独立開業・起業

訪問介護に必要な備品とは?一覧でご紹介!

投稿日: 更新日:

訪問介護事業を始めようとされている皆さま。

いざ事業を始めるにあたって、何をどのように揃えればいいか理解されていますか?

この記事では、訪問介護事業に必要な備品についてご紹介します。

一読し、事業開始をスムーズに進める参考記事になれば幸いです。

備品

訪問介護の備品一覧

この章では、訪問介護事業において準備する備品について説明します。

必須の備品

訪問介護事業に必須の備品は、事業設備基準内容にもとづき、用意していきます。

設備基準では、「事務作業スペース」と「相談業務スペース」を確保すること、また感染予防のための「手洗い設備」を設けることが定められています。

「事務作業スペース」においては、事務作業のための備品、また「相談業務スペース」には相談を行うための備品、また「手洗い設備」においては感染予防のための備品がそれぞれ必須となります。

備品一覧

事務作業スペース備品

事務作業用の机、椅子

職員一人につき、1セット必要です。
→ヘルパーは外勤が多い職業です。できるだけ共用できるタイプのデスクを選びましょう。

電話とFAX 

電話とFAX一体型の、子機が付属しているものが便利です。回線の手続きは事務所の賃貸契約したのち、すぐ行いましょう。

また、電話の転送機能を利用するケースがあります。電話番号とFAX番号は別の番号で取得し、転送機能も申込しましょう。

パソコン 

業務に合わせてデスクトップ、ノート、タブレットを選び、台数を検討しましょう。

必ずしも一人につき1台必要ではありません。また、インターネット回線工事は、電話回線工事と合わせて行うとスムーズです。

複合機プリンター 

インク代がそれほどかからない、コストパフォーマンスのいいものを選びましょう。カラープリントができるかどうかはさほど重要ではありません。

金庫 

印鑑や、権利書関係など金庫には運営に重要なものを入れることが多いです。中に入れるものの容量に合わせて準備しましょう。複数設置するほうが、リスク分散になります。 

書棚 

利用者情報ファイルなど入れるため中が見えないもの、また鍵がかかる書棚のほうが安心です。

相談業務スペース備品

相談室用テーブル、椅子

 
最低でも大人4人が座れるように準備しましょう。相談者の中には足腰の弱っている方もいらっしゃいます。椅子は座りやすく、かつ立ちやすいものを選びましょう。

テーブルは、テーブル丈の高くないほうが威圧感もなく、相談者も安心できるはずです。

手洗い設備備品

手洗い用せっけん 

複数準備しておくほうが良いでしょう。 

アルコール消毒液

 
複数準備しておくのが良いでしょう。

タオルやペーパータオル

手拭き用や掃除用に複数準備しておきましょう。

ゴミ箱 

燃やせるゴミ・燃やせないゴミとともに、トイレにはおむつなどを捨てる専用のゴミ箱も準備しましょう。

あった方が良い備品

これから挙げる備品類は、設備基準に合わせて必ず準備しなければならないものではありません。

事務所や訪問先で、相談者や利用者と接するうえで必要になるだろう備品をピックアップしました。

備品とそれぞれの用途一覧

使い捨て手袋 

事務所や訪問先で必要な場面があるでしょう。

使い捨てウェットティッシュ 

事務所や訪問先で使用することがあるでしょう。

おむつ 

急きょ必要になるかもしれませんので、準備しておくと安心です。

感染予防品(マスクなど)

おう吐などの際に対応できるようにしておきましょう。

ガーゼ、消毒薬など 

救急箱を用意しておくのが良いでしょう。

車いす 

あれば不測の事態にも対応できます。

エアコン 

快適な事務所を保つようにしましょう。

ホワイトボード・ホワイトボードマーカーなど

会議などで必要です。

シュレッダー 

個人情報記載の書類処分には欠かせません。

タイムカード

従業員の労働管理のために必要です。

訪問介護の備品を調達するタイミング

この章では、備品を調達するタイミングについて説明します。これらの備品は、開業するまでに準備すればいいというわけではありません。
  
訪問介護事業を開始する手順は以下の通りです。

  1. 指定の要件(基準)の確認・準備
  2. 申請書類の作成・添付書類の収集
  3. 指定申請の管轄庁への提出、協議
  4. 介護保険の指定申請
  5. 審 査
  6. 指 定
  7. 介護サービス事業者指定 公示

