独立開業・起業

デイサービス事業所のリフォームをしたい!

投稿日: 更新日:

デイサービスを開業・新規立ち上げを考えている経営者の皆様、経年劣化により、改修を考えている皆様、デイサービスのリフォームの流れについてご存知でしょうか?

今回の記事では、デイサービスのリフォームの流れ、留意点・リフォームを安くおさえるためのポイント等を説明します。一読し、今後の経営にお役立てください。

リフォーム

デイサービスのリフォームって何?

介護事業者指定を受けてデイサービス(通所介護)を運営するには、設備基準を守らなければいけません。設備基準の詳細は自治体ごとに変わってきますので、詳しくは開業場所の自治体に問い合わせてみてください。

食堂及び機能訓練室

食堂と機能訓練室は基準を満たしていたら、兼用する事も可能です。食堂とは利用者が食事をする場所、機能訓練室は通所目的の一つのリハビリテーションを行う場所です。一人に対して3㎡以上ある事が基準となっています。

定員が10名のデイサービス開業を検討しているのなら、10(定員)×3㎡=30㎡ 以上のある部屋を確保しなければなりません。自治体によっては、棚などの設備設置のスペースを含まない場合もありますから、それ以上の広さの部屋を確保する事が望ましくなります。

静養室

名前の通り利用者が静養する部屋の事を言います。最低でも1人の利用者が休めるベッドを設置する必要があります。また、自治体によってはパーテーション等で仕切りを利用する事で認められる事もあります。

利用者が高齢という事を考えると複数のベッド、または布団が必要となります。また、女性の利用者の事を考慮しプライベートが保たれる空間を用意出来るのが理想となります。

また、自治体によっては車いすでの移動が難しい・下肢筋力低下、利用者全員が公平に利用できない観点から、階段昇降での2階設置の静養室は認められないことがあります。

相談室

利用者や家族が事業所やケアマネジャーに相談をしたり、会議をしたりする為の部屋になります。プライバシーを考慮して相談内容が外に漏れない様に配慮する必要があります。また、自治体によってはパーテーション等での仕切りは認められない場合もあります。

事務所

スタッフ用の机・椅子を配置するスペースが必要となります。運営の事務を行う場所ですので、個人情報などの重要書類を保管するために鍵付き棚などの設置が必要となります。

その他(厨房、便所、脱衣所、浴室)

厨房

食事提供サービスをしないなら、必要はありません。食事提供サービスや調理レク等を出来る事業所の開業を考えている場合、設置が必要となります。その際は、定員分調理が出来るスペースや食器類を収納出来る棚などを設置するスペースを考慮する必要があります。

便所

車いす使用、介護スタッフによる介助が必要な方の利用を考慮して、充分なスペースと手すりの設置が必要となります。

脱衣所、浴室

手すりやベンチ(長椅子等)、衣類を収納する棚が必要となります。また、利用者の安全・プライバシーを考慮しなければなりません。浴槽は車いすのまま入浴出来る浴槽や、座位保持が出来ない方のストレッチャー式など多岐にわたります。確保出来るスペースや利用者の介護度を考慮して決める必要があります。

デイサービスのリフォームのプロセス

リフォーム手順

  1. 業者を見つける
    リフォーム業者を決める際は、複数の業者に見積もり依頼をする事が必須事項となります。複数の業者と比べる事で、競争原理を働かせ適正料金で比べる事ができます。

    また、複数の会社で比べれば、デイサービス開業・運営でのヒントを得られる可能性もあります。

    初めてのデイサービス開業ならば、デイサービス施工実績が複数ある会社を選択するのが望ましいです。

  2. 業者との打ち合わせ
    • ヒアリング
      業者とどのような内装にしたいのか、打ち合わせをしながら希望をかためます。
    • 現場調査
      電気系設備や、水道管設備を確認し、どこにトイレや浴室、厨房を設置するかなどを調査します。
    • 工事見積書
      ヒアリング・現場調査を経て、工事にかかる費用や時間を書面にて提出してもらい、どの業者と契約をするのかを決めます。
  3. 契約
    ここで一番大事な事が、契約を結ぶ前に自治体に図面を持って相談に行く事です。契約をしてから指定要件をみたしていない事が分かっても、施工内容の変更をしたり、開業したりする事が出来ない土地や建物だったりする場合があるからです。

    自治体に相談した後は、開業したい地域の消防署にも相談に行かなければなりません。消防法上の基準を満たしているのか確認する事も大切です。自治体・消防に確認をとれてから、工事業者との契約を結びます。

    契約時のチェックポイントは、建設工事請負契約書と約款の両方を準備しているかです。町工場の様な施工会社では約款を準備していない場合があります。約款がなければ詳細な工事内容が確認できず、後々トラブルが発生する原因につながるので注意してください。

    建設工事請負契約書と約款の両方を確認したら、注文者と工事請負者・工事管理者・建設工事場所・工事請負代金・着工日・完成日・引き渡し日を確認します。建設工事請負契約書と約款をすみずみまで目を通し、漏れがないかを確認したら、契約を結びます。

  4. 施工
    設計図に基づき工事をします。
  5. 完工・引き渡し
    工事が完了したら、必ず立ち合いの元で引き渡しをします。物件が希望の図面通りに施工されているのか、すみずみまで確認をします。後々のトラブルを避けるためです。写真に収めておくのも必要になります。
  6. アフターフォロー
    工事が完了しても、業者との付き合いは継続していきます。定期検査や修繕工事などが発生していくからです。どこまでが保証されているのか、保証後はどれくらいの金額で修繕工事が発生するのか、契約時にきちんと明確にしておくことが大切です。

