独立開業・起業

介護の緊急時対応マニュアルを適切に作成・活用するコツ!


投稿日: 更新日:

介護事業を運営しているみなさま。介護保険の事業において、緊急時に対応するマニュアルは整備しておられますか?

介護事業のみならず昨今の事業の運営では、何が起こってもおかしくはありません。

ご利用者の体調の急変や地震や台風などの災害がいつ起こっても、大きなトラブルなく過ごせるようにしておかなくてはいけません。

この記事では介護事業においての緊急時対応マニュアルを適切に作成、活用するコツについてまとめています。ぜひご一読ください。

緊急

介護の緊急時対応マニュアルとは?

介護事業での緊急時対応マニュアルとはどのようなものでしょうか。まずは目的からまとめてみます。

マニュアルを作成する目的

ご利用者の急変に対応する

介護事業でのご利用者は高齢のため体調の変化が多い方たちです。

通所や訪問等でご利用者の体調が急変することはしばしばあります。そのような事態に直面した時の対応についての、マニュアルは必要になります。

地震など自然災害の状況に対応する

近年、大震災やゲリラ豪雨、大雪などご利用者だけではなく、事業所で働くスタッフの身の安全も脅かされることが増えてきました。

このような天変地異に対応するためのマニュアルを整備することで、緊急時の対応が行いやすくなります。

重大な事故や火事などが起こった時の状況に対応する

本来あってはならないことですが、施設や訪問先で事業所側の過失の有無を問わずご利用者のけがや死亡、もしくはそれと同等の重大な事故の発生、または事業所内で火事などが発生した場合に、どのような行動をとればよいかを定めたマニュアルの整備は、事業が大きくなればなるほど必要になります。

マニュアルの使い方

実際に緊急事態が起こった時に実践する

緊急事態とは通常の業務では起こりにくい事態を指します。

そして、早急に判断を行わなくてはいけない状態です。このような時にすぐに行うべき対応を確認するために、緊急事態対応マニュアルを使います。

介護の緊急時対応マニュアルに必要な項目

介護における緊急時対応マニュアルに必要な項目は下記です。

緊急時の定義

どのような事態を緊急事態とするのかを定めます。ご利用者の生命身体に影響を及ぼすことだけではなく、大きなクレーム等も緊急事態と言えるかもしれません。

緊急事態発生時の連絡先

緊急事態発生時に、まずはどのような連絡をしたら良いのかを定めます。事業所内の連絡先のみならず、ご利用者が関わる場合はどの方に連絡を取るかまで、具体的に記載することが望ましいです。

緊急時のスタッフの行動指示

緊急事態発生時に、スタッフはどのような行動をとったら良いのかを定めます。複雑な指示ではなく、すぐに実行に移せるような行動が望まれます。

また、ある程度具体的な指示が必要です。

(例) 地震発生時はすみやかに隣の公園にご利用者を案内する等

事前の予防策

実際に事業所側のミスで緊急事態を引き起こしてしまった場合や、予期せぬ出来事により緊急事態を引き起こしてしまった場合には、今後同じことを起こさぬように事前に予防策を作成する必要があります。

介護の緊急時対応マニュアルが活用される具体的な事例

このような緊急時の対応の事例を見てみましょう。

(例1)
「デイサービスにおいてご利用者の転倒、骨折事故が発生してしまった。」

  1. 現場スタッフは速やかにご利用者の安全を確保し、救急車もしくはドクターを呼ぶ
  2. 現場スタッフは担当上長に速やかに報告
  3. 報告を受けた上長はご利用者ご家族に連絡
  4. 上長はご利用者のケアマネ―ジャーに連絡
  5. ご利用者の治療を確認後、関係スタッフを集めて事故発生時の状況の確認
  6. ご利用者へ改めて謝罪
  7. 再発防止策の作成

基本的には上記のような流れに沿って、速やかに動いていきます。ご利用者の事故などが起こると現場スタッフは大変混乱しますが、マニュアルを整備することで緊急時対応の遅延を防ぐことができます。

(例2)
「訪問介護中にご利用者宅で地震が起こり、建物が倒れそうになった」

  1. 現場スタッフ自身およびご利用者の身体の安全を確認する
  2. ご利用者と自らの状況を事業所に連絡
    • 事業所の管理者はご利用者の状態をご家族、または関係機関へ報告
    • 管理者は今後の行動を現場スタッフへ伝える
  3. ご利用者と現場スタッフは速やかに近隣の安全な避難場所に移動
  4. ご利用者が移動困難な場合は事業所などに搬送の補助などを連絡
  5. 現場スタッフは管理者と連絡を取り合い今後の行動を決める

