人材確保のための実践的アドバイス―その6.なるべくコストをかけない打ち手


投稿日: 更新日:

福祉系の専門学校に、土日祝日のアルバイトとして募集し、正式雇用につなげる

まずは学校対策(新卒対策)です。

新卒の職員を採用しようと、福祉系の専門学校に求人票を提出する介護事業所は多くあると思います。これを行うのは当然として、もう一歩踏み込んではいかがでしょうか。

新卒採用は人材獲得競争が激しいので、自事業所の求人票に学生さんからの注目を集めるのは、なかなか難しいかもしれません。そこで新卒の応募とは別に、春休み・夏休み等の長期休暇や夕方から夜間、もしくは土日祝日のみのアルバイトとして学校に求人票を提出してみてはいかがでしょうか。

 

最終的な狙いは、新卒で正社員として頑張ってほしい、ということになるのでしょうが、学生サイドから見てもこれにはメリットがあって、アルバイトなどでご利用者、職員とすでに「なじみの関係」が構築されていれば、そこに正式に就職をしたいと考えるのは自然の流れだと思います。

 

急がば回れ! ボランティアも積極的に受け入れ、採用に・・

そもそも福祉系の学校に通う学生さんですから、どこかでアルバイトをするのだったら介護事業所で、と考える学生さんは一定数存在すると思います。介護事業所側もアルバイトという雇用形態でその方の働きぶりを見ることができるので、安心して正式採用ができると思います。

 

こういったケースの場合、新卒採用に結びつくのはしばらく先のこととなりますが、「急がば回れ」的な発想です。また、現時点ですでに「猫の手も借りたい」ほど人手不足な介護事業所であれば、アルバイトといえども貴重な戦力ですから、それだけでも十分ありがたいはずです。

 

この発想でいうと、ボランティアから採用に結び付いた事例もあります。

ですから、ボランティアも積極的に受け入れて、お互いが慣れたタイミングで「ぜひ職員として活躍してみませんか?」とお誘いしてみてはいかがでしょうか。まずは短時間のパートから、というアプローチでもよいかもしれません。

 

福祉系高校の実習先として名乗りを上げ、採用に結びつける手もある

また、福祉系の専門学校だけでなく、福祉系の高校の新卒にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

東京都と神奈川県を合計すると私の知る限りでは、20校近く福祉系の高校が存在しています。彼らがどのようにして就職先を決めていくかを、以前、学校の先生に伺ったことがありますが、学校時代に行った実習先が多いという話を聞きました。

多くの介護施設や事業所は、従来は学校側から実習の依頼があって、それを受け入れるというスタンスが多かったと思うのですが、これからは、逆に施設や事業所側から「是非ウチに実習に来てください!」と提案するのもアリだと思います。

 

介護事業所から「ウチに実習に来てください」と手を挙げるという話は私の知る限りではあまり聞いたことがありません。だからこそ、インパクトがあるのではないでしょうか。

 

実習生の受け入れは手間がかかり、大変だと思います。また、実習生を受け入れたからと言って、必ずその人たちからの応募があるとは限りません。しかしこのような、「急がば回れ」「損して得取れ」的な取り組みは、最終的に必ず確率を上げて来ると思います。

 

民間の教育校へのアピール、体育系の大学・専門学校も意外な狙い目に

また、介護系の資格取得のための民間の教育校へのアピールも大切です。教育校は基本的に新卒者がターゲットではありませんが、資格を取得させた後、就職につなげることを目的にしているはずです。学校によっては、就職用のブースも設けてあると聞いたことがあります。ですから、そういったブースにエントリーしたい、と働きかけてみてはいかがでしょうか。

 

少し視点を変えると、体育系の大学、専門学校もねらい目かもしれません。あくまで私見ですが、一般の学生より元気があって、体力自慢の体育系の学生と介護事業所の親和性はかなりあると思っております。

しかしながら、体育大学や体育系の専門学校の就職指導室に、介護事業所の求人票はほとんど置いていないのではないでしょうか。少子化の現在、体育大学を卒業したからと言って、全員が体育の先生になれるわけではありません。

そこで彼らの強みを十分に発揮できる職場として、介護事業所のほうから、積極的に「ぜひウチに!」と提案してみるのも必要だと思います。

 

ハローワークの「ハートフルコーナー」の積極活用も

次は、ハローワークの「ハートフルコーナー」の積極活用についでです。

 

東京都内のハローワーク5ヵ所(池袋、足立、八王子、立川、渋谷)に、福祉分野専門の「ハートフルコーナー」という窓口が設けられています。

「ハートフルコーナー」は、福祉分野での就職したい人と雇用する側とのマッチングのために、さまざまなイベントを実施しています。

 

「バスツアー面接会」では、ハローワークの用意するバスで求人事業所を訪問してもらって、実際に施設の中を見ることにより理解を深めていただくとともに、施設の様子や求人の内容を詳しく確認してもらえるようになっています。

また、ハローワーク内で福祉関連企業の説明会や就職面接会などを行うこともあります。

 

「ハローワーク内で行う」という点に効果があったのかもしれませんが、私の顧問先がハローワークで事業所説明会を開催した際には、たいへん多くの求職者が来てくださいました。場合によっては、適職者のご紹介などもあるかもしれませんので、管轄のハローワークにぜひ一度お問い合わせください。

 

-

執筆者:

関連記事

no image

ダブル報酬改定の中医協議論本格スタート 2018年医療・介護ダブル改定を読むー7

 昨年末から、中央社会保険医療協議会(以下、中医協)において、2018年度診療報酬改定に向けた議論が本格化しています。スケジュールとしては、今年夏頃までに主な論点を明らかにし、年末までには基本方針を踏 …

no image

死を正面から見据える「看取りの医療」とは? 人生の最期の時を悔いなく生きるために-1

かつて末期がんなどの終末期医療が「敗北の医療」と言われていたことを皆さんはご存じでしょうか? 何十年も前の話ではありません。2000年の中頃まで「もう治療法がない」「なす術がない」という理由で、本当に …

no image

菅原健介さん(ぐるんとびー代表取締役)「つながるケア」で地域をそのまま介護施設に Vol.1

「僕のコンセプトは、エブリデイ・リハ。毎日の生活すべてがリハビリにつながる、という考え方です」。理学療法士(PT)の菅原さんは、小規模多機能型居宅介護「絆」(ナースケア)を3月末に独立、株式会社ぐるん …

no image

共に学び、共に歩む在宅医療カレッジ〜未来を変えるために今出来ることを〜ー1

月一回のペースで開催している医療法人社団悠翔会の佐々木淳先生が主催する「在宅医療カレッジ」。住み馴れた地域や我が家で最期まで暮らすためにはどうしたいいのか、職種を超えて学んでいます。今回は先月日経ホー …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その15 離職防止・定着促進に向けた具体策

辞めない人材採用のために必要なこととして、職場体験を通じて仕事内容を理解してもらうことが大事だが、さらに大切なのは離職防止・定着促進に向けた対策である。職員の満足度を高め、働きがいが感じられる職場づく …