独立開業・起業

ショートステイ用のチラシを作るには?

投稿日: 更新日:

僕のショートステイ事業所の宣伝をしたいけど、何をすれば良いか分からないなぁ

わしの通っていたショートステイの施設ではチラシを配って宣伝をしていたよ。この記事を読めば、ショートステイのチラシについて分かるよ

なるほど。これで、僕もチラシを作れるようになるね!!

高齢化で需要が高まる一方で、新しい施設は知名度が低かったり信用が足りなかったりすることで開業当初は利用者を増やすことが中々難しいです。

そのため、広報・営業活動が利用者獲得の鍵となってきます。

今回の記事では、ショートステイで利用者を増やすために有効的なチラシの作り方や制作会社の選び方などを説明していきます。

 

 

ショートステイのチラシの目的

一般的に、介護サービスは多くの人にとって見分けがつきづらく、その詳しい内容や利用料金などが分かりにくいかと思います。

また、ショートステイは「通所介護」や「訪問介護」と比較してあまり認知されていません。

つまり、本来必要としている人に利用してもらえない可能性もあるのです。

 

そのため、利用者を増やすという目的のためにはもちろん、利用者やご家族のためにもチラシなどを利用した宣伝を行う必要性はとても高いでしょう。

 

 

ショートステイのチラシ制作会社の選び方

チラシを作るといっても、ショートステイの運営をしながらチラシの作成まで行うことは現実的ではないため、一般的にはチラシの制作会社に外注することになるでしょう。

チラシの制作会社を選ぶには主に以下のポイントがあります。

 

料金

料金については、誰もが考えるように「安さ」が大切です。

高齢化により介護サービスの需要が高まっているとはいえ、ショートステイは簡単に大金が稼げるようなビジネスと言えるほど収益性が高いビジネスではありません。

営業に積極的に投資を行うことも難しいため、チラシ制作にかかる費用も可能な限り抑えましょう

 

販売力

制作下請けとして働いてくれる会社ではなく、ビジネスパートナーとしてチラシ制作を請け負ってくれるかどうかが判断材料として大きなポイントです。

 

実績

自分が求めるものに近いデザインの制作物を作った実績があるかどうかを判断するため、制作会社の実績は確認しましょう。

 

 

ショートステイのチラシの制作費用

チラシの制作にかかる費用は、会社や注文内容によって大きく変わることから、それぞれの制作会社のホームページを確認することが大切です。

特に、別途費用として、修正に対する料金や配送料など各種オプションサービス料金が発生する会社もあるため、事前に細かく確認しておく必要があります。

 

A3 35,200円
A4 32,600円
B4 38,000円
B5 25,340円

 

この金額は大手数社のデザインに関する費用の平均価格ですので、参考にしてください。

これに加えて、会社によって印刷料金や各種オプション料金が加わりますし、またそれぞれ片面のみか両面か、モノクロかカラーか等でも金額は変わってきます。

 

 

ショートステイのチラシの配布方法

 

チラシを制作したら、今度はそのチラシを使った周知方法を考える必要があります。

方法としては、主に以下のようなものがあげられます。

 

  • 個別配布
  • 特定の場所に設置、貼る
  • ホームページ上で公開する

 

個別配布は、一般的にポスティングと呼ばれるポストへの投函などがあげられます。

これは、様々な会社によって行われていることですが、たとえば「チラシお断り」といった意思表示がされている場合、敷地内に入るだけで住居侵入罪になることもありますので、注意が必要です。

 

特定の場所に設置する方法としては、官公庁などなるべく福祉関係で困る人が訪れやすい場所への設置が好ましいといえます。

設置にあたっては、その場所を管理する人に許可を取れば良いので、ポスティングほどナイーブな問題が生じることは多くありません。

 

ホームページ上での公開は誰に咎められるものでもありませんし、また他の配布と並行して活用できる方法です。

最近ではSNSなどの活用も広がっているため、検討する余地は大きいものとなっています。

 

 

ショートステイのチラシを作るうえでの留意点

チラシを作る際には、誇大広告や虚偽広告にならないように気をつける他、景品表示法全般に注意する必要があります。

また、チラシの制作にあたっては、やはりそれを見た人がそのショートステイを利用したいと思えるものになっていることが大切です。

「サービス内容」「対象者」「料金」といった内容はできるだけ分かりやすく、伝わりやすいレイアウトにするといった配慮をしましょう。

 

また、人間はイメージに左右されて行動してしまうことが多いため、チラシを制作する上では過剰にならない程度にその施設やサービスの良さを伝えることを念頭におきましょう。

 

 

まとめ

高齢化、介護疲れが問題となる中でショートステイは重要なサービスになりつつありますが、そのような重要性がありながらも知ってもらえなければ価値が認められません。

そのためチラシの重要性は高く、その作り方や制作会社選びがとても重要な要素になります。

 

この記事が参考になった方はシェアをお願いいたします。

5/5 (2)

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

ブランド

ショートステイのパンフレットを作成するには?

パンフレットなんて、今のネットの時代にいるかな? ネットの使い方が分からないけど、ショートステイの事業所を探している人はたくさんいるよ。その人たちのためにもパンフレットを制作する事は重要なんだよ!! …

知っておくべき

理学療法士の独立、その時知っておきたいこと

これから独立・開業を考えている理学療法士の皆様、独立・開業するために必要な方法やリスク、対策についてどれくらいご存知でしょうか。 この記事では、独立するにあたって、その手順からかかる費用までを解説しま …

パンフレット

定期巡回・随時対応型訪問介護看護のパンフレットとは?

パンフレットなんて、今のデジタルの時代にいらないでしょ。 わしは、ネットの使い方が分からないから、パンフレットの方がありがたいのう。 なるほど!!ネットだけだと、営業の時とか大変だもんね!!よし!パン …

考える女性

デイサービスの設計をする際に考えることは?

  今までの介護知識の経験を活かして、デイサービスで開業したいんだけど、どのような手順で進めればよいか分からないなぁ 大丈夫だよ!この記事を読めば、デイサービスの事業所の設定について学ぶことが出来るよ …

小規模デイサービス(地域密着型通所介護)の開業で押えておきたいポイント

開業って気合いで成功するでしょ!! ・・・ ・・・ ・・・ はい、この記事読んでしっかり勉強します 地域包括ケアシステム構築の一端を担う小規模デイサービス(地域密着型通所介護)。 地域に根ざした介護サ …