ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるvol.1


投稿日: 更新日:

介護経営における課題の中で業務効率化と離職率防止は大きなテーマだ。利用者サービスの質は担保されたままでスタッフの負担が軽減されるようなことがあれば、経営者としてはすぐにでも手を打ちたいところだろう。今回は課題解決の一つとして検討したいICTと介護ロボットについて取り上げる。

人材不足の中、今後はICTやロボットが重要なテーマに

少子高齢化の問題点は被介護者としての高齢者が増加することだけでなく、それを支える人材が色々な業界で取り合いになってしまうことにもある。

では、少ない人材でどのように問題を解決していけばよいのか。その一つの方法にテクノロジーを使った解決方法が期待されている。

 

今年の6月、内閣府は経済財政諮問会議における取りまとめ「経済財政運営と改革の基本方針2015 について」を発表した。

その資料の中で社会保障における公的サービスの産業化に関して「介護サービスについて、人材の資質の向上を進めるとともに、事業経営の規模の拡大やICT・介護ロボットの活用等により、介護の生産性向上を推進する」としっかりと明記されている。

 

これを具体的に解釈していくと、規模の大きい事業所を増やしていくことで全体の固定費を下げる、インターネットとiPadのような入力・表示ツールを使うことで業務を効率化していく、そして新しいテクノロジーである介護ロボットなど現場に導入していくとによって、少ない人材でも現場が円滑に回るようにしていくことを促進していくと読み取れるのではないだろうか。

 

介護ロボットとは?

「介護ロボット」は聞いたことがあるが、実際にはどのようなものを指すのか定義はされていない。

社団法人かながわ福祉サービス振興会が発行している「介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業報告書」によると、移乗・入浴・排泄など介護業務の支援をする「介護支援型」、歩行・リハビリ・食事・読書など介護される側の自立支援をする「介護支援型・自立支援型」、利用者やスタッフを癒したり見守りをしてくれる「コミュニケーション・セキュリティ型」に分けられるとしている。

 

また同会では、ロボット導入におけるこれまでに反省点として、「施設スタッフのロボットに対する認知の不十分」、「ロボット導入における効果や導入手順など、施設スタッフの不安」、「導入・運営費の経済的なリスク回避」があげている。これはロボットだけでなくタブレットを活用したICT導入にも同じことが言えそうだ。

 

施設経営者、マネジャーが費用と効果を十分に検討して、メリットがあると判断した場合には、導入の道筋を敷き、スタッフ全員が活用できるような現場を作っていくことが今後の効率化のカギになっていくだろう。

 

参考資料:社団法人かながわ福祉サービス振興会「平成 23 年度 介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業 報告書」

-

執筆者:

関連記事

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その14 「辞めない人材」を採用する

職員採用のための実践的ノウハウを伝えてきたが、翻って、そもそも「辞めない人材」を雇用し、離職率を下げ、職員が定着するようになるには、どうすればよいか? 人手不足だから、とだれでも雇用するのではなく、採 …

no image

「ご立派!ご立派!」天国から聴こえるお義父さんの声……~女流講談師・田辺鶴瑛さんが紡ぐ「介護講談」~

今回は「介護を語れる」きっかけの1つになる映画を紹介します。自主上映の形で今月から公開される女性講談師・田辺鶴瑛さんが実母、義母、そして義父の3人の介護体験を元に創作したオリジナル講談を収録したドキュ …

no image

問題職員を雇い続ける余裕はない!解雇に向けた正しい手順とはー4

 今回も、問題職員の解雇の方法です。退職勧奨をしても全く応じる気配が無い場合、やむを得ず解雇を言い渡す場面をみていきましょう。  前前号で解説した普通解雇と懲戒解雇の違いを、覚えていますでしょうか。「 …

no image

三浦康孝さん(湘南デイサービス代表)老人ホームでの経験を経て、人との出会いが起業(立ち上げ)のきっかけにvol.1

「湘南デイサービス」は、小田急線・本鵠沼駅より徒歩15分。古民家を改装した小規模デイサービスです。まるで誰かの家に遊びにきたようなアットホームさと“ワンちゃんと触れ合えるデイサービス”として、周辺地域 …

no image

ケアマネへの営業活動について―2 日ごろから顔の見える関係を築き、コミュニケーションを円滑に!

ケアマネジャーさんとの関わりを、前回に引き続き書きます。今回は、関係性ができた後のことについて触れてみましょう。電話での対応、利用者さんの見学希望への対応のしかた、そしてどういった情報が喜んでもらえる …