独立開業・起業

新規介護事業所開設にとってのロゴの重要性

投稿日: 更新日:

 介護事業所を開設するためにさまざまな準備をしなければなりません。
その中でも初期段階で準備しておかなければならないのが、あなたの介護事業所の事業所名、コンセプト、ターゲットとする利用者層、サービスの内容などを端的に表すのが事業所の顔ともいえるロゴです。

 ロゴは一目であなたの介護事業所を知ってもらうツールになります。
とくに新規開業した介護事業所の周知と宣伝をするために、とても重要な役目を果たします。

 介護事業所の運営では、利用者を安定的に確保していかなければなりません。
そのためには、介護事業所を開設したという宣伝をしなければ、いつまでたっても利用者数は増えません。
名刺や販促用のチラシ、看板等にロゴを使用することで、より多くの人の目に触れ関心をもってもらい印象に残すことが重要です。

 今回の記事では、新規に介護事業所を開設する方にとって、役立つようなロゴの重要性とはなにか、どのように作成するのかについてわかりやすくまとめています。
ぜひ、参考にしていただけたらと思います。

アイディア

介護事業所にとってのロゴデザインの重要性

イメージがダイレクトに伝わる

 街中を歩けば目に飛び込んでくるのが、さまざまな広告です。新聞や雑誌、ビルの屋上、駅のホーム、電光掲示板などあらゆるところに広告は溢れています。
工夫を凝らしたデザインは、自然に私たちの目に飛び込んできます。

 人間の第一印象の80%は視覚から入ってくると言われています。
ていねいな文章で介護事業所の内容を詳細に説明しても、残念ながらあなたの介護事業所を、利用希望者の方に覚えてもらうのは難しいのです。しかし、見た人の印象に残るようなその介護事業所の特徴がわかりやすいロゴを使えば、その事業所が持つ自身の理念やサービスをダイレクトに伝える効果を発揮します。

 ロゴを使うことで、介護事業所の特徴やイメージを端的に表すことが可能になり、新規の利用者を確保し安定的な運営をするための欠かせないツールになるでしょう。

事業所の顔としての役割

 ロゴは介護事業所のシンボルで、顔でもあります。
事業所の理念やサービス、特徴を直接的に伝えることができます。
介護事業所の名称は、似ているものが多いのも事実です。○○ケアサービス、△△ケアハウスなど名称自体が似ているので、あなたの介護事業所を特定してほかの事業所との違いを強調する必要があります。

 そのためにもロゴの役目は大きいでしょう。ロゴマークがあれば、ほかの似たような名称の事業所と区別することができ、利用者の方々にとってもわかりやすいのです。
ロゴマークを作成して名刺や看板、チラシなどの媒体に掲載することで、あなたの介護事業所を知らなかった人たちにも周知させる役割を果たしてくれます。また、初対面の人と名刺交換をする際にも、文字だけの名刺よりロゴマークが入っている名刺のほうが、受け取った人の印象に残ります。

 介護事業所を開設したばかりなら、なおさらシンボルであるロゴを有効に活用することをおすすめします。

介護事業所のロゴは、どのようなものがいいのでしょう

 では、介護事業所のロゴはどんなものがよいのでしょうか?
あなたがその介護事業所で行いたいサービスなどを理念として表現すればよいのですが、目立たせることを第一に考えてしまい派手すぎるデザインになってしまっては、介護事業所のイメージとかけ離れてしまいます。

 優しい気持ち、人と人のつながり、思いやりなどを表すようなロゴがいいでしょう。
イメージカラーも原色のような強い色ではなく、自然の緑や水、空、花などを連想させる優しい色合いが高齢者も安心します。
また、公益性の高い事業ですから、誤解を生むような表現には注意する必要があります。

介護事業所がロゴを作成する方法について

プロの制作会社に依頼する

 ロゴを作成するにはいくつかの方法があります。1つはプロの専門業者に依頼する方法です。依頼方法としては、あなたの介護事業所をどのようなイメージで展開したいのか、利用者層はどんな人なのか、どのようなサービスを提供したいのか、立地条件はどうなのかなど大まかなイメージを伝え、作成はすべて任せる方法です。
プロのデザイナーの作品ですので安定感が望めます。しかし、提案される点数が制限されることもあり価格も公募などに比べたら高価です。デザイナーの状況により納期がかかることもあります。

クラウドソーシングサイトを利用する

 デザインをコンペ方式で募集できるサイトがあります。プロの制作会社に依頼するより、価格、納期、提供される作品数の面であなたの希望に近いロゴを見つけることができます。
依頼したい内容の確認、希望額を設定し登録します。提案された作品の中からご自分の希望にあった作品を選択し支払いをするという流れで行います。
各社で契約等の詳細は異なるので、必ず確認してから登録をしましょう。
  

自分で作成する

 プロの専門業者に依頼すると当然ですが経費がかかります。予算がない場合には、
ソフトやアプリを使って自分で作成することも可能です。
下記のようなサービスがあるので、自分の一番使いやすいものを見つけて作成してみましょう。

  • cool text
  • flamingtext
  • Logo Creator
  • Squarespace
  • Logaster

 上記は無料で使用できるものもあるので、どなたでも簡単にロゴを作成できます。日本語で解説されていないものは少し難しいかもしれません。

 自分でロゴを作成することで、あなたがどんな介護事業所を運営していきたいのか、 どのような方に利用していただきたいのか、自分で描いているイメージ通りのものが出来上がることでしょう。
これから先、長い期間に渡り使用していく自社のロゴですから、ご自分で作成した愛着のあるデザインはおススメです。

介護事業所のロゴは、外注と自作のどちらがいいのか?

