独立開業・起業

訪問介護事業者が名刺をつくる際に押さえておきたいポイントとは?


投稿日: 更新日:

介護事業は企業より、利用者との接することが多いから名刺はいらないんじゃない??

確かに、名刺交換をする機会は少ないかも知れないけど名刺を持っていて損することはないよ!この記事を読めば、介護事業で名刺を持つ理由が分かるよ!

よし、早速この記事を読んでみよう!教えてくれたお礼に、今日のご飯は大盛りだね

(嬉しくて尻尾を振っている)

どのような事業を行うにしても必須となる名刺。

もちろん、訪問介護事業においても非常に有効なアイテムとなります。

これから訪問介護事業に参入する方は、ぜひ今回の記事を参考に、名刺制作を行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

訪問介護の名刺制作におけるポイント

 

訪問介護における名刺のメリット

  • 身分証明の代わりになる

訪問介護事業を行うには、事業所の規模に応じて都道府県や市区町村などの自治体から指定を受ける必要があります。

指定基準には「訪問介護員は身分証明を携行すること」と規定されており、この規定でいう身分証明は名刺で足りるとされています。

例えば、個別に訪問介護員証明書などを作成しなくても、名刺を携行させることで指定基準が守られる効果があります。

 

  • 緊急連絡先の覚書きとして活用できる

訪問介護は、利用者の自宅に赴いて介護をしている時間だけが業務ではありません。

利用者の体調の急変やちょっとした異常などについて、利用者やご家族が相談する先ともなります。

事業所の連絡先や訪問介護員が持っている携帯電話の番号が印刷されている名刺を配布しておけば、利用者や家族にとっての緊急連絡先の覚書きとして活用されることが期待できます。

 

 

訪問介護の名刺制作会社の探し方

いくつかのサンプルを比較検討しながら、事業所のイメージや業務に最適な名刺を制作してくれる業者を探しましょう。

 

制作会社を探す際の着目点

  • 制作費用

100枚1,000円程度で制作してくれる会社もありますが、デザイン性などを考慮すると2,000円程度の相場に落ち着くでしょう。

 

  • 実績

制作会社のホームページには、これまでの作例などを数多く掲載しています。

制作会社の実績を見ることで完成イメージを掴みやすくなるので、しっかりと目を通しておきたいポイントです。

 

  • 納期

開業までのスケジュールと名刺の納期についても着目しましょう。

印刷デザインが決定すれば概ね1週間以内で手元に届きますが、デザインの校正を行うバッファも確保しておきます。

開業までの時間が差し迫っている段階で名刺制作会社を探し始めた場合は、デザイン決定後の納期が2〜3日程度のスピード制作が可能な会社に外注すると良いでしょう。

 

  • デザイン性

制作会社のホームページを見るとデザインテンプレートを用意している会社が多いです。

制作の幅を広げるためにも、できる限りデザインテンプレートの種類が多い制作会社を選びましょう。

 

 

訪問介護の名刺制作手順

ここでは、実際にある名刺制作会社における名刺制作の手順を紹介しましょう。

どの制作会社でも概ね同じ流れになるので参考にしてください。

 

申し込み(注文)

申し込みの方法は制作会社により異なりますが、インターネットで注文する場合は申し込みフォームに必要事項を入力するのが一般的です。

FAX注文を受け付けている制作会社も多くあります。

 

デザインサンプルの完成

申し込み内容に沿って、制作会社が作成したデザインサンプルが送られてきます。

インターネット注文の場合はイメージ画像が、FAX注文などでイメージ画像を送信する手段がない場合はサンプルがFAX送信または郵送されてくることもあります。

用紙の材質などにこだわりたい場合はイメージ画像では質感が伝わらないのでサンプルの郵送を依頼すると良いでしょう。

 

確認・訂正

制作会社が作成したサンプルを確認し、誤字・脱字があれば訂正を、変更を希望する部分があれば修正を依頼します。

納得できるまで徹底的に訂正・修正をしたいところですが、制作会社によっては修正に費用がかかることもあるので事前にチェックしておきましょう。

 

制作・印刷

納得できるデザインが出来上がれば、実際に名刺制作を始めてもらいます。

印刷会社であれば当日から数日以内で印刷が完了しますが、デザイン会社に名刺制作を依頼した場合は印刷の工程を外注することになるので1週間程度の時間がかかることもあります。