    ※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります。

デイサービスのリフォーム業者の選び方

どの業種でも言える事ですが、その業種の実績が豊富にある会社が第一に上がるでしょう。特に、デイサービスは介護事業者指定を受けないと開業する事が出来ません。

自分が信用出来ると思った大手企業や、地元の業者を選択することが大切です。こちら側が信用をしていないと、要望やイメージが伝わりにくいです。実際に話をして、相手との相性を見る事も大切になります。また、詳細な見積書を出してくれる会社も、リフォームを依頼する会社のポイントになります。

デイサービスのリフォームにかかる費用・期間

リフォーム費用と言っても、一概にどれくらいとは言い切れません。こちら側の希望する設備等で大きく変動してくるからです。また、賃貸物件の状態でも大きく変わってきます。厨房等の設備がない物件をデイサービスとしてのリフォームを依頼すれば、厨房・トイレ・浴室・バリアフリーなど、工事内容が大きく変わってくるからです。

地域にも変動はありますが、スケルトン物件だと坪15万~20万円が相場だと言われています。

次にリフォーム期間はどれくらいを見積もれば良いでしょうか。こちらも工事内容によって大きく変動をしてきます。だいたいの目安として、20坪ぐらいの物件でスケルトン物件からの工事だと1カ月~2カ月を考えておくといいでしょう。

デイサービスのリフォーム費用を安くおさえるために

デイサービスのリフォーム費用を安くおさえるためには、上記にも記載しましたが、見積もりを複数の会社に出してもらう事です。

また物件を選ぶ時には、工事工程を少しでも少なくするために、最小限のリフォームで済む物件を選択する事です。過去に託児所・学習塾・事務所などの利用があると、リフォーム費用・期間をおさえる事につながります。

また、浴槽やトイレ(便器)などの設備をこちら側で手配をし、設置をお願いするのも費用をおさえる事ができます。リフォーム業者は契約している設備会社から購入をする事がほとんどですので、ネットなどで全国の業者から探せば、こちら側が希望する設備を安く購入出来る場合もあります。

デイサービスのリフォームの留意点

リフォームの前には、予め消防署に賃貸物件の図面を持っていき、消防関係の規制・設備の必要性について確認することが重要です。スプリンクラーや消化器の設置場所等、詳細に確認をしておくことが大切です。

避難経路の確保も大切になります。避難経路にあたる場所に、棚などが設置してあると障害物とみなされ、適応されない事もあります。近年はデイサービスに対する消防署の姿勢が厳しくなっており、消防関係の事前確認の重要性が増しています。

また、リフォーム費用をおさえるためには、物件を借りる際に見切り発車で物件を借りるのではなく、しっかりと業者と事前協議したうえで、決めることが重要です。契約をする前には必ず自治体にデイサービスとして開業出来る土地・建物なのか確認をする事を忘れないでください。

まとめ

ここまでの手順を踏み、いざリフォームをして、デイサービスを開業しても、利用者がいなければ営業を続ける事は困難になります。何よりもデイサービスを継続営業していくには、利用者の獲得が必須です。利用者・利用者家族から選ばれるデイサービスを開業しなくてはいけません。

せっかくリフォームをしても、利用者が集まらなければ莫大な費用をかけて改修した意味がなくなってしまいます。そのためにも、どの様なデイサービスを作りたいのか、イメージをしっかりと持ち、こちら側のイメージをリフォーム業者に伝える事が大切です。

いかがでしたでしょうか?今回はデイサービスリフォームについて説明しました。

5/5 (1)

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

車椅子の方を介護

介護事業にどのような什器が必要なのか?調達方法もご紹介

介護事業を始めたいけど、什器を調達するの大変そうだなぁ ほうほう、そのような悩みがあるなら、この記事を読んでみるといいでしょう。介護事業の什器について詳細に説明しているよ。 確かに、分かりやすいです! …

開業資金

ケアハウスの開業資金はいくらかかる?資金調達方法とは?

介護事業が増加していく中で、ケアハウスの需要が高まってきています。主に、社会福祉法人や自治体などが運営しているため、信頼があり安心して利用できます。また、月額費用が比較的低いのも人気です。今回は、ケア …

チラシ

サービス付き高齢者向け住宅のチラシの作り方

サ高住の経営を安定させたいんだけど、何をすれば良いか分からないなぁ… チラシはどうじゃ?SNSが進歩していても、チラシの宣伝効果は健在じゃ さすが、おじいちゃん!!早速、チラシを作ってみるよ!! 介護 …

フランチャイズ

介護フランチャイズを利用するメリットとは?

介護フランチャイズで開業し事業立ち上げを考えている経営者の皆さま。 介護フランチャイズでの開業にあたり、介護フランチャイズのメリットをしっかりと理解ができているでしょうか。 今回は、介護フランチャイズ …

考える人

デイケア(通所リハビリテーション)のロゴ制作を考えている方必見!知っておきたいロゴ制作の知識について

デイケア事業は新規事業所も増えているため、他の事業所より印象づけることが大事です。名刺にロゴが記載されていると、目を引きやすく印象に残りやすいです。ロゴ制作のポイントや制作会社の探し方についてまとめま …