何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに


投稿日: 更新日:

入居型の施設などにおいては、発言力の強い看護師などの発言に、現場が左右される傾向が強いが、そもそも本意でないケアのやり方に無理やり従うより、日ごろより看護師をはじめ、管理者、現場のリーダーたちが、何のために介護をしているのか、理念や方向性を共有しておくことが重要だ。「軸」がぶれてしまっては、利用者にも困難が生じ、居やすい「場」は提供しにくくなる。

入居型の施設では、看護師の考え方に現場が左右されやすい傾向が……

介護現場の中でも入居型の施設では、特に看護師の考え方に現場が左右されることが大きいように思います。

 

たしかに看護師は、とても重要な立場にあると感じます。

 

介護と医療の架け橋となる立場として、フラットで柔軟な考え方を持っていてほしいですし、ファシリテーターのような立場になってもらうのが理想ではないかと思います。

 

リスクに対する考え方や、生活を支えるという観点からいうと、施設看護師に求められることは、わかりやすいビジョンをいつでも事業所内で共有できるようにすることが、欠かせないように思います。

 

ともすれば、リハビリや地域との接点をつくる際にも、動かすことでリスクにつながるなら、歩けないままでいたほうがいいとか、風邪がはやっている時期だから外部との接触は避けようなど、提供する側の視点で、できるかぎりリスクにつながりそうなことを避ける傾向があるのは事実ではないでしょうか。

 

その考え方を看護師が強く持っていたとすれば、現場の司令塔のような存在であるその看護師次第で、介護現場は大きく方向性を左右されてしまうという現実があると考えます。そのような発想の看護師が中心にいるような介護現場では、介護職のモチベーションの向上はもちろん、自立支援や地域に開かれた事業所づくりからはさらに遠くなっていくことが明らかです。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

1年間が経って、27年度改定が与えた影響を考察!!

目次1 倒産件数が過去最多2 27年度改定のポイント3 医療・介護の統合へ4 まとめと今後の方向性 倒産件数が過去最多 東京商工リサーチによると2015年(1-12月)の「老人福祉・介護事業」の倒産は …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とは

前回は職員採用の注意点でしたが、今回は同じ事例(若いヘルパーを雇ったら素行不良で周囲を怖がらせている件)を基に「勤務態度不良」「指示命令違反」を指摘するスタンダードな方法で普通解雇に向け指導を積み重ね …

no image

外国人介護人材の雇用についてー2

前回は、外国人スタッフを雇用する際には、事前にその者が自社で働くことができる在留資格を持っているかを必ず確認するなど、採用に関する注意点についてお伝えした。今回は、彼らを雇い入れた後の実務上のポイント …

no image

一人暮らしの認知症高齢者をどう支えるのか―――医療同意に見る難しさ

目次1 ケアマネや訪問看護師が医療同意のサインを求められる例が後を絶えない2 本人の生き方、終末期の迎え方を左右するにも関わらず法的整備が遅れている現実3 一人暮らしの認知症高齢者を支えるためのしくみ …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その16 部下の「やる気スイッチ」 2つの重要な動機付け対策

働きがい(動機づけ)は、仕事の質を高めていく上で重要なテーマだが、どうやったら人はやる気になるのか? 今回のコラムでは、部下の能力を引き出すコーチングと、人を動かす「期待理論」について解説する。 目次 …