デザイン会社によっては印刷会社からの直送を受け付けてくれる場合もあるので、納期の心配がある場合は相談しておきましょう。

 

納品・支払い

完成した名刺が納品されます。

インターネットで注文した全国対応の制作会社であれば運送会社が配達しますが、近隣の制作会社であれば直接配達してくれる場合もあります。

2回目以降で近隣の制作会社であれば午前中に注文して当日中に納品されることもあるので、利便性を求めるなら近隣で制作会社を探すのも良いでしょう。

代金の支払いは、注文時にネット決済したり、納品後に請求書に従って支払うこともあるので、制作会社のルールに従って支払いをしましょう。

 

 

訪問介護の名刺制作にかかる費用

名刺制作にかかる費用は制作会社によって大きく異なります。

また、印刷枚数や同時注文の件数などによっても割引きを適用してくれる制作会社が多いので、予算や許容範囲に応じて制作会社を選びましょう。

 

ホームページで「100枚1,000円」と銘打っていても、1,000円でどこまでのサービスが含まれているのかに着目してください。

デザイン料、版代、修正料、印刷料、送料が主な費用ですが、初期費用には版代や修正料が含まれていないというケースも珍しくありません。

 

名刺制作にかかる費用の相場を紹介します。

あくまでも一般的な価格であり、制作会社によって上下することに留意しましょう。

 

デザイン料

3,000円〜5,000円が相場ですが、デザイン料を初期費用に含んでいる制作会社が多いのが実状です。

デザインテンプレートを用意している制作会社はデザイン料を取らない場合もあります。

反対に、こだわりのデザインを押し通せば高くなるので注意してください。

 

修正料

修正は初回〜3回程度までは無料でおこなっている制作会社がほとんどですが、規定回数を超えると概ね1,000円程度の修正料がかかります。

できる限り1回〜2回の修正で抑えるのがベストでしょう。

 

印刷代

印刷代は白黒・カラー、片面・両面で大きく異なります。

最も安価な白黒片面で100枚1,500円程度、両面カラーになると100枚4,000円程度が相場です。

 

発送料

送料は制作会社の所在地からお届け先の距離によって異なります。

全国対応のネット注文の制作会社で送料一律の場合は500円から700円が相場です。

最も小さなサイズで配達されるので、実費としても相場程度になるでしょう。

送料が高く、自社が運送会社と格安で契約している場合には、運送会社を指定して着払いで発送してもらうのも良いでしょう。

 

 

まとめ

訪問介護の名刺制作について紹介しましたが,いかがでしたでしょうか?

もし制作会社をいくつか押さえておきたいという場合は、ネット注文で制作する会社と近隣の会社の両方をチェックしておくと良いでしょう。

 

 

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

フランチャイズ

フランチャイズ加盟による介護事業立ち上げの問題点(デメリット)とは?

僕、フランチャイズ加盟して介護事業を開業して成功するんだ!!! その意気込みには感心だが、どのようなプランを立ててるのかな? 心配ないよ!!!フランチャイザーがサポートしてくれるから!!! フランチャ …

備品

何が必要?訪問看護で必要な備品と費用や調達方法をご紹介

僕の事業所の開業コストを削減したいんだけど、何をすれば良いんだろう? そんな時は、備品に着目するのはどうじゃ?備品のリースと購入を使い分けるだけでだいぶ費用が変わるぞ! 備品という視点は無かったよ!早 …

グループホーム

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の開設についてご紹介

認知症対応型共同生活介護での開業を考えているけど、どのような手順で進めれば良いか分からないんだよね… この記事を読めば、認知症対応型生活介護の開設の手順について分かるよ さすが!みみずくさ …

取消

ご注意を!介護事業の指定取り消しにならないために知っておきたい6か条

最近、指定取り消しを受けて、事業停止になる介護事業所が多いらしいけど、私の事業所は平気だね。 その考えは甘いぞ。指定取り消しは全ての介護事業所に当てはまることじゃ。特に近年増えてきており、注意が必要じ …

設計・改修

特別養護老人ホームの設計・改修ですべきこととは?

特別養護老人ホームの設計費用高そうだから、改修しなくても良いかな 駄目だよ!もし、設備基準を満たしていなかったら、介護報酬が減っちゃうから!! え!そうなの!早速、特養の改修について調べないと!! 特 …