ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.3


投稿日: 更新日:

エス・エム・エスではICTを使った介護事業者の業務効率化サービスを提供している。介護経営支援サービスカイポケのサービスの一つである「カイポケタブレット(iPad Air)」である。

タブレット導入により、進むICT化

「カイポケタブレット」では、居宅介護支援事業者、サービス事業者向けの業務アプリケーションがあらかじめインストールされている。介護現場では手書きの作業を行ない、マネジャーなどがパソコンに再入力することが多いが、タブレットをスタッフに使用してもらうことで、再入力の手間が省け、現場で入力したものを離れた事業所ですぐに見ることが可能だ。また、写真で記録できるため、より確かな状況を残して、スタッフ間で共有することが可能となる。。業務負荷の削減は介護の品質向上にも繋がり、利用者満足、利用者確保につながるとことがタブレット導入の狙いだ。

デイサービス向けのタブレットであれば、昨年6月にリリースされてから約1年で会員全体の7割の事業所が導入をした。今年の4月に実施した、「カイポケタブレット(通)の導入理由について」というアンケート結果からもへ業務効率化のニーズからタブレットを導入している事業所が多いことがうかがえる。(2015年4月エス・エム・エス調べ※回答教

管理者や経営者に求められるもの

介護ロボット・タブレットともに、導入する際にはそのメリットとデメリットを比較する必要がある。介護現場の負担は軽減し、国の方針にも沿っていることではあるので、導入する事業所が今後増加してくことは間違いないと言えるが、 一方で管理者や経営者が現場に導入を現場に丸投げするだけでは、むしろ負担が増えたと感じるスタッフが増えてしまうだろう。導入の意図やメリツトについて、現場のスタツフとしっかリコミュニケーションをとりながら、時には現場導入に関してマネージャーがしっかりとサポートしながら、業務効率化を進めていく必要があると言える。

介護ソフト「カイポケ」は、国保連伝送請求などの請求機能と、採用や営業などの支援をする経営・運営支援サポート機能を提供する新しいサービスです。
カイポケの詳細はこちら

-

執筆者:

関連記事

どうする!?現場の人手不足問題2 ~外国人の活用を考える~

前号では、外国人雇用のルートとして留学生、EPAと技能実習制度を紹介しました。後二者についてより詳しくみていきましょう。 技能実習制度は、EPAに比べ間口が格段に広いという意味でEPAは「エリート」、 …

no image

外国人介護人材の雇用についてー2

前回は、外国人スタッフを雇用する際には、事前にその者が自社で働くことができる在留資格を持っているかを必ず確認するなど、採用に関する注意点についてお伝えした。今回は、彼らを雇い入れた後の実務上のポイント …

no image

NPO法人シニアライフセラピー研究所 Vol.1 ボランティアを積極的に育成し、“おたがいさま”の風土をつくる

神奈川県藤沢市鵠沼地区に9年前、小さなNPO法人が産声を上げた。職員は立ち上げた鈴木しげさんただ一人。地域のニーズに応えていくうちに、気がつけば事業数は今や65にも及ぶ。シニアの人生(シニアライフ)を …

no image

対話の手法と運営上の心配り

目次1 介護ラボしゅうの対話手法2 KJ法のエッセンスを利用したワークショップの作り方3 KJ法のエッセンスを利用したワークショップの作り方24 ワールドカフェのエッセンスを利用したワークショップ5 …

no image

サ高住の運営スタイルが変わる!? 有料老人ホーム標準指導指針の改正による影響とは

目次1 サ高住の取り扱い見直しについての経緯2 サービス付き高齢者向け住宅の取扱いの見直し3 サ高住運営事業者さんが気をつける3つのポイント4 サ高住の職員配置について サ高住の取り扱い見直しについて …