ICT(タブレット)や介護ロボットが、介護経営の課題解決になるvol.1


投稿日: 更新日:

介護経営における課題の中で業務効率化と離職率防止は大きなテーマだ。利用者サービスの質は担保されたままでスタッフの負担が軽減されるようなことがあれば、経営者としてはすぐにでも手を打ちたいところだろう。今回は課題解決の一つとして検討したいICTと介護ロボットについて取り上げる。

人材不足の中、今後はICTやロボットが重要なテーマに

少子高齢化の問題点は被介護者としての高齢者が増加することだけでなく、それを支える人材が色々な業界で取り合いになってしまうことにもある。

では、少ない人材でどのように問題を解決していけばよいのか。その一つの方法にテクノロジーを使った解決方法が期待されている。

 

今年の6月、内閣府は経済財政諮問会議における取りまとめ「経済財政運営と改革の基本方針2015 について」を発表した。

その資料の中で社会保障における公的サービスの産業化に関して「介護サービスについて、人材の資質の向上を進めるとともに、事業経営の規模の拡大やICT・介護ロボットの活用等により、介護の生産性向上を推進する」としっかりと明記されている。

 

これを具体的に解釈していくと、規模の大きい事業所を増やしていくことで全体の固定費を下げる、インターネットとiPadのような入力・表示ツールを使うことで業務を効率化していく、そして新しいテクノロジーである介護ロボットなど現場に導入していくとによって、少ない人材でも現場が円滑に回るようにしていくことを促進していくと読み取れるのではないだろうか。

 

介護ロボットとは?

「介護ロボット」は聞いたことがあるが、実際にはどのようなものを指すのか定義はされていない。

社団法人かながわ福祉サービス振興会が発行している「介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業報告書」によると、移乗・入浴・排泄など介護業務の支援をする「介護支援型」、歩行・リハビリ・食事・読書など介護される側の自立支援をする「介護支援型・自立支援型」、利用者やスタッフを癒したり見守りをしてくれる「コミュニケーション・セキュリティ型」に分けられるとしている。

 

また同会では、ロボット導入におけるこれまでに反省点として、「施設スタッフのロボットに対する認知の不十分」、「ロボット導入における効果や導入手順など、施設スタッフの不安」、「導入・運営費の経済的なリスク回避」があげている。これはロボットだけでなくタブレットを活用したICT導入にも同じことが言えそうだ。

 

施設経営者、マネジャーが費用と効果を十分に検討して、メリットがあると判断した場合には、導入の道筋を敷き、スタッフ全員が活用できるような現場を作っていくことが今後の効率化のカギになっていくだろう。

 

参考資料:社団法人かながわ福祉サービス振興会「平成 23 年度 介護・医療分野ロボット普及推進モデル事業 報告書」

-

執筆者:

関連記事

no image

サ高住の運営スタイルが変わる!? 有料老人ホーム標準指導指針の改正による影響とは

目次1 サ高住の取り扱い見直しについての経緯2 サービス付き高齢者向け住宅の取扱いの見直し3 サ高住運営事業者さんが気をつける3つのポイント4 サ高住の職員配置について サ高住の取り扱い見直しについて …

no image

猛威を振るうランサムウェア、標的型メール等から身を守ろう

昨今、運送会社を名乗る「商品配達のお知らせ」メールや、「議事録です」「写真1」などといったありふれた題名のメールを受信する機会が増えてはいないだろうか? ごくごくありふれた題名である為、ついついメール …

no image

在宅のご利用者の徘徊、危険運転リスクにどう対処すべき?ー2

前回、在宅のご利用者が認知症だった場合の事故リスクを取り上げました。運転をやめないご利用者Aさんが事故を起こし第三者に怪我を負わせた場合、担当ケアマネであるBさんが責任を負うかという問題について、別居 …

no image

人材確保のための実践的アドバイス―その3.採用・ウリとは何か?

目次1 「ウリ」をきちんと表現して、うまくアピールする2 どんな介護を提供しているかも大きなポイントに3 「チームワークの良さ」はいちばんの切り札となる言葉4 チームワークが良いことで生まれる具体的な …

no image

共に学び、共に歩む在宅医療カレッジ〜未来を変えるために今出来ることを〜ー2

前回に引き続き、11月に開催された、医療法人社団悠翔会の佐々木淳先生主催の「在宅医療カレッジ」のシンポジウム、「これからの医療と介護のカタチ~超高齢社会を明るい未来にするための10人の提言」の報告をし …