ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.3


投稿日: 更新日:

エス・エム・エスではICTを使った介護事業者の業務効率化サービスを提供している。介護経営支援サービスカイポケのサービスの一つである「カイポケタブレット(iPad Air)」である。

タブレット導入により、進むICT化

「カイポケタブレット」では、居宅介護支援事業者、サービス事業者向けの業務アプリケーションがあらかじめインストールされている。介護現場では手書きの作業を行ない、マネジャーなどがパソコンに再入力することが多いが、タブレットをスタッフに使用してもらうことで、再入力の手間が省け、現場で入力したものを離れた事業所ですぐに見ることが可能だ。また、写真で記録できるため、より確かな状況を残して、スタッフ間で共有することが可能となる。。業務負荷の削減は介護の品質向上にも繋がり、利用者満足、利用者確保につながるとことがタブレット導入の狙いだ。

デイサービス向けのタブレットであれば、昨年6月にリリースされてから約1年で会員全体の7割の事業所が導入をした。今年の4月に実施した、「カイポケタブレット(通)の導入理由について」というアンケート結果からもへ業務効率化のニーズからタブレットを導入している事業所が多いことがうかがえる。(2015年4月エス・エム・エス調べ※回答教

管理者や経営者に求められるもの

介護ロボット・タブレットともに、導入する際にはそのメリットとデメリットを比較する必要がある。介護現場の負担は軽減し、国の方針にも沿っていることではあるので、導入する事業所が今後増加してくことは間違いないと言えるが、 一方で管理者や経営者が現場に導入を現場に丸投げするだけでは、むしろ負担が増えたと感じるスタッフが増えてしまうだろう。導入の意図やメリツトについて、現場のスタツフとしっかリコミュニケーションをとりながら、時には現場導入に関してマネージャーがしっかりとサポートしながら、業務効率化を進めていく必要があると言える。

介護ソフト「カイポケ」は、国保連伝送請求などの請求機能と、採用や営業などの支援をする経営・運営支援サポート機能を提供する新しいサービスです。
カイポケの詳細はこちら

-

執筆者:

関連記事

no image

高齢期における「豊かな食事」「美味しい食事」とは何か?-わんまいるの想い

  目次1 「初物を食べると長生きをする」と祖母は教えてくれた2 旬の食材には通常の3倍以上の栄養価が含まれている3 蔵元回りで学んだ商品づくりへのこだわり4 地域特産の食材をいかし、名物と …

no image

介護サービスについて事業経営の規模の拡大を示唆!! 経済財政運営と改革の基本方針2015

目次1 経済財政運営と改革の基本方針2015 計画の基本的考え方2 社会保障の基本的な考え方3 事業経営の規模の拡大を示唆!! 経済財政運営と改革の基本方針2015 計画の基本的考え方 平成27年6月 …

no image

介護事業所の人財育成-3

目次1 理念と直結した行動基準をつくる重要性2 裏付けとなる行動をもとに、具体的なレベルに落とし込む3 職員を褒めて育て上げ、キャリアパス要件にも応用する 理念と直結した行動基準をつくる重要性 弊所が …

no image

「介護地獄」を乗り切る知恵と力を

介護の社会化によって介護地獄が解消されると期待されたが、皮肉にも、介護家族の負担・苦悩は軽減していない。団塊の世代の高齢化も問題だが、その前にリストラの問題、親の介護、パラサイトシングルの子どもを抱え …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その6.なるべくコストをかけない打ち手

目次1 福祉系の専門学校に、土日祝日のアルバイトとして募集し、正式雇用につなげる2 急がば回れ! ボランティアも積極的に受け入れ、採用に・・3 福祉系高校の実習先として名乗りを上げ、採用に結びつける手 …