介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.3


投稿日:

更新日:

エス・エム・エスではICTを使った介護事業者の業務効率化サービスを提供している。介護経営支援サービスカイポケのサービスの一つである「カイポケタブレット(iPad Air)」である。

タブレット導入により、進むICT化

「カイポケタブレット」では、居宅介護支援事業者、サービス事業者向けの業務アプリケーションがあらかじめインストールされている。介護現場では手書きの作業を行ない、マネジャーなどがパソコンに再入力することが多いが、タブレットをスタッフに使用してもらうことで、再入力の手間が省け、現場で入力したものを離れた事業所ですぐに見ることが可能だ。また、写真で記録できるため、より確かな状況を残して、スタッフ間で共有することが可能となる。。業務負荷の削減は介護の品質向上にも繋がり、利用者満足、利用者確保につながるとことがタブレット導入の狙いだ。

デイサービス向けのタブレットであれば、昨年6月にリリースされてから約1年で会員全体の7割の事業所が導入をした。今年の4月に実施した、「カイポケタブレット(通)の導入理由について」というアンケート結果からもへ業務効率化のニーズからタブレットを導入している事業所が多いことがうかがえる。(2015年4月エス・エム・エス調べ※回答教

管理者や経営者に求められるもの

介護ロボット・タブレットともに、導入する際にはそのメリットとデメリットを比較する必要がある。介護現場の負担は軽減し、国の方針にも沿っていることではあるので、導入する事業所が今後増加してくことは間違いないと言えるが、 一方で管理者や経営者が現場に導入を現場に丸投げするだけでは、むしろ負担が増えたと感じるスタッフが増えてしまうだろう。導入の意図やメリツトについて、現場のスタツフとしっかリコミュニケーションをとりながら、時には現場導入に関してマネージャーがしっかりとサポートしながら、業務効率化を進めていく必要があると言える。

介護ソフト「カイポケ」は、国保連伝送請求などの請求機能と、採用や営業などの支援をする経営・運営支援サポート機能を提供する新しいサービスです。
カイポケの詳細はこちら



実地指導の準備はお済みですか?
実地指導に向けて対策しておくべきポイントについて、わかりやすくまとまっているPDF資料を、ぜひご活用ください。

執筆者:

関連記事

どうする!?現場の人手不足問題2 ~外国人の活用を考える~

2018/02/28  

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 前号では、外国人雇用のルートとして留学生、EPAと技能実習制度を紹介しました。後二者についてより詳しくみていきましょ …

病院で手を取り合う二人

真の自立支援とは~生きる意味を見出す“精神の自立”を支えること

2018/02/20  

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 4月からの介護報酬の改定が「自立支援」に重点を置いたものになります。 安倍総理も「介護がいらない状態までの回復を目指 …

外国人

どうする!?現場の人手不足問題 ~外国人の活用を考える~

2018/01/31  

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< ここ数年、どの施設へ行っても「現場の人が足りない。これでは施設を回せない」という悲鳴に近い悩みの声が聞かれます。実際 …

携帯電話

身近なITを活用したケアマネジャーとの連携方法

2017/11/17  

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 目次1 ケアマネジャーとの連携はスムーズにおこなえているでしょうか?2 連絡手段にはメールを活用 ケアマネジャーとの …

個人情報

個人情報保護対策 ~事故発生後の対処法・前編~

2017/11/15  

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 前号では、個人情報漏えいによる裁判事例をご紹介し、たとえヘルパーが業務時間外に行ったブログへの書き込みであっても、雇 …