上記の手続きのうち3に該当する申請書類提出の時点で、「いつでも事業所を運営可能な状態」にしておく必要があります。

運営可能な状態であることを証明するために、申請書類提出時には、合わせて事務所内部の写真の提出が必要になります。申請時までに備品を調達しておくようにしましょう。

実際には、事務所の物件などが確保されたらすぐに調達に取り掛かることが大切です。

人員の確保など、他の手続きと並行して調達していきます。

訪問介護の備品の調達方法

この章では、備品の調達方法について説明します。
調達方法については、大きく分けて「購入」と「レンタル」の2パターンがあります。
  

備品を購入する場合

購入する場合の調達先には、以下のようなところがあります。

卸業者

オフィス専門に取り扱っているところもあれば、介護事業所向け専門に取り扱っているところもあります。

備品を一括で購入することで費用が安く抑えられる業者でコストをかけずに購入することも可能です。

また、訪問介護事業所の扱う備品を熟知している業者ですと、取引がスムーズです。

通販会社

卸業者とは異なり在庫保管に関する費用が抑えられるので、商品単価は安いかもしれません。

しかし、配達料がついてしまう場合があります。

中古物品販売サイトや販売店

すべてを新品でそろえる必要はないのであれば、中古物品を購入することで初期費用を安く抑えることができます。

ただし、備品の保障がつかないこともあるので、事故やトラブルが起きないよう、慎重に選びましょう。

店舗

新規で、また個性的な物をそろえたい場合は、各種店舗で買い付けに行きましょう。

家電量販店ですと、事務用品も扱っている場合が多く、合わせて購入しやすいです。

備品をレンタル(リース)する場合

必要な備品をレンタルで整えることも可能です。

レンタルの場合、レンタル会社に月払いでレンタル料を支払います。

故障などがあった場合に、保障料金が月額料金に含まれているのか、修理料金が別途必要になるのか、詳細を確認してレンタルするようにしましょう。

同一の事務所や同一規模での事業展開を考えている場合は、購入するほうが、費用を安くできますが、数年での移転や規模拡大などを計画している場合は、レンタルの方が費用は安いかもしれません。

事業計画と合わせて購入かレンタルかを選択しましょう。

訪問介護の備品の調達費用

この章では、備品を調達する際にかかる費用について説明します。

購入する場合の備品相場費用

テーブル 10,000円
椅子 5,000円
複合機 50,000円
電話・FAX(回線工事込) 30,000円
シュレッダー 30,000円
書庫 20,000円(一台あたり)
パソコン 70,000円(一台あたり)
エアコン 50,000円
合計
約300,000円

レンタルする場合の備品相場費用(月額料金)

テーブル 1,000円
椅子 500円
複合機 3,000円
電話・FAX 10,000円
シュレッダー 5,000円
書庫 1,000円(一台あたり)
パソコン 3,000円(一台あたり)
エアコン 20,000円
合計
月額約50,000円

パソコン・電話・FAX・シュレッダー・複合機などセットレンタルだと安くなる場合があります。

上記の他にプリンター用紙、封筒、インクなど細かな事務用品が必要になります。

月額にして約30,000円を考えておきましょう。

まとめ

訪問介護事業所は他の介護事業所とは異なり、高額な設備や備品を必要としません。

また、備品のすべてを新品で調達する必要もありませんので、開業費用が低く抑えられます。この点から、開業しやすいとも言えるでしょう

実際の運営が始まると、介護報酬は2ヶ月後に入ることになります。そのため、2ヶ月以上の運転資金が必要になりますので、できる限りそちらに資金を回すようにすべきです。

また、一緒に働いていくスタッフとの仲間意識を醸成させるための一つの機会として、備品購入を一緒に相談しながら、店舗で購入するのも良いかもしれません。

この記事が、スムーズな訪問介護事業の開業につながれば幸いです。

参考になりましたらシェアをお願いいたします。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

栄養士

管理栄養士や栄養士が独立開業・起業するにはどうしたらいいの?

管理栄養士の資格を取得したんだけど、どのような仕事すればよいか分からないなぁ。。。 悩んでいるなら、介護施設の栄養士やフリーランスとして働いてみてはどうかな?1つの参考としてこの記事を読んでみると良い …

デイサービス

通所介護(デイサービス)の設備基準とは?

超高齢社会が進む中、介護度改善の文脈でも重要視される通所介護(デイサービス)。 これから開業される方は、どのようにサービス提供を行い、介護度改善ないし社会に貢献していくかを描いているかと思いますが、そ …

パンフレット

訪問介護のパンフレットを作るときに大切なこと

 パンフレットってインパクト重視だよね!!雷や炎のイラストと写真を入れよう!!! ・・・ ・・・ そっか…介護事業のパンフレットだもんね。気をつけます。  高齢化社会呼ばれる今日、一人暮らしの方も増加 …

成功

ケアマネージャーでの開業についてご紹介

ケアマネの資格を取得したから、ケアマネで開業したいけど収入とか良く分からないから不安だなぁ 大丈夫!!この記事を読めば、ケアマネの開業について理解出来るよ! ありがとう、カイポチくん!今後、ご飯をごち …

デイサービス開業資金

デイサービス開業時に必要な資金とは?

介護事業には、訪問介護、通所リハビリテーション、サービス付き高齢者住宅など様々なサービス業種がありますが、その中のひとつに通所介護(デイサービス)があります。介護事業での開業の中で、特にデイサービスで …