ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるVol.3

投稿日: 更新日:

エス・エム・エスではICTを使った介護事業者の業務効率化サービスを提供している。介護経営支援サービスカイポケのサービスの一つである「カイポケタブレット(iPad Air)」である。

タブレット導入により、進むICT化

「カイポケタブレット」では、居宅介護支援事業者、サービス事業者向けの業務アプリケーションがあらかじめインストールされている。介護現場では手書きの作業を行ない、マネジャーなどがパソコンに再入力することが多いが、タブレットをスタッフに使用してもらうことで、再入力の手間が省け、現場で入力したものを離れた事業所ですぐに見ることが可能だ。また、写真で記録できるため、より確かな状況を残して、スタッフ間で共有することが可能となる。。業務負荷の削減は介護の品質向上にも繋がり、利用者満足、利用者確保につながるとことがタブレット導入の狙いだ。

デイサービス向けのタブレットであれば、昨年6月にリリースされてから約1年で会員全体の7割の事業所が導入をした。今年の4月に実施した、「カイポケタブレット(通)の導入理由について」というアンケート結果からもへ業務効率化のニーズからタブレットを導入している事業所が多いことがうかがえる。(2015年4月エス・エム・エス調べ※回答教

管理者や経営者に求められるもの

介護ロボット・タブレットともに、導入する際にはそのメリットとデメリットを比較する必要がある。介護現場の負担は軽減し、国の方針にも沿っていることではあるので、導入する事業所が今後増加してくことは間違いないと言えるが、 一方で管理者や経営者が現場に導入を現場に丸投げするだけでは、むしろ負担が増えたと感じるスタッフが増えてしまうだろう。導入の意図やメリツトについて、現場のスタツフとしっかリコミュニケーションをとりながら、時には現場導入に関してマネージャーがしっかりとサポートしながら、業務効率化を進めていく必要があると言える。

介護ソフト「カイポケ」は、国保連伝送請求などの請求機能と、採用や営業などの支援をする経営・運営支援サポート機能を提供する新しいサービスです。
カイポケの詳細はこちら

-

執筆者:

関連記事

no image

医療と介護の改革をどう進めるか―イギリス、フランスの調査を終えて

目次1 イギリス、フランスの公的介護サービスは、税金でまかなわれている社会的扶助制度2 公的介護サービスが始まったのは日本より新しい3 しかし医療制度は日本に比べ、先進国。在宅診療も充実4 日本で地域 …

no image

介護事業所で女性に活き活きと働いてもらう方法ー1

目次1 まずは育児・介護に関する諸制度を理解することから・・2 社会保険料の免除や所得補償の給付を受けられる職員もなかには居るはず3 給与アップが簡単に望めない現状だからこそ、労務環境の改善が必要 ま …

no image

株式会社 ゴルディロックス(東京都板橋区) Vol.2 リハビリ特化 医療専門集団

2013年5月の創業以来、完全リハビリ特化型デイサービス、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションと経営を広げてきたゴルディロックス。龍嶋代表と萩原代表の2人に経営理念、サービスへのこだわり、今後につ …

no image

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」 vol.5

目次1 地域のニーズに合わせた経営戦略へ!経営陣が意識を変えることが先決!2 現状と課題について3 対応策について 地域のニーズに合わせた経営戦略へ!経営陣が意識を変えることが先決! 前回に述べた、医 …

no image

地域の問題を解決する人は地域から輩出される

  目次1 社会保障分野では、介護だけでなく子育てにもニーズがたくさん2 介護事業者も視野を広げれば問題解決で事業が拡大できる3 予防事業とのつながりや介護とも連携した地域サービスの展開 社 …