介護にまつわる身近なテーマをもとに集い、自由な対話を楽しむ―未来をつくるKaigoカフェVol.1


投稿日: 更新日:

私たち介護職がもっと自分らしくいきいきと働くために

なぜ私がkaigoカフェを始めようと思ったかというと、自身が介護現場で長く働き、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーと資格を取得し従事するなかで、果たして今のままケアマネジャーとして働き続けることで、自分の目ざすべきゴールは見つかるのだろうか? そして、利用者の方のその人らしさを支援をする私たち介護職が、もっと自分らしくいきいきと働くためにはどうすればよいだろうか? と常々考えていたからです。

 

そんなとき、ソーシャルネットワーク上で、介護業界をさまざまな形で変えようと努力されている方の存在を知りました。組織の中の決められたレールの上ではなく、自分なりに貢献できる方法があるのではないか、また、これまで問題意識として感じていた「対話」を通じて前向きなつながりをつくることができないか、と感じ、フェイスブック上で仲間を募ったのがきっかけです。

 

カフェは、勉強会や研修会ではなく自由な対話形式で進めていくのが特長

Kaigoカフェは、「カフェ」という名前が表すとおり、講師から講義を受けるといったスクール形式の勉強会や研修会ではありません。

今までに、「介護職の魅力」「職場における環境づくり」「介護保険外サービスの未来」「地域に暮らしの保健室をつくるには」「地域に開かれた高齢者住宅の可能性とは」など、介護福祉にまつわるテーマを設け、自由なかたちで対話を行ってきました。

 

参加者は現場の介護職から経営者、医師や看護師、理学療法士や作業療法士、人材派遣会社や介護保険外サービス、学生や一般企業の方などバラエティーに富んでいます。

これまで延べ2500人以上の方に参加いただいていますが、来てくれた方同士でイベントや勉強会を開催したり、同様のカフェを他地域で開催したり、さまざまな形で有機的なつながりを生み出しています。

 

肩書や役職を外して語り合うことで生まれる情報発信力やチーム力

私自身、介護業界で長く働いているのでわかるのですが、現場の大半は経営的な問題から最低限の人員で仕事をしているので、なかなか人を育てることまで手が回らない状況にあります。

 

その点、対話にはお金がかかりませんので、介護はもちろん、医療や看護に関わる現場でもぜひ取り入れていただきたいと思っています。

 

会議などの場とは異なり、お互いが考えていること、悩んでいることを、肩書に関係なく出し合って意見交換をすることで、参加者各自の情報発信力やチーム力を高めることになりますし、さらに気づきも促し、日常に埋没することを防いでくれることにもつながります。

 

コミュニケーションギャップ、多職種との連携に悩む現場にとってヒントが得られる場に

特に医療や看護関係者との連携においては、お互いの視点の違いから、理解し合えないことも多い現状があるなか、こうした場でのファシリテーターを経験することで、自然と問題解決能力やコミュニケーション能力が身につき高まるとともに、職場でのコミュニケーションの質も高まります。

ですから、こういった自由な対話の場を取り入れることで、長い目でみれば組織としても成熟していけると思うのです。

 

カフェのような場は、現場でのコミュニケーションギャップ、他職種との連携の難しさに悩んでいた当事者である自分自身にとって、もっとも必要な場であったと言えるかもしれません。

 

これからも、私と同様の悩みを抱える介護に関わる人々がカフェに集い、カフェでの出会いと対話を通じて、自分なりの行動のヒントを持ち帰ってもらえる場であれたら、と思っていますし、そのような場を、さまざまな強みを持つ仲間とともにつくっていけたら、と考えています。


Kaigoカフェでの対話風景

-

執筆者:

関連記事

no image

在宅に求められる「覚悟」“ありのまま”を受け入れるために・・・

目次1 ナースコールの無い状況に耐えられるか・・・2 「やっぱり我が家が良い」と本音が言える環境を・・・3 「何かあったらどうするのか?」家族が抱える大きな不安4 在宅に求められるのは「高度なケア」 …

no image

マイナス改定を乗り越える創意と工夫

目次1 今回の改定では、介護職の専門性と事業所のあり方が問われてくる2 賃金改善以外の処遇改善の取り組みとして注目したい事例-老健施設における夜勤体制の検討例-3 職員アンケートをもとに。実情に即した …

no image

物損事例にみる、損害賠償の仕組みの基本と対処法(その2)

前回、「在宅サービス中、ご利用者宅の壁紙を傷つけてしまった」という事例を元に法的責任追及のメカニズムについてご説明しました。参考までに事例を再掲します。 目次1 在宅での物損事例2 これが「損害賠償の …

no image

起業のために必要な10のポイント―3.税理士との顧問契約と創業融資について

3回目は、起業に際しての税理面でのサポートが受けられる税理士の活用と、創業融資といった資金調達に欠かせない情報、そして半年で黒字転換するための経営者としての覚悟について触れる。 目次1 会計処理や税務 …

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」

  目次1 地域を支援する介護施設と在宅で365日24時間支援体制のできる居宅サービスが生き残る時代に2 医療と介護へ大改革のメスが入る2018年同時改定を踏まえた事業経営を 地域を支援する …