独立開業・起業

介護スタッフにおすすめ!ケアの質を向上させるユニフォーム&制服とは


投稿日: 更新日:

この、ユニフォーム、ジーンズ生地で出来てるからすごく動きにくくて疲れるよ…

それは、疲れるね…ここでは、ケアの質を上げるためのユニフォームについて紹介していくから、一回読んでみよう!

なるほどね!この記事の内容を意識して、ユニフォームを考えていこう!

これから介護事業に参入しようと検討している方の中には、ユニフォームをどうすれば良いかと悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。

介護職員は、サービスを利用される方のお宅に伺って介護業務を行うこともあります。高齢者の方の生活の中に入っていくため、動きやすければどのような服装でも良いというわけではありません。

では、介護職員のユニフォームには、どのような役割があるのでしょうか。デザインや機能も含めてお伝えしていきたいと思います。

介護服を着た女性

介護のユニフォームの役割について

ご利用者にとってのメリット

介護サービスにおいてユニフォームは、まずご利用者にとってどのようなメリットがあるのかを考えなければなりません。この利点をしっかりと把握しておくことが、今後の介護サービスを行っていく上でケアの基盤になります。

ひと目で安心、介護スタッフの認識力が高まる

施設内のスタッフが統一のユニフォームを着ることで、ご利用者から介護サービスのスタッフであると認識しやすく、そのユニフォームを着ている人を見ると安心することができます。

ご利用者は、たいへん高齢の方も多く、老眼が進んでいれば職員の顔と名前を一致させることも難しいかもしれません。そこで活躍するのがユニフォームです。どの職員やスタッフも同じユニフォームを着ていることで、まず「介護サービスの関係者である」と安心感を与え、なおかつ、ご利用者とスタッフの間柄が親密になる手助けもしてくれるでしょう。

統一感と清潔感が出て、好印象を与えるきっかけに

介護サービスのご利用者は、介護スタッフに対してさまざまな印象をお持ちになります。介護サービスを行う上では、良い印象を持っていただくに越したことはありませんが、残念ながら悪い印象を抱かれる場合もあります。身だしなみはそんな印象を左右する第一歩。

例えば、私服はカジュアルで親しみやすさを演出する一方で、見る人にとってはだらしなく映り、必ずしも好印象とは限りません。

しかし、ユニフォームであれば、統一感や清潔感があり、悪い印象を持たれる要素が少なくなります。また、専門職としてしっかりケアをするイメージが持ちやすく、好印象を持って頂くきっかけとなります。

介護スタッフにとってのメリット

介護業務の服装にもう悩まない

介護サービス事業所において、ユニフォームを採用していないところでは、衛生面などに配慮して、わざわざ業務用の私服を自身で購入されている介護スタッフもおられます。ユニフォームがあれば、業務の際の服装に悩む必要がなくなります。

また、福利厚生としてユニフォームを提供すれば、その介護サービス事業所への帰属意識も高まるでしょう。

連帯意識が高まり、ケアの質が向上

新人職員であってもユニフォームを着ることで、その介護サービス事業所で働いている一員という自覚が出ます。先輩達と同じユニフォームを着ることは連帯意識が高まる要因にもなるでしょう。

また、同じ職員として責任感も生まれ、ケアの質も高まる効果があると言えます。

介護のユニフォームの種類

介護のユニフォームにはどのようなものがあるか、その種類と一般的な価格について見ていきたいと思います。

ポロシャツ

一般的な価格として1500~4000円程度で販売されています。

ポロシャツは襟がついているので、フォーマルに見えるというメリットがあります。

また、介護業務中に汗をかいたり、水に濡れたりするような場合でも、速乾性や吸汗性に優れているために、介護スタッフにうってつけの機能を持ったユニフォームであると言えるでしょう。

シャツ

一般的な価格として1500~5000円程度で販売されています。

襟がついているタイプが多く、きちんと見えるところがメリットです。ただし、種類によっては、ボタンが多く、動きにくいものがありますので注意が必要です。

また、他の服の種類と比較すると、速乾性・吸水性が低いために介護業務のユニフォームとして採用する際には、素材なども吟味した方が良いでしょう。

Tシャツ

一般的な価格として400~1500円程度で販売されています。

Tシャツはポロシャツなど他の種類の服と比べても単価が安いので、できるだけ初期コストを下げたい方におすすめできます。

着続けているとシャツの首元が伸びたり、汚れたりすることが多く、そうなると不潔な印象を与えてしまうので、定期的にユニフォームの支給が必要になると言えるでしょう。

エプロン

一般的な価格として2500~4500円程度で販売されています。

エプロンにはポケットがついており、ボールペンやメモ帳、その他小物を入れることができてとても機能的です。

また、業務中に汚れてしまった場合も、すぐに取り外すことができ、洗い替えができるためたいへん便利です。

介護ジャージ

一般的な価格として5000~10000円(上下)程度で販売されています。

身体介護などで激しく動く場合でも、業務の邪魔になりません。また、吸水性・速乾性に優れていますので、どんな場面の介護業務においても適しています。

ただし、前面に金属製のファスナーがある場合は、注意が必要です。高齢者の皮膚はとても弱く、金属が軽く擦っただけでも皮膚が剥がれたり、傷付けたりしてしまう場合がありますので気をつけましょう。