以上のように、もしかすると起こるかもしれない事故を予測してマニュアルに定め、時系列にするべき行動をまとめておくことが大切です。

介護の緊急時対応マニュアルを作成・活用する上での注意点

緊急時対応マニュアルを作成する上での注意点は下記です。

誰が読んでもわかりやすい内容の文章にする

緊急事態発生時はスタッフも混乱しています。こんな場合に、ある意味淡々とマニュアルに従って行動することで、事態の悪化を防ぐことができます。

粛々と行動するためには、読みやすく、わかりやすい内容の文章にする必要があります。

緊急時対応マニュアルの内容を全スタッフに周知し、徹底させる

実際に緊急事態が発生した時に、スタッフがすぐにマニュアルに沿った行動を実行できるように周知しておかなくてはいけません。

定期的に緊急事態対応の勉強会を開催したり、マニュアルの内容が徹底できるように訓練などを行ったりすることも大切です。

また、事業所内で掲示する時には、対応についてフロー図を作成し、どの順番で、何を行うのか、をすぐに確認できるようにしておくことが必要です。

様々な緊急事態を予測してマニュアルは更新する

社会情勢や様々な状況の変化の中で、緊急事態の対応は変化していかなくてはいけません。

つまり、マニュアルも定期的に更新していくことが必須です。

特に「ヒヤリ、ハット」などの事例を定期的に集めて、事前に起こりうる緊急事態を予測し、用意していくことが求められます。

まとめ

ここまで介護における緊急時対応マニュアルの作成と、活用についてまとめてみました。

実際に筆者が体験したケースでは、サービス利用中のご利用者のケガから裁判に発展しかけたケースもありました。

こういったケースでは当事者のスタッフは精神的にも混乱してしまい、冷静な判断が困難になります。

マニュアルを整備することで、緊急事態発生時に誰に連絡しどうやって動いていったらよいのかが明確になるため、混乱したスタッフであってもなんとか事態の悪化を防ぐことが可能になります。

緊急時対応マニュアルでは連絡体制もしっかりと明確にすることが求められますが、これも緊急時に事業所全体で対応することを示す意思表示にもなります。

起こってほしくはない不測の事態が起きた時に、対応できる緊急時対応マニュアルの整備は、今後介護事業を行う上でますます必要になってくるでしょう。

みなさまの事業所においては、どのような緊急時対応マニュアルを作っておられますか?

よろしければご意見等お聞かせいただければ嬉しく思います。

また、この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いいたします。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

名刺で訪問看護ステーションのイメージアップ!ポイントを解説

介護職で名刺を持つ理由は分かったけど、名刺の作り方が分からないなぁ 心配御無用。名刺作成の会社から制作の手順までこの記事を読めば、すぐ分かるよ へぇ。前回と今回の記事を読めば、名刺についてはばっちりだ …

訪問介護立ち上げ資金

訪問介護を立ち上げる際にかかる費用はどのくらい?

飼い主さんが訪問介護を立ち上げる予定だから、情報収集頑張ろう! 訪問介護を立ち上げる場合はこの記事を読めば、用意しておく資金や資金調達の方法について知ることが出来るよ 仕事が早い!僕も頑張ろう 介護業 …

経営

開業時から成功する訪問看護経営のポイント!

開業って始めてからが勝負だよね!! いや、開業はする前から勝負なのじゃ。詳しくはこの記事を見るのじゃ え~!そうなの!!今から準備をしないと 訪問看護事業所をこれから開業されようとしている皆さま。 実 …

フランチャイズ

老人ホームのフランチャイズ開業のポイント!メリットやリスクは?

最近、高齢化が進んでいるからフランチャイズで老人ホームを開けば、儲かるでしょ 待つんじゃ!カイポチ!!そんなに世の中甘くないぞ!!この記事を読んで、勉強するのじゃ 分かったよ、おじいちゃん。もう一度勉 …

必需品

覚えておきたい!介護の仕事を行う時の必需品とは?

介護事業の新規立ち上げをする際、人員配置などの指定基準ばかりに注意するあまり、「事業所内には何を準備すれば良いの?」と思った方はいらっしゃいませんか? 本記事では、介護事業全般における業務を行う上での …