閉じた介護現場を外に開き、広い視野を得ることが介護の未来につながる―未来をつくるKaigoカフェVol.3


投稿日: 更新日:

外部との接点が少なく、息の詰まりやすい介護の職場

多くの介護現場では、一つの箱の中、法人内での常識がすべてになりやすいと思います。それはなぜかというと、やはり外部との接点が少ない点にあるでしょう。

関わる人がスタッフ、利用者、家族などと限定されやすく、それ以外の人とは接する必要がない、と思っているところがあるかもかもしれませんし、もしかしたら、自分たちの視野が狭いという認識をもっている人が少ないのかもしれません。

 

私自身も、そのような環境で、常に息がつまる感覚がありましたし、職員間でのちょっとした意見の食い違いや問題が起こったときにも、逃げ場がなく、追い詰められたこともあります。

 

介護は賃金の割に、自らの対応一つが利用者の方の生死にも関わる、責任の重い仕事です。その上、職員間のトラブルなどがあれば、神経がさらに磨り減ることになり、職場はどんどん疲弊したものになっていきます。

 

カフェでの対話を通じ、自らの問題的に気づき解決の糸口を見出してほしい

介護現場の悪循環の一つに、介護職間、専門職間などにおいて対人コミュニケーションのギャップが生まれることも挙げられます。私自身も、そういったことを当事者として強く感じていたので、何とか突破口を見いだせないかと感じていました。

そんな中で、介護に必要なものは何か? と考えたとき、何か問題が起こっても、ギャップがありつつも、それを乗り越えていける「対話力」が大切なのではないか、と感じるようになりました。

 

多くの介護職は自分の言葉や考えを持たない人が多く、管理者に言われたから、とか看護師の言うとおりにしていれば・・などと、問題が起きないことを第一に考えてしまう、受け身で保身にまわりやすい傾向があるのかもしれません。

しかし、これからの介護の未来を考えたときに、先輩や上司がもしそのような姿勢、態度であったなら、自分なりの夢を抱いて介護の仕事を志そうという若者が、ついてきてくれるだろうか? 見せる後ろ姿はあるのだろうか? と感じました。

 

カフェでの対話を通じて、自らの問題に気づき、解決する糸口を見出せる人を増やしたいと思ったことも大きいです。

自分の頭で考えることができない人は、多くの場合、人の言うことに安易に流されてしまいがちですし、責任も持とうとしません。

それこそが介護現場の悪循環を増長させることにつながっていると思っていたので、まずは自分の言葉を持ち、上司や身近な同僚から言われた言葉に対しても、ぶれない軸を持って自分なりの意見を伝えられる介護職が増えていく必要があると、考えました。

 

自分たちの常識がすべてでないことを知り、広い視野を得る。介護現場を外に開き、もっと夢のある職場にしたい

私がカフェのような場を始めたのは、閉じた介護現場を外へ開き、自分たちの常識がすべてではない、ということを知る機会を持ってほしいと思ったからです。

そこで広い視野を得て、さまざまな取り組みや新たな業界の流れを知ることで、自らの組織や法人以外でも自分の力を活かせる場を得ることができるかもしれない。そうやって将来の選択肢の幅を広げ、夢のもてる介護職を増やしたい、という思いがありました。

 

カフェでは、現場の介護職や他専門職以外にも、経営者や保険外サービスを行っている人、学生や介護家族、一般企業の方など、多くの方との接点を持つことができます。

そのつながりから、地域でともにイベントや勉強会を開催したり、また現場と並行して、介護講師の仕事を始めたり、WEB上で介護コラムの連載を始められたり、自分が活かされる場を見出して、毎日をいきいきと楽しまれている方も増えてきています。

 

これからも、自分の頭で考える介護職を増やし、介護を外へ開き、明るくしていくことができるようなつながりづくりに貢献できれば、と思っています。

※対話から気づきが深まるカフェの「場」

 

-

執筆者:

関連記事

外国人

どうする!?現場の人手不足問題 ~外国人の活用を考える~

ここ数年、どの施設へ行っても「現場の人が足りない。これでは施設を回せない」という悲鳴に近い悩みの声が聞かれます。実際に、特養の一部のフロアを閉鎖せざるを得ない施設も存在します。 都心は人が集まるものの …

no image

介護業界生き残り戦略II 地域包括ケアシステムにおける住まいの重要性

4月から平成28年診療報酬改定が施行され、医療・介護業界はいよいよ平成30年の同時改定に向かって様々な政策が実行され、議論も活発化しております。今回の診療報酬改定を一部の側面から着目して見てみると『在 …

no image

死を正面から見据える「看取りの医療」とは? 人生の最期の時を悔いなく生きるためにー2

かつての「敗北の医療」から時代は変わり、「死」を正面から見据え、最期の時まで生きるための「看取りの医療」が行われるようになってきました。この看取りの医療について、前回に続いてお話ししたいと思います。 …

no image

介護事業所で女性に活き活きと働いてもらう方法ー2

目次1 ライフステージに合わせたシフトや雇用形態で女性特有の多様な働き方をサポート2 社会保険への加入は、長く安心して働いてもらえるための大事なポイント3 管理職抜きの「おしゃべり」で、日ごろのストレ …

no image

ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.2

介護経営における課題に中で業務効率化と離職率防止は大きなテーマだ。利用者サービスの質は担保されたままでスタッフの負担が軽減されるようなことがあれば、経営者としてはすぐにでも手を打ちたいところだ。少子高 …