介護のユニフォームのデザイン・機能

介護のユニフォームのデザインや機能について、そのメリットからお伝えしていきたいと思います。

ポケットなど収納スペースが豊富

介護現場において、ポケットなどの収納スペースの有無は、業務を進める上でとても重要です。介護スタッフは、頻繁に記録を取ることがありますが、介護記録を記載する前のメモやボールペンをポケットなどに入れておくことができれば、介護業務で気づいた点などをすぐに記載しておくことができます。また、ビニール手袋や尿取りパッドなどもポケットに入れられ、様々なシチュエーションに対応しやすくなります。

汚れても洗いやすい

介護業務では、食事、排泄、入浴などの際に汚れることが多くあり、「洗いやすい」ことは大きなメリットです。また、ユニフォーム自体は傷みにくい素材になっていますので、繰り返し洗っても着続けていくことが可能です。コスト面においてもリーズナブルと言えるでしょう。

動きやすい

介護業務においてユニフォームに採用されているものは、機能性が高く、とても動きやすい素材となっているのが特徴です。そのため、身体介護が多い介護現場においても、ストレスなく介護を行う事ができ、たいへん便利です。

吸水性・通気性が良い

介護スタッフは、入浴介助など汗や水に濡れる業務が少なくありません。そのため、吸水性や速乾性に優れているユニフォームを着ることで、安心して介護業務を行えます。また、通気性も良く、入浴介助などの暑い室内での介護業務であっても蒸れるような場面が少なく済み、快適に介護業務を行えるメリットがあります。

介護のユニフォームの購入方法

介護ユニフォームは、店頭で購入する事もできますし、通販でも購入可能です。そのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

店頭で購入

実際に手に取ってみて、サイズや色を確認できる点がメリットです。介護サービス事業所のイメージなどと合わせたカラーにできることも、店頭購入ならでは。

しかし、デメリットとしては、多数の職員に大量購入する場合は手間が掛かってしまうことが挙げられます。一般の販売店においても、ユニフォームなどの受注の場合、届けてもらえたり、刺しゅうを入れてもらえたり、次回から電話や

FAXでの注文が可能となるような場合もありますので、販売店に確認すると良いでしょう。

通販で購入

通販での購入のメリットは、大量購入が簡単であることです。職員が大勢いるなど、ある程度多く購入しなければならない場合は、一括で楽に注文ができます。通販の場合、インターネットやFAXを使って購入するため、買いに行く手間が省けますし、届けてもらう場所も指定できるため、大変便利だと言えるでしょう。

しかし、やはり手に取って購入できないため、細かいサイズや色などはカタログやインターネットのサイトを見て判断するしかありません。通販サイトによっては、簡単な見本を送ってくれますので、確認しましょう。また、大きさは一般的なサイズと微妙に違うような場合もあるため、しっかりと確認して購入手続きを進めてください。

まとめ

ユニフォームは、ご利用者にとっても介護スタッフにとっても、メリットの大きいものであると言えます。ご利用者が快適に介護サービスを受けることができ、同時に介護スタッフがストレスなく介護業務を行うためには、ユニフォームの導入を進めていただきたいと思います。

この記事を読んで参考になったという方は、ぜひシェアをお願いします。

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

避ける

介護事業所の営業停止を受けないようにするには?

最近、介護事業停止のニュースを良く見るけど、僕の介護事業所は関係ないかなー そんなことないよ!カイポチくん!指定基準をしっかり確認しないとうっかり違反して、介護報酬を返還する場合もあるんだよ! え!そ …

ブランド

ショートステイのパンフレットを作成するには?

パンフレットなんて、今のネットの時代にいるかな? ネットの使い方が分からないけど、ショートステイの事業所を探している人はたくさんいるよ。その人たちのためにもパンフレットを制作する事は重要なんだよ!! …

デイサービス

通所介護(デイサービス)の指定基準とは?

もう、年だからデイサービスの指定基準を覚えるのも一苦労だ 大丈夫。この記事を読めば、デイサービスの指定基準について知ることが出来るよ ほぉ!これは分かりやすい!世の中、どんどん進歩しているなぁ 201 …

車椅子の方を介護

介護事業にどのような什器が必要なのか?調達方法もご紹介

介護事業を始めたいけど、什器を調達するの大変そうだなぁ ほうほう、そのような悩みがあるなら、この記事を読んでみるといいでしょう。介護事業の什器について詳細に説明しているよ。 確かに、分かりやすいです! …

備品

介護老人保健施設に必要な備品、一覧にしてご紹介

改めて、施設の備品を揃えるんだけど何が必要なんだろう? 介護では様々なモノを使うからね。ここに、必要なもの一覧を載せたから参考にしてみて~ え~!すごい分かりやすい!!ありがとう、カイポチ君!! 介護 …