独立開業・起業

指定介護事業所の人員配置のルールは?常勤換算方法の計算を詳しく解説!

投稿日: 更新日:

指定介護事業所の人員基準についての情報をお探しの方や、常勤換算方法って何? というお悩みをお持ちの方。ぜひ、この記事を参考にしてください。

説明する女性

指定介護事業所等の人員の計算とは?

ここでは、指定介護事業所等の人員配置の概要を説明します。

なぜ計算が必要なのか?

指定介護事業所等では、利用者定員数とサービス提供時間に応じた、一定の医師や看護師、管理者、介護職員などの配置しなければならない職員の職務・資格や人数、勤務時間等が人員基準において定められています。

これは、サービスに一定の質を確保して提供されるための基準です。

そして、サービスの基準が順守されているかを確認するために、介護職員等の人員数の計算が必要なのです。

介護職員等の人員は、人員基準に則る必要がある

指定介護事業所等に携わる人員の配置は、人員基準によって定められています。

たとえば、デイサービスでは、以下のように定められています。

  • 生活相談員…もっぱら当該通所介護の提供にあたる者1以上。
    ※「1以上」とは、サービス提供日の「生活相談員の勤務時間数」÷「サービス提供時間帯の時間数」=「1」以上
  • 看護師…通所介護の単位ごとに提供する時間帯を通して看護の提供にあたる者1以上(専従の必要はない)。
  • 介護職員…単位ごとに、指定通所介護のサービス提供時間帯に利用者15人までは1以上。
    15人を超える場合は5人おきに1以上要増員。
    ※利用者15人までの人員数計算方法(サービス提供日ごとに)「介護職員の勤務時間数の合計」÷「サービス提供時間帯の時間数」=「1」以上
    ※利用者15人を超える場合は「15人を超える部分の利用者数の合計÷5」以上の介護職員を増員
  • 機能訓練指導員…理学療法士などの有資格者が1人以上。
  • 管理者…もっぱら職務に従事する常勤管理者が1人以上(同一敷地内であれば他の職務と兼務可)。

訪問介護事業やほかの事業では基準が異なります。

計算によって算出された人数が、人員配置基準を満たしていないと、指定介護保険事業所の指定が取り消される場合がありますので要注意です。

人員基準では、常勤換算で算出すると定められている

人員基準において基準上必要な職員を配置しているかどうかは、原則として時間数で計算されます。
「常勤」とは事業所で定める就業規則等において定められた常勤の従業者が勤務すべき時間数(週32時間以上)をもとに、基準上必要な職員の人数を計算されます。

しかし、実際の現場スタッフには常勤もいれば非常勤で働いている人もいます。また、フルタイムやパートなど、さまざまな形態で働いています。

そこで、全スタッフの総労働時間を常勤で働いている場合の人数に換算して、その人数が基準を満たしているかで確認するのです。

介護職員等の人員の計算方法

ここでは具体例をあげて、介護職員等の人員の常勤換算方法について説明していきます。 

常勤換算方法とは、簡単に言えば「常時、何人くらいが働いているのか」を示すため、全従業員の勤務延べ時間数を常勤の人が何人働いているかに換算した時の人数で出すということです。

常勤換算の計算式は次のようになります。

常勤換算人数=常勤職員の人数+(非常勤職員の勤務延べ時間数の合計÷常勤職員が勤務するべき時間数)

具体的な計算例をあげる前に、留意点がいくつかあります。 

小数点の扱い

小数点第二位以下は切り捨てになります。

有給の扱い

常勤職員は有給でも勤務扱い可能ですが、非常勤職員は実際に働いていない時間は引かれるため、誰かが別に勤務していなければなりません。

夜勤の扱い

夜勤のうち1時間の休憩や仮眠時間を除いた分が労働時間になり、その労働時間を計算に組み込むことになります。

兼務の扱い

兼務の場合は、基本的に兼務先それぞれの事業において「非常勤」として扱われて計算されます。
よって、法人としては常勤で雇用されていても、「②有給の扱い」が常勤換算では非常勤扱いになります。
ただし、同一の敷地内にある事業所での兼務でかつ各職の労働条件を満たしていれば「常勤」として扱われます。

