アルファ碁の勝利が示す『介護』の生き残り策


投稿日: 更新日:

先日、人工知能「アルファ碁」が、プロ棋士に勝利したニュースが話題となった。無理だと思われてきた直観力を備えることが可能となったからだ。介護の現場でも、人手不足の折、ロボットの活用が推進されて久しい。ただ、人への愛情や思いだけはまだまだロボットには身に着けられまい。逆に言えば、そういった特性こそ、介護職に身に着けてほしいと筆者は言う。

衝撃的だった人工知能「アルファ碁」のプロ棋士への圧勝

どこまでコンピュータは進化するのか。

 

先日、韓国で開催された人工知能(AI)と世界のトップ級のプロ囲碁棋士との5連戦(グーグル・ディープマインドチャレンジマッチ)で人工知能側(「アルファ碁」)が4勝1敗と圧勝したことは、筆者にとっても衝撃だった。それは私たちの働き方、社会のあり方を変える、介護というビジネス、介護という仕事のあり方も間違いなく左右することになるのではないか。それを実感させられた出来事だった。

 

筆者にとって囲碁には格別な思い入れがある。

 

小学生のころだったろうか。父親が碁を打つのを見よう見まねで覚え始めて半世紀、囲碁だけは倦まずたゆまず続けてきたおかげでアマ7段となり、暇を見つけては今も地元の碁会所に通う。

 

オセロやチェスなどのゲームではコンピュータの計算力により人間に勝てるようになった。さらに複雑な将棋もコンピュータが人間を上回ろうとしている。しかし、囲碁は違う。9路盤の将棋に対し、囲碁は19路盤であり、1兆倍を14回繰り返すほど複雑といわれる。囲碁は単なる計算力によるだけでなく、全体を見通す大局観、構想力が求められる。どんなデザインを描くのかという感性の力、直観力も求められる。すぐれたプロ棋士ほど、その直観力が鋭い。1990年代に囲碁ソフトは開発され、人間に挑んできたがプロ棋士にはなかなか勝てなかった。

 

計算力こそコンピュータはすぐれていても、人間に特有な感性、直観力までコンピュータは身に着けられまい。そう思い続けてきた。

 

直観力まで身に着けた人工知能。しかし、コンピュータの力を使いこなせるのは人間のみ

ところがアルファ碁には、坂村健・東大教授によると(3月11日付け毎日新聞朝刊)ニューラルネットワークという技術で、いわば人間の直感を身につけさせた。ニューラルネットワークは「神経回路網」という言葉どおり、人間の脳をまねる技術で、それを開発した英国のディープマインド社は、ここにさらに強化学習という手法を組み合わせた。経験から学習できるので、人間の棋譜を学ばせた後は自らのコピーと延々と戦わせ、独自の囲碁力を開発した。

 

コンピュータの相手をした韓国のイ・セドル九段は、日本のトップ棋士もなかなか勝てない、まぎれもない世界トップ級の棋士だが、4局目にようやく一矢報いただけで、最後の5局目も、コンピュータはその敗戦を学習して、また勝った。

 

徹底した学習力により、人間の複雑な脳の回路も学習できる。わが身を振り返っても、人間は自分の過ちや反省をなかなか学ぼうとしない。飛躍するようだが、戦争や紛争を繰り返す人間社会の歴史を見ていると、それを痛感する。失敗の過去を学ぼうとしない人間の愚かさやこだわりがコンピュータにはない。

 

その点ではコンピュータに及ばない人間だが、このコンピュータの力を使いこなせるのは人間だけである。しかも開発されたコンピュータのソフトはいくらでもコピーできる。

 

そのコピーをどんどん使えばいいのだ。

 

介護ロボットは介護現場にも普及しているが「愛情」や思いは人口知能といえども持つことはできない

介護の現場でもこの力は活用できるし、しなければならない。

 

コンピュータの力を使った介護ロボットは北欧を中心に徐々に広がりつつある。深刻な介護労働力不足に悩む日本もいずれはこの介護ロボットは普及し、さまざまなITも介護の現場でさらに使われるようになる。

 

幸いというべきか、介護の現場にはコンピュータにとって代われないものがある。

 

それはコミュニケーション力と人への思いである。要介護となった高齢者にとって、介護者に求めるのは身体介護の技術だけではない。何より、人とのふれあい、コミュニケーションを求めている。一人暮らしとなった高齢者はとりわけそうだが、認知症高齢者にとっても大事なのは人とのふれあいである。

 

言葉を換えれば「愛情」が認知症高齢者を元気づける。

 

コンピュータは学習すれば、一定のコミュニケーション力は持てるようにはなるが、人への思いも、愛情も持つことはできない。それを持てるのは人間だけである。

 

それをアルファ碁が改めて教えてくれたと受け止めたい。

 

介護の現場は人手不足の中で、どんなに忙しさに追われても、このことだけは片時も忘れずに利用者と接してもらいたい。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

本当の「かかりつけ医」ができるのか

今春行われた診療報酬改定の大きな目玉は、地域包括ケアの要となる在宅医療を担う「かかりつけ医」の普及にあった。しかしながら、プライマリケアの確立に日本は30年遅れた、と筆者は言う。ゲートオープナーとして …

no image

地域支援事業、新しい介護予防・日常生活支援総合事業の狙いとは

目次1 新しい介護予防・日常生活支援総合事業とは?2 新しい総合事業の目的・考え方3 要支援者の訪問介護、通所介護の総合事業への移行4 一石四鳥?新しい介護予防・日常生活支援総合事業の狙いとは? 新し …

no image

在宅のご利用者の徘徊、危険運転リスクにどう対処すべき?ー2

前回、在宅のご利用者が認知症だった場合の事故リスクを取り上げました。運転をやめないご利用者Aさんが事故を起こし第三者に怪我を負わせた場合、担当ケアマネであるBさんが責任を負うかという問題について、別居 …

no image

いよいよ開始!!地域密着型通所介護について解説!!

目次1 地域密着型通所介護の設立経緯とは?2 移行の手続きは?利用定員の考え方は?3 他市の利用者の受け入れ、H28年4月1日以降の定員変更、新規申請について4 運営推進会議の設置について 地域密着型 …

no image

共に学び、共に歩む在宅医療カレッジ〜未来を変えるために今出来ることを〜ー2

前回に引き続き、11月に開催された、医療法人社団悠翔会の佐々木淳先生主催の「在宅医療カレッジ」のシンポジウム、「これからの医療と介護のカタチ~超高齢社会を明るい未来にするための10人の提言」の報告をし …