ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.3

投稿日:2015年11月19日 更新日:

エス・エム・エスではICTを使った介護事業者の業務効率化サービスを提供している。介護経営支援サービスカイポケのサービスの一つである「カイポケタブレット(iPad Air)」である。

タブレット導入により、進むICT化

「カイポケタブレット」では、居宅介護支援事業者、サービス事業者向けの業務アプリケーションがあらかじめインストールされている。介護現場では手書きの作業を行ない、マネジャーなどがパソコンに再入力することが多いが、タブレットをスタッフに使用してもらうことで、再入力の手間が省け、現場で入力したものを離れた事業所ですぐに見ることが可能だ。また、写真で記録できるため、より確かな状況を残して、スタッフ間で共有することが可能となる。。業務負荷の削減は介護の品質向上にも繋がり、利用者満足、利用者確保につながるとことがタブレット導入の狙いだ。

デイサービス向けのタブレットであれば、昨年6月にリリースされてから約1年で会員全体の7割の事業所が導入をした。今年の4月に実施した、「カイポケタブレット(通)の導入理由について」というアンケート結果からもへ業務効率化のニーズからタブレットを導入している事業所が多いことがうかがえる。(2015年4月エス・エム・エス調べ※回答教

管理者や経営者に求められるもの

介護ロボット・タブレットともに、導入する際にはそのメリットとデメリットを比較する必要がある。介護現場の負担は軽減し、国の方針にも沿っていることではあるので、導入する事業所が今後増加してくことは間違いないと言えるが、 一方で管理者や経営者が現場に導入を現場に丸投げするだけでは、むしろ負担が増えたと感じるスタッフが増えてしまうだろう。導入の意図やメリツトについて、現場のスタツフとしっかリコミュニケーションをとりながら、時には現場導入に関してマネージャーがしっかりとサポートしながら、業務効率化を進めていく必要があると言える。

介護ソフト「カイポケ」は、国保連伝送請求などの請求機能と、採用や営業などの支援をする経営・運営支援サポート機能を提供する新しいサービスです。
カイポケの詳細はこちら

-

執筆者:

関連記事

no image

外国人介護人材の雇用についてー1

EPA(経済連携協定)による受入れには多くの課題あり 現在、日本国内の介護事業所で働いている外国人スタッフは、 「活動に制限のない在留資格か資格外活動の許可の範囲内」で雇用されているか、 「(当該在留 …

no image

在宅に求められる「覚悟」“ありのまま”を受け入れるために・・・

ナースコールの無い状況に耐えられるか・・・ 末期の子宮頸がんの母を在宅で看取ったのは今から18年前のこと。がんが見つかった時にはすでに手遅れで、残念ながらもう手術をすることは出来ませんでした。 実は母 …

no image

介護事業所の人財育成―1

介護業界の「人財育成」とは? そもそも介護業界における「人財育成」とは、職員に何を教え、何を育むことなのだろうか? 多くの事業所では能力開発のために、スキルアップ研修等を行っている。しかし、いくら介護 …

no image

国分寺市における地域のマネジメントVol.1 基幹型地域包括支援センターの役割を知る

  国分寺市の地理的な特徴と歴史 国分寺市は東京都のほぼ中央に位置し、首都近郊にありながら武蔵野の面影を残す、水源と緑豊かなベッドタウンです。国分寺駅は中央線・武蔵野線、西武国分寺線・多摩湖 …

no image

「介護しながら仕事続けてる!」今こそ声を上げよう……ー1

まさに“絵に描いた餅”だらけ…… 欧米では1970年代以降から使われはじめた「ワーク・ライフ・バランス」という言葉。日本でも遅ればせながら2007年に「ワーク・ライフ・バランス憲章」が策定され、この時 …