常勤換算の計算例

計算例をあげてみますが、まず大切になるのが、各施設の就業規則が定める1週間の所定労働時間です。

この所定労働時間数が基準となりますので、就業規則を必ず確認してください。

今回の例では所定労働時間数40時間としておきます。

1日8時間×5日働いたとすると、40時間になります。

常勤職員の人数

常勤職員は1としてカウントします。非常勤職員であっても、40時間勤務/週をしている場合であれば、1としてカウントします。

非常勤職員の勤務時間とは、非常勤職員の1週間の勤務時間ということです。

各週の労働時間がバラバラな場合、4週間分の労働時間を算出して、1週間の平均労働時間数を出して、それを勤務時間とします。

常勤換算具体例

今回は、デイサービスの介護職員を例にあげて常勤換算を行います。介護職員には常勤職員のAさん、非常勤職員のBさん、Cさん、Dさんがいます。各介護職員の1週間の勤務時間数は以下のとおりです。

Aさん→40時間
Bさん→40時間
Cさん→30時間
Dさん→15時間

Aさん、Bさんはすでに40時間働いており、それ以上になるので常勤職員はまず2人です。

Cさん、Dさんは所定労働時間40時間以下なので、非常勤職員扱いで勤務時間の合計を出します。
30+15=45 (時間)

よって、常勤換算すると

常勤職員2人+(非常勤職員勤務時間合計45時間÷所定労働時間40時間)=2+1.125=3.125≒3.1(人)

と、なります。

8時間

この3.1人が当該デイサービス事業の人員配置基準を満たしていなければならないということです。

デイサービスの場合、利用者数やサービス提供時間数に応じて、必要な人員の時間数が異なってきますので注意が必要です。

まとめ

指定介護事業所等の人員配置は、常勤換算の計算に慣れれば簡単ですが、実際には人件費を削るために軽視して基準を満たさずに事業を行っている事業者もあります。

しかし、そのような事業者はあってはなりません。

人員基準をしっかりと理解して、指定介護保険事業所の指定取り消しにならないように基準を満たす経営を行ってください。

3/5 (1)

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

介護服を着た女性

介護スタッフにおすすめ!ケアの質を向上させるユニフォーム&制服とは

これから介護事業に参入しようと検討している方の中には、ユニフォームをどうすれば良いかと悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。 介護職員は、サービスを利用される方のお宅に伺って介護業務を行うことも …

パンフレット

訪問介護のパンフレットを作るときに大切なこと

 パンフレットってインパクト重視だよね!!雷や炎のイラストと写真を入れよう!!! ・・・ ・・・ そっか…介護事業のパンフレットだもんね。気をつけます。  高齢化社会呼ばれる今日、一人暮らしの方も増加 …

地域介護

地域密着型通所介護(小規模デイサービス)の指定基準を分かりやすく解説!

介護事業を立ち上げるにあたって重要な指定基準について、書類やその提出先など、事前に知っておくべき情報が多くあります。 今回の記事では、地域密着型通所介護(小規模デイサービス)の指定基準について分かりや …

フランチャイズ

介護フランチャイズを利用するメリットとは?

介護フランチャイズで開業し事業立ち上げを考えている経営者の皆さま。 介護フランチャイズでの開業にあたり、介護フランチャイズのメリットをしっかりと理解ができているでしょうか。 今回は、介護フランチャイズ …

比較

サービス付き高齢者向け住宅をフランチャイズ加盟で開設するメリットとデメリットや費用相場

 介護事業に参入したいけれど、どの介護事業に参入したら良いか迷っている方必見!  サービス付き高齢者向け住宅は介護難民と呼ばれている人を減らす場所として注目されています。この事業は他の介護事業より開業 …

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 合計勤務時間
Aさん 8時間 8時間 8時間 8時間 40時間
Bさん 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 40時間
Cさん 6時間 6時間 6時間 6時間 6時間 30時間
Dさん 5時間 5時間 5時間 15時間
勤務者数 4or3or2 4or3or2 3or2 4or3 4or3or2 常勤換算
3.1