何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに


投稿日: 更新日:

入居型の施設などにおいては、発言力の強い看護師などの発言に、現場が左右される傾向が強いが、そもそも本意でないケアのやり方に無理やり従うより、日ごろより看護師をはじめ、管理者、現場のリーダーたちが、何のために介護をしているのか、理念や方向性を共有しておくことが重要だ。「軸」がぶれてしまっては、利用者にも困難が生じ、居やすい「場」は提供しにくくなる。

入居型の施設では、看護師の考え方に現場が左右されやすい傾向が……

介護現場の中でも入居型の施設では、特に看護師の考え方に現場が左右されることが大きいように思います。

 

たしかに看護師は、とても重要な立場にあると感じます。

 

介護と医療の架け橋となる立場として、フラットで柔軟な考え方を持っていてほしいですし、ファシリテーターのような立場になってもらうのが理想ではないかと思います。

 

リスクに対する考え方や、生活を支えるという観点からいうと、施設看護師に求められることは、わかりやすいビジョンをいつでも事業所内で共有できるようにすることが、欠かせないように思います。

 

ともすれば、リハビリや地域との接点をつくる際にも、動かすことでリスクにつながるなら、歩けないままでいたほうがいいとか、風邪がはやっている時期だから外部との接触は避けようなど、提供する側の視点で、できるかぎりリスクにつながりそうなことを避ける傾向があるのは事実ではないでしょうか。

 

その考え方を看護師が強く持っていたとすれば、現場の司令塔のような存在であるその看護師次第で、介護現場は大きく方向性を左右されてしまうという現実があると考えます。そのような発想の看護師が中心にいるような介護現場では、介護職のモチベーションの向上はもちろん、自立支援や地域に開かれた事業所づくりからはさらに遠くなっていくことが明らかです。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

科学技術は人間を幸せにする〜人とテクノロジーが支え合う社会の実現をー1

全身の筋肉が動かなくなる進行性の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者さんや家族と出逢って17年が経ちました。「生きること」を考えさせる病気……難病治療や支援に長年尽力している独立行政法人国立病院機構 …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とはー2

前回に引き続き、問題職員を、解雇を見据え指導していく方法をレクチャーします。命令違反や不適切行為の都度、戒告・けん責という名の「イエローカード」を出すことで、しっかりと指導しつつ記録に残していくとお伝 …

no image

厚生労働省が示す介護保険制度の見直しに関する意見(案)についてー2

今回は社会保障審議会介護保険部会が、2016年の2月以降16 回にわたって審議を重ねてきた介護保険制度の見直しに関する意見(案)が2016年12月9日に取りまとめられましたのでその内容を、「地域包括ケ …

no image

訪問介護事業 成長のカギ・サービス提供責任者に求められる能力Vol.2

  目次1 リスクマネジメント能力2 医療的知識の必要性 リスクマネジメント能力 訪問介護サービスには、サービス提供中の事故はもとより通勤中も含め様々なトラブルが起きる危険性があります。 & …

no image

つくり笑顔の介護士は嫌われる?

介護職員のつくり笑顔は見破られる。本当に信頼に足る人物なのか、利用者やその家族の目は思った以上に厳しいからだ。本物の笑顔で接することのできる信頼される介護士になるにはどうしたらよいのか? 介護職として …