第9回日本の福祉現場力を高める研究大会~KAIGO NO MIRAI未来の社会は「介護現場」から創るvol.2 介護ロボット、外国人採用、ノマドワーカー・・「介護の新たなキーワード」実践者から介護経営


投稿日: 更新日:

「第9回 日本の福祉現場力を高める研究大会」第1部のパネルディスカッションは、介護ロボット、外国人採用、ノマドワーカー、3つの分野における実践者が登壇。NPO法人Ubdobe代表理事・岡勇樹氏が司会・コーディネーターとなり、人材不足に悩む介護経営者に、問題解決の新たな道を開く。従前の手法にこだわらず、柔軟な対応が求められることを痛感する内容であった。

介護ロボットは、利用者へのリハビリテーションや介護職の身体的負担の軽減に

介護ニーズは増えても、介護現場を担う人材が不足し、採用も困難を極める昨今。介護ロボットの導入と外国人採用は、問題解決には急務ともいえる。では、実際にどう活用していくのか。まずは、介護ロボットについて、実践者が語る。

 

徳山 創氏は、社会福祉法人に勤務しながら、介護ロボットの研究を行っている。介護ロボットというと、ターミネーターのような人型の屈強なロボットを想像するが、「入浴のときに浴槽にスムーズに入るための機器や、ベッドから起き上がり、床に足をつくとブザー音が鳴るセンサーマットなどもロボットです」。すでに、介護現場で日常的に取り入れられているものも多い。小笹恵美氏は、注目されるHALの機器を実際に動かし、近未来の利用者のリハビリテーションや、介護職の身体的負担の軽減を予想させる。

 

では介護現場はロボットだらけになるのか? と想像をめぐらせるが、同法人経営の特養施設長である宮本隆史氏は、「利用者様の身体能力や個性などにより、求められる機能が大きく違います」。コストの点で、大量生産しにくいことも、ネックになりそうだ。また、「『介護は人がやるものだ』という倫理観が、多少の邪魔をすることもある」とのこと。しかし、突き詰めれば、「ロボットを動かし、利用者に最大のメリットを提供するのは介護職という『人』の役目」(岡 勇樹氏)。ロボットと人をどうコラボレーションすれば、よりよい介護の提供ができるのか、考えて実践する力を持つのもまた、現場力だと語る。

 

介護ニーズは増えても、介護現場を担う人材が不足し、採用も困難を極める昨今。介護ロボットの導入と外国人採用は、問題解決には急務ともいえる。では、実際にどう活用していくのか。まずは、介護ロボットについて、実践者が語る。


左から徳山氏、宮本氏、小笹氏

外国人採用・・・12人のユニットにひとり外国人の介護職がいるぐらいなら問題ない

介護ニーズは増えても、介護現場を担う人材が不足し、採用も困難を極める昨今。介護ロボットの導入と外国人採用は、問題解決には急務ともいえる。では、実際にどう活用していくのか。まずは、介護ロボットについて、実践者が語る。

 

介護ロボットとともに、人材確保のキーワードとして語られるのが、「外国人採用」。自身もスウェーデン出身であり、経営者として8人の外国人を採用しているというグスタフ・ストランデル氏は、「移民の多いスウェーデンでは、移民の高齢化に伴い、その国の外国人スタッフのケアが不可欠になっている」現状を、画像とともに伝える。

 

日本においては、そのままあてはまらないものの、「12人のユニットにひとり外国人の介護職がいる程度であれば、まったく問題ない」と論じる。「要は、日本の文化をよく理解したうえで、コミュニケーション力に長けているかどうかがカギ。その点では、日本人も外国人も、大きな差があるとは思えない」。氏が経営する介護付き有料老人ホーム・舞浜倶楽部では、さまざまなユニークなイベントが行われている。「利用者の方々に多様な文化を提供できるのも、外国人の強みだと感じている」。


ストランデル氏

介護の資格を持っていればこそ実現するノマドワーカー。その土地にあった面白い介護をやりたい

そして、3つ目のキーワードは、「ノマドワーカー」。自分の住みたい町に心のままに移住し、行く先で介護職として勤務する。「介護の資格を持っていればこそ、実現できるワークスタイルだ」と、片桐一彦氏は語る。自身もIターンで島根の離島の町、海士町の社会福祉協議会で事務局長として働く。「この島で、胸を張って『いきいきと死ねる社会』を築いてきたい」と言う。

 

ボディボードが趣味で、身近に海のある暮らしを望んでいた髙橋ルミコ氏は、海を求めて、湘南の鎌倉、藤沢と仕事場を替え、現在は東京都の島、新島に移住。看護師の資格をもっているからこそのノマドワーカーだ。片桐氏の仕事ぶりと海士町の環境を知り、「今度は海士町に移住したくなった」とも言う。「地域で働くことには魅力がある。その土地に合った面白い介護をやっていきたい」。

 

こうした既存の概念にとらわれない働き方、社会とのかかわり方が、介護の未来を創っていくのだろうと痛感する。

ノマドワーカーを自称する片桐氏と高橋氏



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

介護事業所におけるインターネットサイトへの投稿トラブルとその防止策

目次1 投稿の背景にある「認識不足」と職場への「報復感情」2 各事業所におけるインターネットリテラシーの教育は必須3 不平不満を吐き出しやすい職場環境をつくる経営側の努力と介護のプロとはいかなる者なの …

no image

三浦康孝さん(湘南デイサービス代表)老人ホームでの経験を経て、人との出会いが起業(立ち上げ)のきっかけにvol.1

「湘南デイサービス」は、小田急線・本鵠沼駅より徒歩15分。古民家を改装した小規模デイサービスです。まるで誰かの家に遊びにきたようなアットホームさと“ワンちゃんと触れ合えるデイサービス”として、周辺地域 …

no image

介護施設の防災対策Vol5. ?いま見直される防災計画(2)

目次1 防災につよい施設づくりとは2 備蓄品の完備3 広範的に知識を持つことの重要性4 人材育成と体制づくり5 マネジャーの心構えが災害に強い施設を作る 防災につよい施設づくりとは 日本で数多く起こっ …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その15 離職防止・定着促進に向けた具体策

辞めない人材採用のために必要なこととして、職場体験を通じて仕事内容を理解してもらうことが大事だが、さらに大切なのは離職防止・定着促進に向けた対策である。職員の満足度を高め、働きがいが感じられる職場づく …

no image

次期改定に向けた福祉用具のあり方について

今回は平成28年7月20日行われた第60回社会保障審議会介護保険部会資料より「福祉用具」について内容を解説していきたいと思います。前回のコラム「軽度者への支援のあり方について」と同様に介護保険制度の持 …