かあったらどうするのか?」家族が抱える大きな不安4 在宅に求められるのは「高度なケア」 …