ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.3


投稿日: 更新日:

エス・エム・エスではICTを使った介護事業者の業務効率化サービスを提供している。介護経営支援サービスカイポケのサービスの一つである「カイポケタブレット(iPad Air)」である。

タブレット導入により、進むICT化

「カイポケタブレット」では、居宅介護支援事業者、サービス事業者向けの業務アプリケーションがあらかじめインストールされている。介護現場では手書きの作業を行ない、マネジャーなどがパソコンに再入力することが多いが、タブレットをスタッフに使用してもらうことで、再入力の手間が省け、現場で入力したものを離れた事業所ですぐに見ることが可能だ。また、写真で記録できるため、より確かな状況を残して、スタッフ間で共有することが可能となる。。業務負荷の削減は介護の品質向上にも繋がり、利用者満足、利用者確保につながるとことがタブレット導入の狙いだ。

デイサービス向けのタブレットであれば、昨年6月にリリースされてから約1年で会員全体の7割の事業所が導入をした。今年の4月に実施した、「カイポケタブレット(通)の導入理由について」というアンケート結果からもへ業務効率化のニーズからタブレットを導入している事業所が多いことがうかがえる。(2015年4月エス・エム・エス調べ※回答教

管理者や経営者に求められるもの

介護ロボット・タブレットともに、導入する際にはそのメリットとデメリットを比較する必要がある。介護現場の負担は軽減し、国の方針にも沿っていることではあるので、導入する事業所が今後増加してくことは間違いないと言えるが、 一方で管理者や経営者が現場に導入を現場に丸投げするだけでは、むしろ負担が増えたと感じるスタッフが増えてしまうだろう。導入の意図やメリツトについて、現場のスタツフとしっかリコミュニケーションをとりながら、時には現場導入に関してマネージャーがしっかりとサポートしながら、業務効率化を進めていく必要があると言える。

介護ソフト「カイポケ」は、国保連伝送請求などの請求機能と、採用や営業などの支援をする経営・運営支援サポート機能を提供する新しいサービスです。
カイポケの詳細はこちら



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

-

執筆者:

関連記事

no image

菅原健介さん(ぐるんとびー代表取締役)「つながるケア」で地域をそのまま介護施設にVol.3

7月に菅原さんは藤沢の団地のなかに小規模多機能の新しい事業所を立ち上げるため、急ピッチで準備中です。その原動力となっているのは生まれ育ったこの町への熱い想い。地域の仲間たちとつくった「絆の会」の存在と …

no image

つくり笑顔の介護士は嫌われる?

介護職員のつくり笑顔は見破られる。本当に信頼に足る人物なのか、利用者やその家族の目は思った以上に厳しいからだ。本物の笑顔で接することのできる信頼される介護士になるにはどうしたらよいのか? 介護職として …

no image

保険者等による地域分析と対応

今回は平成28年4月22日に行われた第57回社会保障審議会介護保険部会の資料より保険者等(市町村)による地域分析と対応について解説したいと思います。介護費用が増加の一歩を辿る中、保険者ごとに抱える問題 …

no image

介護事業者は、行政との協働で地方への移住を回避しよう

目次1 どうする?高齢化のピークを迎える2025年。介護施設や高齢者住宅不足が深刻化2 高齢者の「地方移住」の前になすべきことは住み慣れた地域での受け皿づくり3 事業者との連携・協働作業抜きには語れな …

no image

介護施設の防災対策Vol2. ~火災編~

目次1 介護施設で起きた火災事故2 設備の見直しから火災拡大を防ぐ3 チェックリストで火災に備える4 火災は職員の対応で拡大が防げる 介護施設で起きた火災事故 平成十八年に長崎県大村市で起きた、認知症 …