介護分野の最近の動向等について


投稿日: 更新日:

平成28年2月17日におこなわれた第55回社会保障審議会介護保険部会。介護保険部会の開催は実に2年ぶりとなります。介護保険部会では介護保険制度の制度設計を議論する審議会となっているため、ここで議論された内容が次回の改定へ大きく影響をしていきます。今回は2回にわけて、1回目を『介護分野の最近の動向等について』、2回目を『厚生労働省が示す介護保険制度見直しにおける主な検討事項について(案)』として解説したいと思います。

介護保険部会の役割について

介護保険部会は介護保険制度の制度設計を議論する審議会となっており、ここ最近では制度改正のあった翌年(2010年、2013年)から約1年間かけて様々な議論がなされその内容を踏まえて制度改正が実施されています。今回もこれから、月に1回から2回程度、この部会が開催される予定となっています。

 

既に新聞報道されているような軽度者における生活援助のサービスの在り方や福祉用具についてなどもここで取り扱われることとなっており、注目をしていかなければならない審議会の一つです。

 

介護保険をとりまく状況

下記図の①をご覧いただくとおわかりのように75歳以上の高齢者は2025年には、2,179万人となっており、2015年からの10年間で約500万人も増加します。65歳以上のピークが2042年で3,878万人となっており、2015年から約30年かけて400万人増加することを考えれば、この10年間において75歳以上の高齢者が約500万人も一気に増加するということは社会保障費の支出面からみれば、ここまでに社会保障費の抑制、バランスを保つ地域包括ケアシステムを是が非でも成立させておきたい国の意向がよくわかります。

 

更に問題の1つとして認識しておかなければならないことは、2055年には75歳以上の高齢者の人口割合が25%を超えてしまうということです。人口構造が歪になりすぎており、歳入面を担う生産人口が圧倒的に不足しているため、現在の社会保障制度が持続できるかと問われればNOと答えるしかない状況となってしまいます。

介護保険料の行く末

図の⑥をご覧いただくと、介護保険が始まった2000年以降増加の一途を辿っていた介護保険の保険料負担をしている40歳以上人口が2021年をピークとして減り始めると推計されております。また、介護給付と保険料の推移をご覧いただくと、現在給付が年額約10兆円で、第六期の保険料の平均は5,514円となっており、第六期の介護保険事業計画における各保険者の推計値によると、保険料は2025年度には、8,165円に上昇すると見込まれております。75歳以上の高齢者が約500万人増加していることを考えれば妥当な数字だと言えるかもしれませんが、負担するほうからすれば大変というしかないでしょうね。

個人的な見解になりますが、この頃には現在40歳以上を対象としている保険料負担を若年者、例えば30歳とか25歳ぐらいまで対象範囲を広げるのではないかと思っております。

経済財政諮問会議の動き

経済財政運営と改革の基本方針2015(骨太方針)の中の第3章に当たる部分が、経済・財政再生計画となっており、2020年度プライマリーバランスの黒字化実現に向けた計画となっております。その中で介護関係については以下の内容が今後議論されるべきものとなっております。

(1)医療・介護提供体制の適正化

①療養病床の効率的なサービス提供体制への転換について

②在宅や介護施設等における看取りも含めて対応できる地域包括ケアシステムの構築に向け、必要な介護インフラの整備等を進める。

 

(2)要介護認定率や一人あたり介護給付費の地域差について、是正したもしくは優良な保険者にメリットを与えるインセンティブ改革

①データ分析の結果を活用した介護保険事業計画のPDCAサイクルの強化

②保険者機能の強化などに係る制度的枠組み

 

(3)負担能力に応じた公平な負担、給付の適正化

①医療保険における高額療養費制度及び介護保険における高額介護サービス費制度の見直しについて

②介護保険における利用者負担の在り方について

③軽度者に対する生活援助サービス

④福祉用具貸与等やその他の給付について

⑤給付の見直しや地域支援事業への移行、負担の在り方

上記図の負担能力に応じた公平な負担、給付の適正化を見てお気づきの方も多いかと思いますが、この経済・財政再生計画の内容は以前のコラム『財務省が示す平成30年介護保険改正における方向性とは』で取り上げさせていただきました内容とほぼ一緒という内容になっております。

 

つまり、財務省で議題提起され、経済財政諮問会議を経て、これから介護保険部会で審議されるという流れになっております。もちろん、他の関係審議会でも検討はされますが、介護保険部会が果たす役割は大きいです。

 

経済・財政再生計画 改革工程表から

下記の工程表をご覧いただくとおわかりのように、我々事業者が気になる給付のあり方などは2016年度末までに結論を出すという内容になっています。2018年度の改定の基礎が2016年度でほぼ出来上がるということです。そのため、冒頭でも書きましたがこれから月1回~2回のペースで行われるこの介護保険部会の審議会は注目しておかなければいけないものです。

今回は導入部分における『介護分野の最近の動向等について』を取り上げましたが、次回は『厚生労働省が示す介護保険制度見直しにおける主な検討事項(案)について』を解説したいと思います。

 

 

-

執筆者:

関連記事

no image

実務的解説!ご利用者の要介護申請とマイナンバー

目次1 1 ご利用者が健常の場合2 (2)申請段階3 (3)終了後4 2 ご利用者が認知症で後見人がおらず、家族だけの場合 1 ご利用者が健常の場合 認知症でなく、自分で筆記もできる介護度の低い方の場 …

no image

2016年度の診療報酬改定を読み解く(2) 2018年医療・介護ダブル改定を読むー4

前回は、2016年度診療報酬改定のうち、病棟からの退院支援にかかる部分をチェックしました。では「退院後」となった場合、介護側として次は「在宅医療(訪問診療や往診など)との連携」が課題となってきます。今 …

no image

死を正面から見据える「看取りの医療」とは? 人生の最期の時を悔いなく生きるために-1

かつて末期がんなどの終末期医療が「敗北の医療」と言われていたことを皆さんはご存じでしょうか? 何十年も前の話ではありません。2000年の中頃まで「もう治療法がない」「なす術がない」という理由で、本当に …

no image

就業規則〜その基礎と運用のポイントについて〜

介護事業所では、指定申請や加算、助成金の申請等に関しその提出が求められることもあり、就業規則を作成しているところが多い。しかし、実際に当該就業規則を正しく運用している事業所はそう多くはない。そこで今回 …

no image

有給休暇付与の条件と運用のポイントについて~その1~

「有給休暇」は、労務管理上非常に関心が高い事項にもかかわらず、誤った理解のまま運用している事業所は少なくない。そこで今回から2回にわたり、有給休暇の付与条件について確認するとともに、その運用のポイント …