独立開業・起業

デイサービス(通所介護)の事業計画書の書き方をご紹介

投稿日: 更新日:

 事業計画書は申請書類の一部となる場合もあるので、とても重要な書類です。銀行や日本政策金融公庫から融資を受ける予定がある場合、絶対に作成しなければなりません。

今回は、そちらの事業計画書について解説していきます。一読し、今後の開業のお役に立ててください。

書く

デイサービスの事業計画書とは

 事業計画書は多くの場合、運営資金を融資してもらうために作成します。そのため、事業のサービスはどのようなものなのか、ターゲットとする顧客はどのような層なのか、サービスの内容はどんなものなのかといった事業の具体的な内容を記さなければなりません。

なぜなら、事業計画書によって銀行や公庫は融資の可否を判断するからです。指定申請を行いたいとき、創業融資を受けたいときは必ず説得力のある事業計画書を作成する必要があります。

事業計画書には経営理念、事業の方向性、事業の強み、同業他社との差別化の方法、サービスの内容などを記入します。

事業計画書作成時に最も説得力を生むのは、あなたの経歴です。経歴があなたのやりたい事業を十分に遂行できると判断出来るものであれば自ずと良い判断を受けることが出来るでしょう。

結局、借りたお金を返せそうな人に融資するというシンプルな原則でお金を貸す人は判断します。この人ならお金を貸しても安心、と思ってもらえることが重要です。

事業計画書だからといって変にかしこまる必要はありません。あなたのことを自己紹介するように積極的にアピールしましょう。

デイサービスの事業計画書の記入例

 ここでは、東京都で新規に通所介護事業所の指定を受けたい方のケースを例に挙げて事業計画書の内容について説明します。

事業の目的

 事業の目的を書くときは、まず事業所名から書き始めます。省略したりせず、正式名称をしっかり記載しましょう。

デイサービス(通所介護)ならば事業の目的は利用者に対する適正なサービスの提供と記せば良いでしょう。

行なう、また行なう予定のサービスやサービスの対象者(ターゲット)等を記載してください。介護事業の目的はシンプルであるのが望ましいでしょう。

運営の方針

 どのような事業所を運営したいか、方針を記入します。ここでどのような介護サービスを行う予定か記載してください。

また、介護サービスは地域との連携が不可欠となりますので、その旨も記します。利用者にサービスを提供することで利用者にどのような変化をもたらすのか、また、どのような地域の施設と連携をとるのか等も記載することが大切です。

指定通所介護等の提供方法、内容

 サービスをどのような方法で行うか、またサービス内容はどのようなものかを記します。出来るだけ具体的に記入しましょう。

例えば、リハビリテーション等の身体介護に関すること、整髪、シャワー等の入浴に関すること等です。

デイサービスの事業計画書作成における留意点

 事業計画書を制作する際の留意点として、忘れてはいけないことがいくつかあります。ここでは、そちらの留意点について紹介していきます。

誰でも理解できるよう簡潔に平易に記載する

 融資を受ける際は金融機関の担当者への説明が不可欠です。そのため、簡潔に、かつ平易にアピールできるものでなければ担当者の心に響きません。

専門用語を羅列したり、サービス内容が利己的であるような事業計画書の作成は避けましょう。

また、経営者1人で事業計画書を制作すると主観的になることもあるので、他の従業員等第3者にも作成した事業計画書を確認してもらいましょう。そうすることで、より良い事業計画書が作成できます。

融資を受ける場合、金融機関の担当者を納得させるポイントをおさえる

 担当者を納得させるために書くべきことをしっかりと書いておきましょう。事務処理の必要なものはどのような場所でも基本的に減点方式で可否を判断します。書くべきことを書かず、マイナス評価を受けるのは勿体無いです。

サービスの内容や損害賠償責任の有無など、事業計画書に絶対書くべき項目・内容はしっかり抑えましょう。また、資金の欄も直感で書くのではなく、このような宣伝、このようなサービスを行うから月○万円売り上げが出るといった具体的に書くことで、日本政策金融公庫の方や金融機関の担当者にも説得力が増すでしょう。

説明は短く、丁寧に

 説明が長いと銀行や公庫の担当者が最後まで話を聞かないかもしれません。そのため、1分で説明出来るようなシンプルな資料作りを目指すのが望ましいです。意識して作成しましょう。

ただ短ければ良いというわけでもないので、丁寧に資料を作成することを心がけてください。シンプルということを意識しすぎて、重要な部分が抜けたり、担当者に分かってもらいたいがために口語を使ったりすることは望ましくないです。あくまでも、正式な書類という認識を持って作成してください。

誤字脱字等をなくす

 金融機関や日本政策金融公庫の担当者は事業計画書の紙面の内容で融資を認めるかどうかを決めます。そのため、事業計画書の精度が重要となってきます。

そのため、1箇所でも誤字脱字をしている箇所があると大きく信頼を失ってしまうかもしれません。そのため、一度作成した事業計画書は1回ではなく、複数回また複数人で確認することを推奨します。

まとめ

 デイサービス開業時の事業計画書の書き方や留意点について説明しました。事業を始める際には必ず事業計画書が必要です。ここで挙げていることに注意すれば事業計画書作成の助けになるので、是非参考にしてみてください。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

デイサービス

認知症対応型通所介護(デイサービス)の開設についてご紹介

 他業種から介護事業への参入を考えている方必見の記事です。  認知症の利用者に適切なサービスを提供できる認知症対応型通所介護(認知症対応デイ)。しかし、その新規開設の際には、介護保険の新規指定申請や老 …

訪問介護事業者が名刺をつくる際に押さえておきたいポイントとは?

どのような事業を行うにしても必須となる名刺。 もちろん、訪問介護事業においても非常に有効なアイテムとなります。 これから訪問介護事業に参入する方は、ぜひ今回の記事を参考に、名刺制作を行ってみてはいかが …

パンフレット

小規模多機能型居宅介護のパンフレットのご紹介

 小規模多機能型居宅介護で開業しようとされている方、また宣伝を考えている方は必見です。この記事では、小規模多機能型居宅介護を印象強く宣伝できるパンフレットについて解説します。ぜひ今後の経営のお役に立て …

デイケア事業におけるフランチャイズ加盟って実際どうなの?

機能訓練の重要性がますます高まる中、デイケア事業の立ち上げを検討されている方は多くいらっしゃるかと思いますが、フランチャイズに加盟しての開業を視野に入れたことはありますでしょうか。 フランチャイズ加盟 …

介護事業を行う会社の定款内の事業目的について

今回の記事では、介護事業を行う会社の定款内の事業目的の書き方に関して、詳しく説明します。 介護事業の開業を考えている方は、ご一読のうえ今後の開業にお役立てください。     目次1 …