「人」こそが財産、働きやすい環境づくりが人手不足解消に


投稿日: 更新日:

 

労務管理の知識がないが故のうっかり違反も多い

 

介護保険法施行から今年で15年。当初55万人弱だった介護労働従事者は、平成23年には約140万人と大幅に増加し、さらに今後10年間で100万人が必要になると言われている。人手不足解消が介護業界における喫緊の課題であること、そのためには新たな人財確保と定着率の向上が不可欠であることは、論を待たないであろう。

 

だが、労働基準年報によると、介護事業所を含む社会福祉施設における労働基準法違反事業所の比率は、77.5%と他事業の平均よりも9%ほど高くなっており、この業界が職員にとって、必ずしも働きやすい環境ではないのが現実である。

 

実際に弊所に寄せられる相談でも、「残業代未払いで監督署に駆け込まれた」「社会保険への未加入を指摘されてしまった」など、職員の人事労務に関わるものが非常に多くなっている。中には、故意に法律違反を犯している悪質な事業者もいるが、実は労務管理に関する知識が無いための「うっかり違反」であることも多い。

 

介護・福祉の世界では、伝統的に「身を粉にして」「ご利用者のためならば」という自己犠牲的な精神を持って働いている方が多く、また、事業運営も介護保険法中心にならざるを得ない。そのため、労働基準法をはじめとする労働関係法令への関心や理解が乏しい、というのが、日々経営者の皆様と接していて感ずる正直な感想である。

 

労働関係法令違反で指定取り消しになる場合も・・・

 

その一方で、平成24年の介護保険法改正において、介護サービス事業所の指定・更新に際し、労働関係法令違反で罰金刑以上となった場合には指定を認めない、または指定取消にする旨がはっきりと明記された。「知らなかった」では済まされない時代になっているのだ。

 

このコラムでは、そんな「重要だけれど難しい」と敬遠されがちな、介護事業所の労務管理および労働関係法令について、できる限りわかりやすく解説するとともに、皆様方の事業所経営にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思う。

 

対人援助の世界では、「人」こそが財産である。

いかに良い人財を採用し、育て、定着させていくか。

その基礎となる働きやすい職場環境の整備と、コンプライアンスにのっとった労務管理を実現できるよう、皆様のお手伝いさせて頂ければ幸甚である。

 



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保に向けて行うべきこと

「介護現場は人材不足で大変です」と よく聞きますよね。それって本当なのでしょうか? 職員はいるところにはいますが、足りないところは足りていない。状況は、二極化しているように感じています。人材を獲得しよ …

no image

株式会社アイビー(東京都葛飾区)Vol.1 「利用者さんの生きがいをサポートできる介護士に!」という想い一つで学生起業!

2009年、映画『寅さんシリーズ』の舞台として有名な柴又にも近い、東京都葛飾区に居宅支援・訪問介護事業所を設立した株式会社アイビー。代表取締役の真鍋圭彰さんは会社設立当時26歳で、介護福祉士を目ざす専 …

no image

外国人介護人材の雇用についてー2

前回は、外国人スタッフを雇用する際には、事前にその者が自社で働くことができる在留資格を持っているかを必ず確認するなど、採用に関する注意点についてお伝えした。今回は、彼らを雇い入れた後の実務上のポイント …

no image

厚生労働省が示す介護保険制度の見直しに関する意見(案)についてー1

今回は社会保障審議会介護保険部会が、2016年の2月以降16回にわたって審議を重ねてきた介護保険制度の見直しに関する意見(案)が12月9日に取りまとめられましたのでその内容を、「地域包括ケアシステムの …

no image

松尾愛美さん(ひまわり訪問看護ステーション代表)人材が育って時期が整ったら事業拡大もvol.3

事業を順調に拡大し、収益を確実にのばしてきた松尾さんだが、さらに事業を広げるには、人材の成長がさらに必要だという。質のよい看護や介護を提供するためには、スタッフが育ち、ツブがそろうことで、初めて新しい …