何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに


投稿日: 更新日:

入居型の施設などにおいては、発言力の強い看護師などの発言に、現場が左右される傾向が強いが、そもそも本意でないケアのやり方に無理やり従うより、日ごろより看護師をはじめ、管理者、現場のリーダーたちが、何のために介護をしているのか、理念や方向性を共有しておくことが重要だ。「軸」がぶれてしまっては、利用者にも困難が生じ、居やすい「場」は提供しにくくなる。

入居型の施設では、看護師の考え方に現場が左右されやすい傾向が……

介護現場の中でも入居型の施設では、特に看護師の考え方に現場が左右されることが大きいように思います。

 

たしかに看護師は、とても重要な立場にあると感じます。

 

介護と医療の架け橋となる立場として、フラットで柔軟な考え方を持っていてほしいですし、ファシリテーターのような立場になってもらうのが理想ではないかと思います。

 

リスクに対する考え方や、生活を支えるという観点からいうと、施設看護師に求められることは、わかりやすいビジョンをいつでも事業所内で共有できるようにすることが、欠かせないように思います。

 

ともすれば、リハビリや地域との接点をつくる際にも、動かすことでリスクにつながるなら、歩けないままでいたほうがいいとか、風邪がはやっている時期だから外部との接触は避けようなど、提供する側の視点で、できるかぎりリスクにつながりそうなことを避ける傾向があるのは事実ではないでしょうか。

 

その考え方を看護師が強く持っていたとすれば、現場の司令塔のような存在であるその看護師次第で、介護現場は大きく方向性を左右されてしまうという現実があると考えます。そのような発想の看護師が中心にいるような介護現場では、介護職のモチベーションの向上はもちろん、自立支援や地域に開かれた事業所づくりからはさらに遠くなっていくことが明らかです。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

株式会社ヒューマンアフィニティー はすぬま訪問介護事業所vol.3設立2年目にして黒字転換 その秘訣とは?

特定事業所加算をとっていない「はすぬま」だが、設立2年目にして黒字転換したという。最終回は、その秘訣は何なのか? 365日休まず事業所を運営している点、シフト作成の工夫と苦労、そして、ケアの質の担保、 …

no image

地域づくりで一歩先を行く武蔵野市 総合事業担当者の吉田さんにインタビュー 総合事業の介護への影響とは?

在宅医療を支える新しい製品開発とは?日本のイノベーションを支えるNEDOの取り組み 重度者・認知症者に関しては介護保険で、介護事業者が中心となる方向性が強化されていきますが、調理、買い物、掃除などの生 …

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」 vol.5

目次1 地域のニーズに合わせた経営戦略へ!経営陣が意識を変えることが先決!2 現状と課題について3 対応策について 地域のニーズに合わせた経営戦略へ!経営陣が意識を変えることが先決! 前回に述べた、医 …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とはー3

今回は、問題職員への具体的な解雇言い渡しまでの手順をお伝えします。おさらいしますと、普通解雇は「能力不足」懲戒解雇は「罰則」としてなされるものであり、一般に普通解雇は懲戒解雇よりハードルが低いという話 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その12 マザーズハローワークと都立職業能力開発センターの活用

女性のワーク・ライフ・バランスに留意した、働きやすい職場をアピールすることは、事業所アピールには欠かせない。マザーズハローワークを通じた求人募集はそういった意味で子育て中の母親たちを労働力として確保す …