「人」こそが財産、働きやすい環境づくりが人手不足解消に


投稿日: 更新日:

 

労務管理の知識がないが故のうっかり違反も多い

 

介護保険法施行から今年で15年。当初55万人弱だった介護労働従事者は、平成23年には約140万人と大幅に増加し、さらに今後10年間で100万人が必要になると言われている。人手不足解消が介護業界における喫緊の課題であること、そのためには新たな人財確保と定着率の向上が不可欠であることは、論を待たないであろう。

 

だが、労働基準年報によると、介護事業所を含む社会福祉施設における労働基準法違反事業所の比率は、77.5%と他事業の平均よりも9%ほど高くなっており、この業界が職員にとって、必ずしも働きやすい環境ではないのが現実である。

 

実際に弊所に寄せられる相談でも、「残業代未払いで監督署に駆け込まれた」「社会保険への未加入を指摘されてしまった」など、職員の人事労務に関わるものが非常に多くなっている。中には、故意に法律違反を犯している悪質な事業者もいるが、実は労務管理に関する知識が無いための「うっかり違反」であることも多い。

 

介護・福祉の世界では、伝統的に「身を粉にして」「ご利用者のためならば」という自己犠牲的な精神を持って働いている方が多く、また、事業運営も介護保険法中心にならざるを得ない。そのため、労働基準法をはじめとする労働関係法令への関心や理解が乏しい、というのが、日々経営者の皆様と接していて感ずる正直な感想である。

 

労働関係法令違反で指定取り消しになる場合も・・・

 

その一方で、平成24年の介護保険法改正において、介護サービス事業所の指定・更新に際し、労働関係法令違反で罰金刑以上となった場合には指定を認めない、または指定取消にする旨がはっきりと明記された。「知らなかった」では済まされない時代になっているのだ。

 

このコラムでは、そんな「重要だけれど難しい」と敬遠されがちな、介護事業所の労務管理および労働関係法令について、できる限りわかりやすく解説するとともに、皆様方の事業所経営にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思う。

 

対人援助の世界では、「人」こそが財産である。

いかに良い人財を採用し、育て、定着させていくか。

その基礎となる働きやすい職場環境の整備と、コンプライアンスにのっとった労務管理を実現できるよう、皆様のお手伝いさせて頂ければ幸甚である。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

在宅のご利用者の徘徊、危険運転リスクにどう対処すべき?

今回は認知症が原因となる事故等のリスクについて解説します。読者のあなたが在宅のケアマネージャーや訪問介護事業所の方だったとして、担当するご利用者が認知症だった場合の徘徊や運転リスクにどう対処すればよい …

no image

貴方も“つむぐひと”の一人・・・

「人は失ってから大切なものに気づく」と言いますが、私が自分の介護体験を語り続けるのは、悲しい体験をする前に“大切なもの”に気づいて欲しいという想いがあるからです。1990年代はまだ介護が語れる時代では …

no image

軽度者への支援のあり方について

今回は平成28年7月20日行われた第60回社会保障審議会介護保険部会資料より「軽度者への支援のあり方」について内容を解説していきたいと思います。昨年の4月27日に開催された財政制度分科会にて財務省が要 …

no image

介護事業者側の安全措置構築の重要性を考える

2007年に発生した認知症男性の鉄道死亡事故をめぐり、3月、最高裁は「介護する家族」は責任を負わないとの判断を示しました。これは家族を安堵させるものとなった一方で、では誰が責任を取るのか?という問題を …

no image

三浦康孝さん(湘南デイサービス代表)仲間たちの手を借りてデイ立ち上げに奔走! すべては手づくりで、がポイントvol.2

前職を退社して、2014年4月に『湘南デイサービス』を立ち上げるまでたったの数ヵ月。知識ゼロのなかで、多くの仲間たちの手を借りながら立ち上げに奔走した三浦さん。利用者さんを集めるために行った営業努力と …