外注のメリットとデメリット

  • メリット…プロのデザイナーが作るセンスのいいデザインに仕上がる
  • デメリット…経費がかかる。

 有名デザイナーなどに依頼すれば、デザイン料だけでかなりの金額になってしまいます。新規で介護事業所を立ち上げるのですから、最初から大きな出費は避けたいものです。

 外注で作成する場合は、ロゴ作成にかけられる予算を把握しそれを上回らないような依頼をすることが大切です。業者によってはデザインを少し直すだけでも、料金が発生してしまうことがありますので、作成を依頼する前に詳細を確認しておきましょう。 

自作のメリットとデメリット

  • メリット…安価で作成することができる。
    自分の思い描いたイメージに近いロゴを作成でき何度でも修正ができる。
  • デメリット…プロの仕上がりのようにセンスのいいものはできない。

介護事業所がロゴを作成する時の注意点とは

デザイン面

  • シンプルな表現で介護事業所の理念が、しっかり伝わるデザインか?
  • 誤解を生むような表現ではないか?
  • 類似した作品はないか?
  • こだわり過ぎて派手な色使いが多くなっていないか?

 上記のことは、とくに介護事業所のロゴを作成するときに注意すべき点です。
人と人との結びつきや思いやりを重視する業種ですので、そのようなイメージが伝わるデザインにしましょう。

価格面

  • 当初の予算をオーバーする価格になっていないか?
  • 作成途中でのデザイン変更料など、追加料金が発生するのか?

 あとから追加料金が発生して困らないように、詳細を事前に確認しておきましょう。

時間面

 新規に介護事業所を立ち上げる場合、宣伝周知にはスピードが必要です。運営を始めたにもかかわらず、事業所の顔であるロゴができていないと集客にも影響が出てきます。新事業所の開設をいかに早く周知させるかは重要です。

 利用者は施設を選択する際に、ほかの事業所と比較検討しながら決めていきます。介護事業所を決めてから実際に利用するまで、長い時間がかかる場合もあります。
その間、利用者がいなければ収入はありません。
運営準備に先駆けてロゴを作成し、開設前から宣伝のツールとして使えるようにしておくことが大切です。

まとめ

 新規に介護事業所を開設する際に事業所名はもちろんのこと、事業所のコンセプト、サービスの内容や特徴を端的に表すのがロゴです。
ターゲットとする利用者の方々がロゴを見ることであなたの介護事業所を知ってもらう大切なツールになります。
とくに新規開設したばかりでは、介護事業所の認知度は低いのが当然です。
少しでも早く周知してもらうために、宣伝をしなければなりません。

 看板、販促用のチラシ、担当者の名刺、訪問車などに使うことで、ロゴは新規介護事業所を宣伝する重要な役目を果たします。
介護事業所の運営では、利用者を安定的に確保していかなければなりません。ロゴを使用すればより多くの人の目に触れ関心をもち印象に残すことができるのです。

 今回の記事では、新規に介護事業所を開設する方にとって役立つようなロゴの重要性と作成の方法についてわかりやすくまとめました。
ぜひ、あなたの新規介護事業所開設に役立てていただけたらと願います。

 普段なにげなく目にしているロゴですが、その1つ1つには運営者の思いがつまっています。自分の事業所の大切な顔でもあるのです。
あなたがもし介護事業所を新規に開設するとしたら、どのような思いを込めてどのようなロゴを作成しますか?

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

会社設立

訪問介護の会社設立!方法とプロセスをご紹介

孫のかいポチが訪問介護事業を始めるといっていたが心配だなぁ 大丈夫だよ!!この記事に訪問介護事業を立ち上げるプロセスが書いてあるから、僕でも出来るよ!! なんと!いまどきは記事を読めば、事業立ち上げの …

書く

デイサービス(通所介護)の事業計画書の書き方をご紹介

 事業計画書は申請書類の一部となる場合もあるので、とても重要な書類です。銀行や日本政策金融公庫から融資を受ける予定がある場合、絶対に作成しなければなりません。 今回は、そちらの事業計画書について解説し …

介護事業者が名刺をつくる前に知っておくべきこと

介護事業で新規事業立ち上げを考えている皆様。 介護事業者が名刺をつくる上でのポイントを、しっかりと理解されていますでしょうか。 お客様との信頼関係が特に求められる介護業界において、名刺の役割はとても大 …

デイサービス開業資金

デイサービス開業時に必要な資金とは?

介護事業には、訪問介護、通所リハビリテーション、サービス付き高齢者住宅など様々なサービス業種がありますが、その中のひとつに通所介護(デイサービス)があります。介護事業での開業の中で、特にデイサービスで …

考える人

デイケア(通所リハビリテーション)のロゴ制作を考えている方必見!知っておきたいロゴ制作の知識について

デイケア事業は新規事業所も増えているため、他の事業所より印象づけることが大事です。名刺にロゴが記載されていると、目を引きやすく印象に残りやすいです。ロゴ制作のポイントや制作会社の探し方についてまとめま …